奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

【徹底比較】無料ホームページ Wix/アメブロ等のメリット/デメリット

Wixアメブロなどの無料ホームページって、デメリット多い・・・というけどホントかな?
もちろん「手軽」「簡単」などメリットはあれど、ビジネス目的にはおすすめしません。
「でも、Web制作会社の都合のいい誘い文句じゃ?」

正しい使いわけは?そんなあなたに、正しい判断基準をお届けします。

無料ホームページのメリット

簡単操作

インターネットに繋がるパソコンがあれば、どこでも編集OK。
直感的操作で、専門知識要らずなホームページ作成が叶います。

デザインテンプレートが豊富

画像を用意しテンプレートにあてはめれば、簡単にホームページができます。

ホームページ制作費が無料

Jimdo無料版は有料版より機能は限られますが、初期費用も月額費用も無料。

自分で始めてみることができるのはメリット

Web担当者になった時点ではあまりスキルや知識はない可能性だって高いです。
そのままでは、外部にも思うような要望を伝えられないなど支障をきたすでしょう。

依頼する業者さんも、どの程度汲み取っていただけるか?は様々。
つまり、「思ったようなホームページが上がってこなかった」「以前より商品のことが伝わりづらくなった」などの結果になってしまうことも。

そうなるくらいなら、一時期でもサイト制作や運営経験していただければ、 依頼時に伝える内容が見えてくるのではないでしょうか?
(運営経験のない方でも大丈夫です。)

そうした取り組みを続けた先で、余裕がでてきたら、ぜひプロにも依頼してみてください。
また、自社では限界を感じたときも、貴社ホームページを見直す時期だと思います。

ただ、無料ブログからは引越しが大変だったり(ほぼできなかったり)します。プロへの依頼は、サイトが小規模なうちになさるのがオススメです。

無料ホームページのデメリット

デメリット1. 自分で作る時間と勉強が必要

全て自分で作業しなければなりません。たとえ簡単でも、HP制作経験のない方は難しく見えるでしょう。

「テンプレートそのままで良いや」と思われるかもしれませんが、名刺がわりのサイトすら、メニュー構成、セールスライティングなどの知識がない方とカンで作る方との販売力は大きく変わるはずです。

デメリット2.SEOに弱い

SEO(検索対策)が弱いです。

上位表示が難しいと、貴社サイトは、ほぼ見つけてもらえないでしょう。
SEOでページごとに設定すべき箇所が、Jimdoの無料版は、ホームページ全体の設定のみ。

しかも、SEOについて教えてはもらえないので、上位表示に好ましい文章やサイト構成などは自分で解決しないといけません。

デメリット3.相談できない

あまり十分な相談サポートがありません。
また、当然ながら「ただ作ること」以外はサポートはゼロ。

自社の強みを伝えるデザインや構成を知りたい、サイト解析をして改善したい、商品の認知を広めたい…と思っても独学で対処しなければなりません。

デメリット4.ドメインが自動で引越せない

Jimdoでは、現在お使いのドメインを知識なしでは引越せず、自分で設定が必要。
利用中ドメインが使えるのは、有料版のみ。Jimdo・Wixから、ほかの制作サービスへ引越しはできます。

デメリット5.SEOなどのための資産が自社に蓄積できない

ホームページにあなたのコンテンツ(事業/商品説明・ブログ記事など)を掲載すると、人が検索して見つけることができます。その情報量や数、内容の良さなど、良質なコンテンツがたくさんあるほど、検索エンジンは貴社サイトを高評価しやすいです。
ですから「コンテンツは資産」なんて言います。

Jimdo無料版・Wix・アメブロなど、ドメインが独自でないと、その資産はJimdoやWixのものになってしまいます。
SEOが気になる方がほとんどだと思いますが、SEO対策に弱くても構わなければ問題はないかもしれません。

デメリット6.機能が不便=時間的な損失

  • Jimdoでは共通部分の一括処理のようなことが出来ない
  • FTP(アップロードするのに便利なソフト)がなく、画像も一つ一つアップせねばならず、運用期間が長くなったり、元々情報量の多いサイトは運用に時間的コストがかかるでしょう。

十分な分析などの改善サイクルを回しにくかったり、解析が入れられても記事を編集することしかできない・・・など、ホームページとして伸び代が悪いでしょう。

デメリット7.Jimdoは更新をサボるとデータ消失

jimdo無料版は登録日から最初の14日間 or 有効期間中に180日を超えてログインがなかった場合、サービスを解約したとしてデータが削除されます。

デメリット8.バックアップできない

障害などでwebサイトのデータが消えたらどうするかお考えですか?
Jimdoで作ったページのデータをパソコンにバックアップとして保存できません。手元にデータを残したい場合、おすすめできません。

またJimdoは、アカウントを作るとすぐ公開状態に。編集内容は即反映され、削除してしまったら元に戻せません。
※Wixは過去記事の復元はできるようです。

デメリット9.カスタマイズ機能は弱い

あらゆるサイトデザインには対応していません。

通常、web制作業者やフリーの個人事業者は、お話をお聞きして最適な構成をご提供いたします。同業種サイトでも、個々のお店の特徴や魅力はやはり異なるから。
また、顧客管理やネットショップ、独自のプログラム・フォーム送信の暗号化などもできません。
※物販機能は限定的なものはあるようですが。

オリジナルなデザインや構成にこだわりたい・さまざまな機能をお求めなら、適しません。

デメリット10.Jimdoはプランをダウングレードできない

そこまでスペックいらなくなっても、変更きかないことがあるようです。

【Jimdo 気をつけないとまずい・・・Business版からPro版にダウングレード(プラン変更)することは「実質できない」】

デメリット11.他社乗り換えは手間がかかる

Webサイト・ブログは基本的にWordPress(ワードプレス)というCMS(便利なweb制作ツールの総称)、通販はショッピングカートサービスをオススメしています。ですが、先述のように手動で移動する必要があります。

wixは、下層のページアドレスもコントロールしづらいようで、さらに手間になるそうです。

デメリット12.無料ブログは信頼性が低い

ビジネス利用では特に信頼性が低く、使いにくいです。
問題点と限界をよく理解した上で使われるなら、一部の条件に限りいいかもしれないですね、くらいです。(保証は何もできません)

アメブロのメリット/デメリット+ワードプレスに移行するとどう誘導する?

メリット

  • 最短、数分で開設できる
  • アクセスやいいねなどがすぐ出たりし、承認欲求を満たせる
  • システムメンテ不要

アメブロのデメリット

怪しいアカウントのいいねなども来て、安心感が低く感じました。
承認欲求を満たしやすいツールですが、結局はSNSなので、いいね、相互フォローなど「広がりそうで頭打ちしやすい」集客力となるように見えます。

  1. 移行できない
  2. 広告や、余計なエリアをなしにできない
  3. カスタマイズにhtmlやCSS、デザインの知識が必要
  4. SEOに弱い、資産になりにくい
  5. 記事がすぐ流れる
  6. SEO対策スキルがつきにくい
  7. アクセス解析が弱い

  8. (私もアメブロ経験があるものの、かなり水増しと言われています…)

1.移行できない

現アメブロで検索順位が良くても(少ないケースとは思いますが)、SEO的に引き継ぐようには引越せないようです。
100記事とか必死で書いても、ホームページサービスを「カタチだけ」移行したところで資産にならないという事。

4-7.アメブロは、SEOに弱い

独自ドメインじゃなく、SEO的にコントロールできる部分が少なく、資産ブログにしづらいです。
また、SEO対策を理解したアメブロ運営者さんは、めったに見ません。
結果として、日記レベルの記事を、他のアメブロの見よう見まねで書くハメになり、SEOスキルは上がらないでしょう。

いつまでもアメブロで頻繁に投稿し続けると、ご自身のビジネスを深める時間がもったいない印象が。

7.アクセス解析は「微妙」

「アクセス解析はでたらめ」と長年言われていたアメブロですが、最近は大幅に解消されたとのこと。
でもやはり「ざっくり」としたデータのみだったり、おそらく自分アクセス除外など、細かな点が行き届いてはいない模様です。

Googleアナリティクスもつけられますが、正しい設定・分析の知識は必要となります。

アメブロからワードプレスに移行、どう誘導する?

なんだか
「導入部分だけ書き、【続きはこちら】でワードプレスページにリンクしていきましょう。(`・ω・´)キリッ」

と謎の誘導をされている記事が目立ちますが・・・()
エイプリルデザインのオススメは、少し違います。

  1. 最新のアメブロ記事に「ホームページ移転のお知らせ」告知とともに新ホームページのURL・リンクを案内し、
  2. どうしてもワードプレス側に持ってきたい【*人気記事or伸び代記事】過去記事のみ、コピーページ(重複コンテンツ)になりにくいようアメブロ記事の方を抜粋にし、
  3. ワードプレス側に持ってきた過去記事はSEOを意識してしっかりリライト(内容の改善・充実)。

いったんこのようにし、どちら側サイトも経過観察しつつ、必要な場合のみ改善・統廃合を。
コンテンツを移行しないなら、①の告知だけでも大丈夫かもしれません。

とにかく、ワードプレスをせっかく使うのに、アメブロ辞められない方が集客的にもしんどいです。
SEO的な重複・アメブロ読者への新サイト誘導…などに気をつければ、十分なハズ。
お一人でやる場合、必要以上の取り組みをされないよう、冷静に移行を進めてくださいね。

■ 無料ホームページ/アメブロのデメリットまとめ

無料ホームページは手軽で魅力的ですが、実はご自分の作業コストやできることの限界、また、「カンタンに」作ったwebサイトが公開後、どれだけ期待した結果につながるか?などを考慮していただくといいのかなぁ、というところです。

ご依頼いただきたいのは山々ですが^^;

自社で一連のホームページ制作や運営を体験できるので、お試し程度なら無駄ではないかもしれませんね。
「アップロードって?」「更新するって?」そんな方たちが少し前に進めますし、意欲的な企業様であれば、より良い見せ方などへの関心も出るきっかけ作りになるかも。

無料じゃないホームページでも、既に巨大化しすぎ、弱小フリーランスではお力添えしかねるご相談だったことも💦
薄々気づいている問題は先送りしないほうが、コストダウンにもなります。

ホームページ制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング/分析)ぽいのもするホームページ制作屋。
ブランディングも応相談。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。MakeShop・FutureShopパートナー。
  • 元ダンス部👠。ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。

課題改善、世界観/思い伝えるお手伝い。
情報や自己流で疲弊する前に、お気軽にご相談ください。

名刺だけ、集客診断なども対応。

SNSをフォロー ⤵︎

現状ご相談

^