奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

WordPressに引っ越すメリットとはホームページ制作業者都合?ワードプレス構築難しい?

ワードプレス(WordPress)とは?引っ越すメリットって本当にある…?

Aさん「構築もメンテナンスも難しい」って口コミ多いなぁ…
パソコン苦手マンだから、使いこなすの無理な自信しかない!」

Bさん「アメブロじゃダメ…?Web制作業者は激推しだけど、費用が高いからボッタクリかも。
…WordPressでブログを作るにしろ、ぶっちゃけ自分で簡単にできるのでは?」

ツール選定で延々と悩まず、早めにビジネスの相棒にしていただきたい、おすすめのブログ作成ソフトです。

ワードプレスとは?からメリデメ、始め方までサクッとわかりやすく、コンパクトにご説明。
(*一部追記中。なるべく中立性も担保します)。

*ヘッダーイラストはワードプレス公式キャラクターのわぷー。

  1. 導入検討だけしたい→最初から前半セクションをメインに
  2. 自力で始めるor基礎知識を知りたい→後半セクションから

全文読破いただける人はもちろん、各自、ご自分の必要そうな箇所をお読みいただきやすいよう、章立てさせていただいています。

ワードプレス(WordPress)とは何か?わかりやすく1分で解説

ワードプレスとは無料のブログ編集ソフトの1種。
なおWebサイト管理できる高機能Web作成ソフトをCMSとも言います。CMSとは「contents・management・system」という意味の略称。

わからないワードプレスの疑問を調べる時にも出てくるので、基本用語は把握したほうが困らないと思います。

堂々のCMSシェア1位

で、そのCMSの中でも圧倒的シェア1位

ブログやWord感覚でホームページ作成・更新ができ、ワードプレスサイトの作り方は簡単!設置だけなら高いスキルも不要。
ほぼ解説もいらないほど有名すぎる無料ツールなので、幅広い業種の企業で導入されています。

「あのホワイトハウスも使用しているシステムで、安全性が高い」という話も有名です。

ワードプレスは「ほぼ運用だけ」なら必要な知識は少ない

ふだんのブログ投稿に必要な知識は、さらに簡単な作業だけでOK。

ワードプレスはポータルサイト、企業サイトなど、どの規模の事業にもサイトの運営効率や集客力に優れます。

ワードプレスの仕組みについてザックリ(概要)

仕組みがよくわからなくても、ブログ更新など表面的な操作はできるはずです。ただ、最新バージョン更新など、運用でつまづく恐れも。
そこで、軽く概要をまとめました。

本項は、作業の疑問・不安が出ればお読みいただくとちょうど良いかもしれません。

WordPressはプログラミング(PHP)とデータベースで動く仕組みです。

HTMLなども書かれた一連のワードプレスファイル群をプログラミング(PHP)の指令でつなぎ合わせ、オンライン上(データベース)で合体させ、最終的に機能とデザインつきで表示してくれます。

ワードプレスソフト本体に保存されているもの

  • ホームページ管理システム
  • テーマ(テンプレート)・プラグイン
  • 管理画面や自サイトテーマで使った画像、HTML(PHP内コードとして)、CSS、スクリプトなど

データベースって何?

投稿、IDなどの日時や内容の倉庫のようなもの。

  • 「山田農園ホームページは、2022年1月15日15:00にセール記事を投稿した。」
  • 「同記事は、19:33にも再編集された。」
  • 「ログイン情報は〜です。」

といった時系列含んだデータが格納されているイメージです。

WordPress化メリット1: ブログサイトの作り方も更新も、自分で簡単にできる

ウェブサイトをWordPressで作成する最大の利点は、編集の簡単さと管理の機能性。
手作りホームページだとできなかった機能が満載で、ちょっとWebデザイナー気分に。

自分でデザインできなくても、テーマをポチッと設定するだけでおしゃれなブログ作成ができるからです。

*あくまで「気分」なので、限界はありますが。


ワードプレスの記事作成画面。

いたってシンプルな操作。「ワードプレスどころか、Webやブログを更新したこともない…」IT音痴でも、さほど難しくないです。

アメブロの延長感覚で、簡単に使用できます。

カスタマイズや既製テーマ以外のデザイン・機能をプロ並みに作り込みたい場合、やや難しい知識は必要ですが。

  1. 1.管理画面の左側メニューから「新規追加」を選ぶ。
  2. 2.記事タイトルと本文を書いて「公開」ボタンを押す。以上!

一括デザイン管理で、アメブロより超効率アップ

アメブロにも、CSSだけなら一括編集機能はあります。

ただ、ほとんどの人があまり使えず、結局それぞれの文字などに直接スタイル当てちゃう人が大半では?と。
でもそうすると超非効率で、デザインも統一されづらく、裏側のコードも複雑になっちゃうんです。

ワードプレスなら、基本的にテンプレートだけでも良いデザインが最初から実現できます。
「見出しやカコミ枠のHTMLコード、ちまちまアメブロ専門家さんの記事からコピペしてきた ^^;」派なら、便利さがわかるかと。

テーマ選び次第では、簡単なカスタマイズだけは直感的に操作できたり。

加えて、ヘッダーなどメニュー管理もサクサクですよ。

WordPressメリット2:場所を問わず、好きな時に発信できる

自分で更新できれば、コストダウンや新鮮な情報発信になるメリットが。

ホームページビルダーなど手動系ホームページ制作ソフトと違い、ネット環境さえあればログインして外出時にもサッと執筆できます。

また、一応はスマホからも更新可能。
長文書くのは大変そうです💦
ブログの下書きや記事設計を進めたり、などスキマ作業くらいは便利でしょう。

WordPressメリット3:SEOも詳しくできる

ワードプレスでは、URL・titleタグ・descriptionという検索エンジン対策で基礎部分が編集できたり、プラグインで細かい設定もでき、無料ブログとは桁違いなSEOの強い味方。
独自ドメインOKなので、コンテンツの資産化に最適なソフトです。

無料ホームページソフトはSEO対策でできる項目が少なく、独自ドメインが使えなかったり、集客力には疑問が。

※上記画面は、オプション機能をつけた一例です。

WordPressメリット4: 勝手に削除されない

アメブロなど無料ブログは、プラットフォーム側に「スパム/問題アリ」判定された投稿やアカウントが、消されるリスクも。
アメブロが商用OKになった現在も。

また、ホームページ制作ツールの規定変更に振り回されず、思うままのブログ運営が叶います。

メリット5:機能豊富、デザイン構築自由で、余計な広告なし。

アメブロだと、

  • 広告だらけで競合ブログにリンクも勝手に貼られ、お客様が流れがち…
  • アメブロ公式案内も含め、ウザいパーツだらけで不快
  • 微妙なデザイン

で、記事がじっくり読み辛いですよね?

ワードプレスなら心配無用。サイドバーやフッター含めサイト内の広告やリンクは、基本的に自社でコントロールできます。
つまり、勝手な広告表示のないノンストレスなブログ作成が可能に!

ワードプレスはシステムがカスタマイズできるよう無料でコードが公開され、世界中の人が便利な機能やテンプレートを開発しています。
みんなでひとつのソフトを日々、改良できるイメージ。
専門用語で言うと「オープンソース」という仕組みです。

デザインも特に制限なく、オリジナルホームページが実現します。

選べるテンプレートデザイン -ポチッと、即、キレイ。

テンプレートサンプル

ワードプレスなら、誰でもいきなりおしゃれサイトオーナーに。

ワードプレスはデザインテンプレートも豊富(無料~有料まで)。
テンプレート(テーマ)着せ替えだけでも十分スマートなホームページを作成できます。

設定知識は少しだけ必要ですが、わからなければ、ホームページ制作会社で設置やカスタマイズ可能。

プロデザイン&執筆依頼のサンプル

プロ依頼で訴求力アップ。

しかも、ワードプレス制作のプロに依頼すれば、テンプレートだけではできないデザインや機能も実現可能。
ただ、「費用が安いから」と設置に毛が生えただけのプロ制作サービスなら、自作でいいような…。
(自力とプロ・強みや適正さの違いはあります。自己過信も、業者への不当な値踏みもご慎重に。)

HTMLホームページより作業が時短できて、ミス軽減

HTML手打ちサイトやホームページビルダー系の化石みたいなホームページソフトだと、ヘッダーやメインメニュー、フッターなど共通部分は基本的に手作業の変更に。
Webサイトを充実させるにつれ、作業時間もミスの可能性も増え、本当のコスト節約にはならないです。

WordPressメリット6: 人気No.1の安心感!

国内CMSの導入シェアはNo.1の82%超え
だから、使用方法からトラブル・セキュリティ対応まで情報量も豊富で安心。
書籍も多数、出版されているほどです。

また、勉強会やイベントも各所で行われています。

ワードプレスの評判は?

ビジネスブログなら、ワードプレスおすすめの口コミがたくさん。

収益化したいならアメブロじゃ難しいですよね(;^_^A
前まではWordPressなんて知らなかったんで、早く知りたかったなー


@usamiblog 2017年12月5日

wordpressってとこが良さそうなんだけど、使いこなす自信ないw
けどもうアメブロは嫌なんだよなー(´Д`)

noa*2017年12月22日

正確には「ワードプレスでサイト開設」は必要ですが、作っただけでアクセ増える…なんて保証はありません。

「アメブロ集客専門家」サイトが、実はワードプレス製だったりも(^_^;)

また、独自ドメインの「一戸建てサイト」に記事を資産化でき、検索からでもSNSからでも自在にアクセスできるのも利点!

WordPressメリット7: ビジネスや商用で自由に使える汎用性

逆に、アフィリエイトやビジネスパートナーの広告を貼ったり、好きな収益化システムを導入できます。
商用サイトにはぴったり。

アメブロでSEO並みの集客は、超ハード。
お聞きした限りでも、個人ビジネスにおけるアメブロの「頭打ち感」も否めない印象。

ワードプレスによる制作コストは、どの規模のビジネスを目指されるかにもよりますが、自力(クオリティは「?」)か、業者か、になってはしまうのですが。。
「WordPressテンプレのインストールに毛が生えただけ制作」だったりもするため、Web構築業者選びは冷静に。
激安はもちろん、「適正価格っぽい」と思っても。

WordPressメリット8: バックアップできる安全性

初期状態でもバックアップが取れる仕組みがあります。また、オプションでも色々と便利ツールが出ています。
頑張って書いたブログ、万一のために保存したいですよね?
Jimdoなど無料ホームページツールはバックアップが取れないことが多いです。

Dreamweaverやホームページビルダーでも「ページの保存」はできますが、「2017/8/11の16:00に書いた記事」「18:00の記事」などバージョン別に細かく保存するには、人力です。
なので、うっかり上書き・・・戻したいのはどのファイルだったかわかりにくい・・・という危険性もあります。

ワードプレスなら、記事の変更歴の自動バックアップ機能が。1記事内なら、記事内容を数分前にだって戻せます。
(サイト全体のバックアップはイメージ画像とは別の方法ですが、詳細は割愛。)

WordPressメリット9: ホームページもブログも両立できる自由度!

メニューや採用ページを揃えたホームページ型のサイトもブログサイトも、ともに兼ね備えた優秀ソフト。
ブログつきホームページ、ポータルサイト、ブログだけのサイト、と用途や事業に合わせて自由な構成で作ることができます。

検索機能、予約投稿、共通デザイン管理機能、など便利な基本機能も。

WordPressのデメリット


photo by:falco500

テンプレート以外の独自サイト制作は、初心者には難しい!

ホームページ制作会社やフリーランスwebデザイナー/エンジニアなど、「作る」だけでもプロの協力が必要です。

よって、自分ひとりで簡単にとはいかず、コストは大きく感じるかもしれません。
(結果が出れば、かえってお得なのですが…)

テーマやプラグインアップデート・システムメンテナンスが必要

ワードプレス本体やオプション(プラグインやテーマ)にセキュリティや機能の改良を加えたものが頻繁にアップデートされています。
基本的には、常に最新バージョンにアップデートする必要が。作業は簡単です。

WordPressでネットショップ制作はできるけど、微妙

一応、ネットショップ構築も可能です。
ネットショップ機能のWordPressプラグインや、Wordpressが併用できる他社ショッピングカートもあり、通販サイト制作も可能。
ただ、通販カートはワードプレスじゃない方がはるかに安全です。また、本格カート導入で販促の機能も充実します。

何でもワードプレス導入をすすめるような業者様は、ECやセキュリティの意識が低いかもしれません。。

通販サイト構築は、ショッピングカート選定のできる事業者さまがおすすめ。ワードプレスとは勝手が異なり、他の知識も求められるためです。

*当方も、ネットショップはシステム要件整理から行います。

開発やトラブル時はスキルやコストがかさむ

なんでもない普段の更新は簡単ですが、いざアップデートやバックアップ、プラグインでうまくできない機能追加、セキュリティトラブル対応・・・などとなると、やはり一定スキルが必要。
自分で学ぶのか、費用をかけて解決するか選ばなければならない、というデメリットもありますね。

初めてのブログ。まずはリスクや予算を抑えるべき?やはり最初からワードプレス?

なら、サイト構築に時間使うより、書きなれ優先で、note等からでも。

ただ、ズルズルと無料CMSのみ、ホームページ運営の勉強も乏しいと、ゆくゆくは非効率に。
考えられるデメリットにご注意を。

SEO対策は手動

ワードプレスは、あくまで道具。
ホームページのコンテンツをSEO面とお客様にご満足いただけるように、充実させなければ何も起こりません。
自動販売機でなく「手動+資産コンテンツ」と適切な作り方があってこそ生きます。

逆に、Web制作後は放置したいなら、ワードプレスである必要はない「かも」…。

サーバとドメインで多少料金がかかる

システム利用が無料なだけで、住所とお家(サーバとドメイン)に費用がかかります。
SEO対策や今後のブランディング等も考えると、基本的に「独自ドメイン」をご契約ください。

ただ、超高性能なサーバが不要であれば、コストはさほどかかりません。

  • サーバ契約費用:月額1,000円前後〜

公式サイト、どっち使うべき?WordPress.comとは。WordPress.orgとの違い

レンタルサーバー公式の「ワードプレスお手軽インストール機能」を使った人は、読まなくていい項目です。

「何か公式サイトが2つあるようですが、また難しい話ですか…?」

「基本的にはレンタルサーバ提供の『ワードプレス簡単インストール』的な機能を使用すれば、大丈夫です。」

「ワードプレス公式サイトからソフトウェアダウンロードするイメージ」だった方は勘違いするかもしれませんね。

WordPress.comとWordPress.orgの機能比較まとめ 一覧表

サーバ提供のワードプレスインストール機能
推奨:★★★
費用:無料(ドメイン・サーバは基本的に有料)
有名レンタルサーバーにほぼ完備されている、ワードプレスインストール機能。
設定手順が簡単で、自サイトに導入するなら基本的にこのやり方で十分。
WordPress.org
推奨:★☆☆
費用:無料(ドメイン・サーバは基本的に有料)
ワードプレス公式サイトその1。サーバー付属のインストール機能を使わない人は、こちらでもワードプレスをダウンロード可能。
WordPress.com
推奨:☆☆☆
費用:無料〜有料
ワードプレス公式サイトその2。公式サイト上のワードプレスを直接使用するWebサービス。
つまりアメブロ的な「インストールなしの寄生方式」で、導入方法は簡単です。ただ長期的利点がなく、おすすめできません。

要は、WordPress.orgでの設置も、サーバの「簡単インストール」機能から設置も同じソフトです。
ただ、「WordPress.com」については契約上の仕組みが全く違うので、ご注意を。

WordPress.comで設定したワードプレスサイトの使用感というか、ベース機能は同じはずですが。

ワードプレスで作成するホームページ/ブログの始め方手順

おすすめレンタルサーバーを契約すれば、ワードプレスブログの始め方は難しくないです。

WordPress.orgを使用した大変なやり方説明

あえて「org」の方でインストールする強者むけの手順をさらっとだけ載せておきます。
「頭が…」な方は簡単ツールの導入方法で問題ないです。

  1. WordPress日本語ローカルサイト」で「WordPress を入手」をクリック。
  2. 「プライスレス、そして無料」エリア「WordPress 5.8.3 をダウンロード」ボタンをクリック。
  3. 解凍したワードプレスファイルセットを自分のサーバにアップ
  4. ログイン、サイト表示確認
  5. 初期設定

ワードプレス開設おすすめのサーバ Xserver(エックスサーバー)を使った手順

ワードプレスインストールもドメインも取得できる、安心の人気サーバ。
内製・お一人で始めるWordPressウェブサイトの制作に人気です。

開設時タイミングよければ、たまにドメイン無料キャンペーンなども。
(いつも特別価格を求めるのは、行き過ぎです)

  • 高速表示
  • 月額1,000円前後
  • 信頼のブランド力
  • ワードプレス対応、簡単インストール

以下はエックスサーバでの契約手順ですが、他サーバも概ね似たような作成方法、とお考えいただけます。

  1. サーバ契約
  2. サーバ管理画面から「ワードプレス簡単インストール」などでdownload。
  3. ワードプレス内の準備と設定

この3Stepだけでウェブサイト開設できます。

1.サーバ契約手順

まずは、

  1. サイトタイトル/ブログ名とドメイン名リサーチ&決定
  2. サーバ・ドメイン申し込み・支払い
  3. 初期設定
  4. 確認

とサーバ契約を済ませます。

サイト名(またはブログタイトル)とそれに因んだドメイン名いづれも決めておかないと進められませんのでご注意を。
決め方は下記。

「クイックスタート」なら、ワードプレスを即始めることができる

「ワードプレス簡単インストール」のほか、サーバ契約前ならすぐブログを始められる「WordPressクイックスタート」でもインストールできます。

  1. 画像の点線エリア「サーバID(※1) > 自分で決める」をクリック→自分がわかりやすいサーバ名を入力
  2. プランは多くの中小サイトは「スタンダードプラン」から始めると良いでしょう
  3. お急ぎ派 → 点線エリア「クイックスタート > 利用する」にチェックして一気に開設。
    じっくり設定派 → チェックしなければお試し期間ができ、ワードプレスはあとで自分のタイミングでインストール。 (※2)

(※1)
「サーバID」はサイト名ではなく、サーバパネル管理用の名称です。
黒帯のデフォルトIDのままでも問題ないですが、サイト名に準じたネーミングだと便利かと。

(※2)
契約手順の違いはほぼないはずで、クイックスタート「なし」でも特に問題ない気も(失言?)

「サーバ移行」が必要なウェブサイトは、「ドメインそのままサーバー移行/移転する方法・手順」の解説をご覧ください。

WordPress 簡単インストール機能の使い方

いわゆる「ボタン一つ」で開設できるインストール方法の解説です。クイックスタート機能を使わなかった人に。
要点だけお借りすると、

  1. まずワードプレスに使用する「データベース」を作成する
  2. 「WordPress簡単インストール」クリックして、必要項目を入力
  3. インストールできたか確認

で終了です。案外あっさりした作業ですよ。

「ハローワールド」ページのアクセスイメージ

インストールした自サイトURLにアクセスし、ワードプレスのスタートページが表示されたら設置完了。

ConoHa Wingもワードプレスに人気のサーバ。

エックスサーバの手順が難しいと感じた方は、「ConoHa Wing」あたりのサーバをご検討ください。
使用歴がないものの、コノハウィングも「早くて便利なサーバ」として人気です。

ワードプレス管理画面にログインするには

URL末尾が

  • 「トップ階層URL + /wp-login.php」
  • または「トップ階層URL + /wp-admin/」

のログインページにアクセス。ログイン画面でIDとパスワード入力してログインできます。

*トップ階層URLとは「自分でhoge.jpやhuga.jp/blog/などワードプレスを設置した場所」という意味。
例えば、http://moke.jp/wp/に設置すると、ログインアドレスは「http://moke.jp/wp/wp-login.php」や「http://moke.jp/wp/wp-admin/」になります。

初期設定できたら、ワードプレスのSSL化設定も

ワードプレスインストール完了後、続けてSSL化も設定します。

なお、SSL化はなるべくホームページ初期設定時に行うべき。複数コンテンツ制作後だと、やや面倒です。

SSLとは?必要な理由

SSLの意味とは、ホームページ表示の裏側の通信を暗号化して守る仕組みです。

SSL化していないホームページURLは「http〜」となり、SSL化すると「https〜」で表示されます。

SSL化されていないサイトは「個人情報の覗き見」が簡単になり、ブラウザでアクセスすると警告表示が出て、お客様が不安になるリスクも。
ワードプレスで作成したホームページ以外でも欠かせないセキュリティ対策の一つです。ぜひSSLは契約or設定を済ませてください。

エックスサーバのSSL化設定方法

  1. サーバパネルで「SSL設定」→該当サイトを「選択する」
  2. 「独自SSL設定の追加」ボタン→確定ボタン
  3. 完了メッセージが出たら成功。
  4. しばらく待ち、「SSL設定の一覧」で反映の完了を確認

ワードプレス側のSSL化設定

サーバ側のSSL化ができたら、ワードプレス側の設定になります。

ワードプレスSSL図

WP管理画面図解

  1. 「設定」→「一般」
  2. 一般設定内で「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」をhttpsに。
  3. 「変更を保存」

たった3ステップです。

ついでに、サイト名やキャッチフレーズ、管理者メールアドレスも設定まだor適当であれば、同画面なので改良版を入力してしまいましょう。

ワードプレスの初期設定

引き続き、ワードプレス側で初期設定をやっていきます。

1.最初にやる、ワードプレスパーマリンクの設定

パーマリンク設定とは、記事やページを作ったときに割り当てられるウェブアドレス(URL)命名の法則になっています。

未設定or不便な設定のせいで、「http://hoge.jp/blog/?p=123」「http://hoge.jp/blog/2022/01/23/sample-post/」など数字や投稿日になっているウェブサイトが見られます。
HP公開後に何も設定せずガンガン更新していくと、記事名からURLが想像しづらいアドレスとなってしまう問題が発生。
よって、最初にパーマリンク設定を便利なものに変えておくべきなんです。

「設定→パーマリンク」→「パーマリンク設定」内の共通設定「投稿名」のチェックをオンに。
「変更を保存」クリックして確定。

2.好みのワードプレステーマ(デザインテンプレート)をインストールする

ワードプレス本体を入れた時点で既に、シンプルなブログデザインがついてきますね。
あれはワードプレス公式提供の無料テーマ。

そのまま使用可能ですが、ワードプレスには大量に便利でおしゃれなテーマ(テンプレート)がたくさん。

ワードプレスの「テーマ」とはデザインだけでなく機能もセットになった土台テンプレートを意味します。
わかりやすく言うと、アメブロデザインの着せ替え&カスタマイズをいくらやっても変えられるのは見かけのみ。
ワードプレスでは、選ぶテーマ次第で機能まで増えるんです。

変身してパワーアップする主人公のように。

初心者おすすめ無料・有料テーマ

主なテーマのインストール適用方法

テーマのインストール&適用方法は、

  1. 管理画面「外観→テーマ」から直接探して入れられるもの
  2. テーマ配布サイトからダウンロードして「外観→テーマ」からファイル一式をアップする形

の2種類あります。公式無料テーマなんかは①パターンですね。

配布サイトからテーマインストールする手順で一般的な例は下記記事をご参考にどうぞ。
各テーマごとに作業のディテールがやや変わる感じです。

Cocoon以外の場合は、使いたいテーマ公式サイトの説明も熟読ください。

ウェブ制作業者でもない一般企業での内製なら、機能とデザイン充実度の高いテーマのほうが作成も運営もやりやすいはずです。
人気テーマはトラブル対応情報なども調べやすい、というのも地味な利点。

■ WordPressでのWebサイト制作・構築はメリットたくさん!

メリット

  • 自分で簡単に更新!
  • SEO対策もできる
  • 突然削除されない
  • オプション、デザインは自由
  • シェアNo.1で安心
  • バックアップOK
  • ホームページ型のサイトもブログサイトも、どちらも叶う

ワードプレスのデメリット

  • 独自サイト制作は難しい
  • アップデートなど運用が必要
  • WordPressが動作するサーバが必要

メリットも多く、ワードプレスが人気の理由もうなずけますね。
流されて決めるのでなく「集客・便利さを考えると、WordPressになることが多い」だけ。
ツール自体は便利です。

ワードプレス構築ご依頼可能

奈良県を拠点に全国的にWeb制作しています。作業員的なワードプレス構築だけでなく、カスタムやブランディングデザイン、運用やSEOまでご相談ください。

WordPressでの有料構築を検討する

ブログ, ホームページ制作, ワードプレス

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^