集客したいネットショップ/ホームページ制作 奈良 大和高田 April Design

アイデアを盗め?自社メディア参考事例まとめ 5つ [インテリア/雑貨/食品ネットショップ]

ブログとかコンテンツなんちゃらが重要って聞いたけど、それって、単にコツコツアップすれば良いんじゃなかったの?」
– 残念ながら、うまくいっていないメディア(ブログなど)を参考にしたり、SEOマーケティングなどの知識なく取り組むと、ちょっと難しいかもしれません。。

貴社コンテンツのヒントになる、成功している、または注目の自社メディアをまとめてみました。今回は、身近な【インテリア/雑貨/食品 通販サイト】をピックアップ。

ネットショップさえあれば客が勝手に買ってくれ・・・ない理由

「ネットで買ってくれる」お客さまはそう簡単に自社サイトに訪れません。

・・・伸びているとはいえ、EC化率は5.79%です。つまり約95%は、いまだにリアル店舗を利用している。

ECで買わない人はいても、リアルで買わない人はいない――オムニチャネルの誤解を解く

5月にECで商品を購入した人のうち、51%が「AmazonとYahoo!ショッピング、楽天市場以外のECサイトでは商品を購入していない」

5月はEC利用者の「約半数が、3大ECサイトのみで購入」

だから、もっと人数の多い「これから客(見込み客)」に届けよう…となり、そんな時、オススメの集客手段がコンテンツ(自社独自のメディア)です。ってワケで、いくつかの事例をまとめました。

テーマと外れますが、単純に「じゃぁカートはモールが一番!」ともならないので、ご注意を💦

では、なるほど!なネットショップの自社メディア事例をさっそく見てみましょう。

1.北欧、暮らしの道具店

北欧の食器や雑貨を製造・販売する株式会社クラシコムが運営する自社メディアです。マーケティングをかじった方なら、一度は耳にしたコンテンツマーケティングの代表的なショップさん。

hokuohkurashi.com

コンテンツ

「ボーダーの似合うひと」シリーズ

「ボーダー」を切り口にした、豊かな暮らしを楽しむ、素敵な方々の取材コンテンツ。大きく、ハイクオリティな写真もあいまって、読むだけで良い休日のひと時を、分け与えられる記事ですね♪

「【新商品】インテリアに夏の風物詩を。おしゃれでかわいい「風鈴」やっと見つけました!」

商品を直接的に紹介するコンテンツ。「商品ページ」とは別でブログ記事にしているのがポイントですね。バイヤーさんのセレクト理由やお気に入りの特徴などが写真・動画で綴られています。

購入導線(コンバージョン)

「トートバッグ一つで、身軽な夏旅に。」コンテンツは商品紹介ページへリンクしていますが、全ての「よみもの」が商品ページに飛ばされている訳ではないようです。
多くのショップ系メディアでは、商品に対する直接的な誘導がみられがちですが、ブランディングができていれば、「あえてアピールしない」ことで、かえってこのお店の空気感に繋がっていそうです。

会員登録の導線

通常会員登録。他、サイト下部「LINEはじめました」という大きめバナーでLINEの友達登録を誘導しています。個人向け商材ですし、ターゲット的にも馴染みがあって良さそうですね。 メルマガも、「メルマガだけでしか読むことができない、スタッフコラムや店長コラムもお届け」と、LINEだけに頼らない窓口も完備。

SNS/メルマガ活用度

Facebook・インスタグラム・LINE・Twitterアカウントとメルマガまであり、拡散経路は万全。見る限り、圧倒的なフォロワー数で、SNSでちょっと投稿するだけでもかなりの認知が期待できますね。ブログ記事紹介などをベースに、インスタではメディア特性に合わせ、おしゃれな雑貨や生活空間の写真が豊富に更新されています。

Memo

ターゲットは、ちょっとイイもの・おしゃれなアイテムを取り入れ、豊かな暮らしを楽しむ女性たち。いわゆる「ていねいな暮らし」の世界観。彼女たちの憧れるライフスタイルをイメージした記事やレベルの高い写真に流れる「心地よい空気」が一貫されています。また、SEOというよりは「ファン化」を重視している印象ですが、「北欧 通販」など鉄板キーワードもしっかり取れています。

2.大地宅配

有機農産物宅配サービス「大地宅配」のメディアです。

daichi-m.co.jp

コンテンツ

「ピープル」

生産者の素顔や生活を描いた記事です。わかりやすくいうと「生産者紹介」「取材日記」といったカテゴリ。農作物、食材のショップさんの定番ネタとしてオススメです。

「学ぶ」

商品カテゴリにまつわる、うんちく系コンテンツ。テーマとしてはよくあるんですが、「【吉本ばななさんの新連載「生きることは食べること」Vol.5】米を炊く」のように作家さんを起用し、素朴なイラストとともに、エッセイ風にまとまっています。

購入導線(コンバージョン)

記事ページから、記事内の食材の商品ページへリンクしています。また、エッセイ的なページには共通バナーを配置。通販サイトとメディアサイトが分かれていますが、通販サイトに飛ぶと、大きな「お試しセット」のバナー(メインビジュアル)が目立ち、シンプルに定期宅配らしい導線をPRしています。

会員登録の導線

一般的な会員登録が必要ですが、お試しセットのバナーから初回購入すれば、割引価格で購入でき、初めての人のハードルを下げています。特設ページの「割引ルーレット」で当たれば高い値引率になるゲーム的な演出は、つい参加してみたくなりますね!
お試しセットページの充実度やクオリティからも、この導線にもっとも力が入っていることが見えます⭐️

SNS/メルマガ活用度

Facebook・インスタグラム・LINE・Twitter・YouTube・クックパッドアカウントとメルマガ・機関紙・公式アプリまで揃っています。

Memo

ターゲットは、安心安全な食材で、健やかな暮らしを望む、30代以上の女性。ベーシックな記事という印象ですが、ターゲットには安心感があるかと思います。
また、リアルイベントも開催しているようで、試せる・(関係者や大地宅配好きなひとに)会えるファンサービスも魅力の一つでしょう。

オイシックスは20代〜30代、大地を守る会はそれ以上のレイヤーを主なターゲットとして設定。そのため、カニバリが発生せず、一緒に頑張っていくことができます。

4.家具・インテリア通販 Re:CENO【リセノ】

『インテリアの楽しさを、もっとたくさんの人に』をコンセプトに、家具・インテリアの販売をしている株式会社Flavorの自社メディア。京都・東京にショップもあるので、お近くの方はいかがでしょうか。

Re:CENO

コンテンツ

「Let’s DIY!」

家具ECらしいコンテンツですが、なんでも購入導線に繋げようとするのでなく、ファン向けに書かれたものも目立ちます。写真も超キレイ✨

「インテリアの基本レッスン」

購入前・購入後に困らないための基本や、お役立ち記事が投稿されています。

「製品ストーリー」

「作り手のこだわり」や「製品が生まれる背景」、「特長」「正しい使い方」など、そのプロダクトが本来持つこだわりや魅力を、紐解く記事。まだまだネットショップさんで、こういうコンテンツは「当店のこだわり」というたった1ページで満足されるケースもあるかと思いますが、継続した発信&一つずつのアイテムを丁寧に伝えることで、お店側の「わかるだろう」を実際に「わかってもらえる」に繋がりやすくなっています。

「寝心地の良いソファーの特徴は?」記事を読んでいると、筆者も眠くなってきた気が・・・💦

購入導線(コンバージョン)

商品紹介系コンテンツから、商品ページへ誘導しています。

会員登録の導線

通常の会員登録です。トップページにある「最新注文状況」で行列感を演出し、サイドの「お客様レビュー」ですぐに口コミもざっとチェックでき、「売れてるんだなあ」「人気だな」ということが現実感を持って伝わりますね♪

SNS/メルマガ活用度

Facebook・インスタグラム・LINE・Twitter・YouTubeアカウント。Twitterは、画像なしの投稿が目立ち、ちょっと残念ですが、ターゲットや商材的にはFBやインスタがメイン導線になりそうかもしれませんね。インスタのフォロワー数すごい!

Memo

ターゲットは、DIYなどにも興味がある20〜30代男女で、キュートに振りすぎない、ニュートラルなwebデザインとなっています。コンテンツからも、1人でも作業できそうな記事もあって、独身の読者にも向いている印象です。
「3Dインテリアコーディネート」サービスで臨場感ある「お試し」ができる上に、実店舗もあるので、ネットもリアルも安心してお買い物できそうですね。たくさんの要素を盛り込みながら、爽やかさのあるデザインにまとまっていて、サイトに長く滞在できそうです。

5.KURAND

日本酒の定期購入を行うKURAND。『KURANDマガジン』として、日本酒の魅力を伝えるコンテンツをアップされています。

kurand.jp

コンテンツ

「商品紹介記事」

新商品などについて、味わいのチャート図と文章や、一風変わったネーミング裏話とともに解説しています。
例えば「酒くらい甘くたっていいじゃない 世知辛い世の中だもの 夏 純米吟醸」。誰がこんなうまいこと言えと言ったんでしょうw
ネーミングが、すでにズルイ! 釣られて買ってみたくなりますね。

「酒蔵レポート」

酒造り工程、蔵元への取材などを記事にしています。機械化が進む中、寝る間を惜しんで手間暇かけて、丁寧に醸されたお酒は、本当に美味しそうですね。

「味わいや楽しみ方」

オススメの温度帯、合わせるおつまみについて解説しています。

購入導線(コンバージョン)

商品系の記事ページからは、商品ページへリンクしています。リアルもきっかけになっていそうですね。

会員登録の導線

定期会員のみ。会員登録の特設ページにインスタの「お客様からの声」が並んでいることで、人気感を演出しています。また、「KURANDが大切にしていること」エリアなどにより思いを伝えつつ、来て欲しいターゲットと繋ぐ役目を果たしています。

SNS/メルマガ活用度

Facebook・インスタグラム・Twitterアカウント、メルマガ、ニュースレター。
インスタにずらりと並ぶ美しいボトル写真。ラベルデザインはインスタ映えを、ネーミングの数々はSNS映え(拡散・話題性)をしっかり担っています。・・・・うん、やっぱずるいネーミング。・・・と思ってTwitterを見ると、盛況の様子。確かに、Twitterに向いていそうなブランディングですね!

Memo

コピーとデザインから察するにターゲットは、20代〜30代以上の男性でしょうか。実店舗もあり、こちらも「呑み比べ放題、時間無制限、持込み自由」と常識を破った店舗スタイルが面白いですね。イベントもやっていて、リアルにも注力されているようです。

一貫した発信で、貴社のブランド力は強くなる

インテリア・雑貨・食品系の自社メディアは、「どんな部屋になる?」「この雑貨はどう使える?」「似た商品もあるけど、この食品の方が美味しい(安全/健康/便利/イメージに合う,..etc)のかな?」を文章と写真でイメージさせましょう。

また、工程や生産者の紹介、商品に込めた思いを発信するなどのコンテンツも定番。 ターゲットに愛される、自社の世界観を表すような発信も、ブランディングにオススメです。

嗜好品だからこそ、「あえて」このブランドが良い、そんな選ばれるショップを目指して頑張りましょう!

そこで役立つのが、コンセプトにマッチした、高品質な「ビジュアル」も欠かせません。
例えば、不鮮明な写真、不要物などが写り込んでごちゃっとしたり、いい加減なビジュアル、・・・なのに、「豊かな暮らしを」というコンセプトだったら、伝わりづらくなってしまいます😭
こだわりさえしなければ、どこでも、代替物が安価に手に入ってしまうからです。

そして、「あの商品と似たり寄ったりかな?」と思われないためには、「なんとなくキレイなだけ」ではなく、自社ブランドの空気感・強みなんかを反映できているかも試行錯誤してみてくださいね٩( ‘ω’ )و

■ まとめ

ブログ発信をしているネットショップはたくさん。さらにリアル店舗と比べ、手に取れないデメリットのある通販のコンテンツ戦略。でも、長期にわたる、一貫した発信で、貴社のブランド力は強くなります。

選ばれる嗜好品のインテリア・雑貨・フードになるため、競合サイトを紐解いて、コンテンツ運営のヒントにしてくださいね!

「効く」ホームページ制作 奈良 April Design

  • ユーザー層・目的確認、提案で、貴社ホームページの成長を促進します。ネットショップ運営経験から、集客販促に強いWebデザイナーです。
  • 完全オリジナルデザイン。魅力を届ける、伝わるHPを丁寧に制作。
  • 完成後も安心。アクセス解析/SEOなど更新サポートもお任せください!競合や時勢を意識し、責任をもってサイト改善/運営していきます。

ホームページ新規制作・リニューアルしたい、Webを活用できず悩んでいる方。 まずはお気軽にApril Designまでご相談ください!(大阪、その他地域も歓迎)

制作のお問合せ

[PR] \カラダにも環境にもやさしい食材が届く/
らでぃっしゅぼーやでは、未来も持続可能な生産過程でつくられた商品にこだわっています。
まずは、お得な「厳選食材おためしセット」で素材本来の美味しさを体感してください。

よろしければシェアお願いします。
^