奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

SNSは発信だけじゃシェア(拡散)されないよ… 超初心者/交流苦手で始める育て方

お客様…!
お客様の中にまだ、SNSを単なる「拡声器」とか「広告」って思ってらっしゃる方はいませんか〜??

惜しい・・・それでは、SNSでせっかくたくさん情報発信できても、ファンやお申し込みは増えにくいんです。

今回はそんな、よくあるSNSのちょっとした「すれ違いや期待ちがい」をお話ししてみます。

聞き飽きた方などは、ご容赦くださいませ。

SNSアカウントはビジネス目的の通過点

もちろん「インスタ/Twitterで集客」事例も見つかりますが、(あくまで基本的には)全て伝え、全て信頼いただくには、限界も。

人の購買行動って複雑。
SNSでは見えなかった「何か」を公式サイトや信頼できるその他情報にも求めることも、少なからず残っています。
(*とにかくWebサイトが必須、という断言ではありません。)

SNSに「できにくい部分」はどちらかというと他のアイデアで埋め、「できやすい部分」をどうするか?で考えられると理想ですね。(どうも抽象的ですが・・・)

でも、最終ゴールの改善や更新、サービス改良などする中でも発信ネタができたり、と悪い話ではありません。

フォロワー数/いいね数よりは質。Twitterは絡む、インスタはコメントやメンション紹介、保存を伸ばす。

以下の記事とも通じますが、(極端に少なく心配されるケースを除けば)いいね数、フォロワー数などは「参考の参考」程度であり、SNS運営でホンモノの目的としては、あまり向きません。

いいね数を眺めても何もわからない

どのSNSでもいいね、RT(リツイート/シェア)が同じくらいされやすい訳ではありません。

インスタ>>Facebook>>>>Twitterと、ツイッターが最もいいね、リツイートされにくいメディア。

よくも悪くも、インスタはいいねされやすい傾向ですよね(誰もが簡単にインフルエンサー級な訳でもないですけど・汗)。
突然、人気者になったわけじゃなく・・・。

そんな理由もあり、本当に反響が欲しい人の熱量をあげられないといけません。
正しく悩んだぶん、ホンモノのつながりが残っていくと信じています。

良いSNS発信の勘違い

その発信スタイルじゃなくていいかも

テンション上がらないのは、要らない無理をしているからかも。。

  • この方の活動ステキ!
  • 作りたかった世界観に近い・・・(内容、画像等)
  • こういうの、あまり苦じゃない。

SNS上では、様々なクリエイティブや発信が日々発明されています。

自分向きなモデルの発見力や取り入れ力を磨くと、意味もなく投稿ごとに人格が変わるような事態は減るのではないでしょうか。

発信苦手な人ほど、いい意味で自分をラクにしてあげるための探究心は、時々思い出したいものです。

何度か同じ発信しもいい、皆忘れてるから(*)

SNSには、たまたま見ていなかったり、目に入らなかったり、見ても忘れられやすい性質が。
だから、再び同じような発信をしても大丈夫です。
(*明らかな連投は除く。)

SNSでは【発信】だけじゃなく交流を【メンション・リプライ(コメント)・いいね・RT】

SNSは「拡声器」ではなく、基本的にネットの社交界👗🤵。
つながりを感じてもらう工夫や、交流、拡散を促す発想もオススメです。

一方通行の発信だと…

  1. 絡みづらく、アピールが弱い。
  2. 届く範囲に限界がある。
  3. 誰も話題にしてないと決めにくい。

1.アピールが弱い

「情報」だけ発信すれば、と思ってしまうと、「ひと気」が弱く、絡みづらくなってしまいます。
怪しい、中身が見えない…などアピール力も弱めに。

2.1人の力では届く範囲に限界がある

たった1人で「うまいツイートして、パッと集客しよう」なんて、無理中のムリです。

口コミや交流を意識することも大切。
Twitterなら誰かのRTやリプライによって、あなたが届けきれなかった人の目に触れることも可能になります。
交流が生まれている投稿は、さらに交流や興味を持ちやすく、いくつもお客様の投稿がSNSで見つかると、気になるお店になるでしょう。内容も信頼でき、詳しく魅力的なら、安心度は高まります。

無理強いはダメですが、あなたの代わりに届けてくれる状況であるほど、お得ですね。
企業や通販アカウントは特に、複数の人に届くことも必要ですよね。

*一般的には・・・。

3.誰も話題にしてないと決断しにくい

「このお店、がらんとしてるけど美味しいのかな…?」
リアルなお店同様、人は行列に行列しがち。大抵のモノは代用が効く分、評判がブラックボックスだと苦しくなってしまいます。

 

参考

また、自分でも人に何かしら反応&応援もしていきましょう。

超ビビり初心者の交流はいいね/ファボから

繋がった相手やタイムラインで流れてきた投稿にいいねを押してみましょう。
本人や、Twitterだと自分のフォロワーに通知がいってあなたの好きなものや考え方を共有できます。

「ファボ」や「ファボる」も「いいね」と同じ意味です。

SNS的おすすめ絡み方:素敵アイテムやアカウントをシェアする

気に入った商品、「これ見て」「オモロー」・・・キッカケはなんでもOKです。
自分のアカウントで紹介してみて!

せっかくなので、紹介した事実を相手にSNSで知らせたいですよね。
そんな時、使える手段はメンション・リプライ(コメント)・いいね・RT(リツイート・シェア)の4つ。

メンションとは

SNSのメンションとは、要するに「言及」のこと。

使い方は「@+相手のユーザー名」をつけてツイートやインスタ投稿するだけ。
リンクがブルーに代わり、クリックできるようになります。使えるSNSは以下4箇所。

  • Twitter
  • Facebook
  • インスタフィード投稿
  • インスタストーリーズ(文字スタンプで)

メンション文例

今日は、@talia_piano (タリア・ピアノ教室)さんのレッスンでした。
彼女の教室は、〜で***。
とってもおすすめです⭐︎

その状態で投稿すれば、相手に通知がいきます。
かつ、自分の現在のフォロワーにも普通のツイートとしてタイムラインに流せ、両得なんです。

*ツイッターのリプ(リプライ)は、タイムラインに出ますけどね。。

TwitterのRT(リツイート)とは

リツイートとは、ツイッターで他人のツイートを紹介する手法。
RTするときに自分なりのメッセージを加える「引用RT」にもできます。

(あくまで、リアクション狙いでなくw)純真な感想コメント付きRTは、喜ばれます。

インスタシェアとは?シェアボタンなくて、シェアできない?

シェアとは、投稿まるごとを紹介する交流術。

インスタ限定だとシェアしたとは、以下3つの意味も含みますが、本記事では(1)(3)のシェア方法を想定します。
インスタのシェアは、限定的な使い方が多そうですが。

  1. 任意のインスタ投稿を他SNSにシェア。
  2. ふつうに自分の投稿・ストーリシェアをすること。
  3. 他人の投稿をインスタでシェア。

1.インスタシェアの仕方

投稿画面の右上「…」クリックし、「シェア先…」クリック。

「〜でシェア」選択肢より、シェアしたいプラットフォームを選ぶ。

ツイッターに、インスタの画像が表示されないのは仕様。

3.他人をインスタ内でリツイートするリポスト方法

お手軽にメンションだけつけた投稿も人気ですが、もっと強力な推し方として「リポスト」という方法もあります。
公式ではできないので、アプリやwebサービスを使ってください。

  1. アプリ「Repost」から
  2. パソコンでリポストできるサービスから

番外編:コミュ障のSNS社交術

自分のためにも付け加えると、「じゃぁ交流苦手な私は…」と諦めそうなあなたへ、いくつかご提案(暫定)。
不得手がある分、爆速で伸ばすのはきっと難しいですが・・・。

  1. 強く心動いた瞬間は頑張る。
  2. 伸ばしやすい要素から頑張る。
  3. 「やりやすい交流の型」も多少はある。それ探しつつ、リプ少なめでも責め過ぎない。
  4. 顔出し実名じゃやりにくいけど、キャラ設定するとやりやすいことも。

Twitterやインスタで交流を促す施策事例とやり方【拡散希望】

ツイッターで「拡散希望」と投稿に記載orハッシュタグ

拡散希望とは、「出来るだけ多くのシェアやリツイート、いいねで(特定の)自分の投稿を広めてほしい、協力してね!」という意味。
ここぞ!という自分の企画やイベントを効率よく宣伝したい目的で使われます。

ハッシュタグつけるかは、温度感やお好みで。頻繁に使うのはNG。

Twitterに限らない面もありますが、SNSのなかでは、文化的に最も馴染みます。

Twitterで、#いいねした人にやる のやり方

いいねした人に自分の趣味を教えたり、など主に既存フォロワー対象でやる、SNSプチ企画です。
「#いいねした人にやる」などのハッシュタグを使っておくと、ごく稀に知らない人があなたのハッシュタグツイートを検索してくれるかも。

ただ、残念ながら身内で盛り上がって終わるケースや、あまり別界隈では流行っていない、など問題がわかることも多いです。

SNSコミュニケーションを促すハッシュタグ例

  • #いいねされた数だけ〜する
  • #無言で〜な画像を貼る見た人もやる

ちょっと検索いただくと気づくと思いますが、上記はほんと〜〜にライトな交流程度の効果が多い印象です。
過度に期待するのは微妙そう。作品系の投稿は注目されることもたまにはあるかも、くらいで。

あくまで、ツイッターライフエンジョイ方法の一種なんで。
SNS慣れていないと、「1投稿でもスゴイシェアされまくる」妄想されるかもですが。

企業やビジネス目的のハッシュタグ企画はもう少しリサーチを。

ハッシュタグ企画作りも、SNSリテラシーやマーケティングが必須です。
丸腰よりはリサーチの上でチャレンジすると「不発なうえ、なぜ失敗したかも不明」なショックが軽減できます。

権威性は無理に演出しなくても拡散される

SNSって「信者集め」よりは「何かしら、ご縁ができればいいかもね」なツール。
無理にその筋の権威に見せかける必要はありません。よほどの実績や自信があっても、やっぱり難しいものです。

SNSを諦めないで

もちろん、伝えるべきことや純粋に言いたいことなら、遠慮は無用。
「言ってみようかと思ったけど…」が溜まるとキツイですし、「この人、何者だっけ?」って思わせてしまうかもしれません。

出せなかったのは、自分のカラーとは違うか、文章など違和感のサイン、または単に言い過ぎ恐怖症になっているだけの可能性も。
結局、自信なさそうにしても「それじゃ利用するの不安なんだけど」、ありそうにしても「分かったように…」と、全員に誤解されないように、って難しいものですね・・・。

だからこそ、リアリティとちょっとした未来を上手いバランスで発信できる方は、勇敢で、聡明で、貴重なんです。

頑張るだけの発信は終わり?

そもそも交流ツールであるSNS。「いつも何か購入したくて」覗いているわけではないです。

広告的な発信をなくす、必死に何かうまいこと言って集めよう、ともまた少し違います。
避けるべきは、フォロワー数や承認欲求を維持したいためだけに無理すること。

あなたのアカウント、覗けますか?

シャッターで隠されたお店に入りたくなることはありません。
長期的な関係性も難しくなるのではないでしょうか。

全て無料提供すべきでもないものの、「とりあえず、雰囲気だけよく見せて…」「ちょっとでも情報出したら何も残らないから、見せ方や内容をごまかしつつ買わせよう」だと、怪しく映りがち。
シャッターをある程度は開け、「情報」だけでなく商品や舞台裏などブランドの【中身】をご紹介してみましょう。

【PCオンチは注意!】ビジネス用/自社アカウントに鍵かけないで!

もっと深刻で初歩的なミスがコチラ!

自分のアカウントを「公開範囲:友達のみ」や「非公開アカウント」にしていませんか?
思いっきり外から見えないアカウント確定なので、そりゃシェアされません、広まりませんよ!

非公開アカは、別名「鍵つきアカウント(鍵アカ/鍵垢)」とも言います。

他でパクられたら・・など思惑があるかもですが、完全に知り合いしか届いていない事実をご承知の上、隠しアカウントにしてくださいね。

「有益な発信」はSNSアカウントを伸ばす、万能薬じゃない

SNSごとの温度差はあれど、お客様が知りたがっていることを伝えるのも立派で、確かに意味もあります。
が、「有益な発信でなければ」で縛ると不自然になったりも。

Twitterでは特に、呼吸困難になります(汗)。
インスタでも、別にキラキラ/ギラギラしなくて良いんです。

模範とすべきSNS運営は、もっと違うところにあるはず。
やってて健康的と思える運営も、「それ」じゃないはずです。

うまくいかないのは、SNSスキルが低いせいかも。

SNSで拡散力や影響力を上げるのに、どんなスキルが必要か、また、自社はどこまで叶えられていそうかはご存知ですか?
「全部スゴイ」という人材や企業である必要もないでしょうが、やっぱりちょっとづつ「とはいえ、クオリティが低すぎる…」状況が続いていれば問題です。

SNSスキル不足のサイン例

  • 「フォロミー」などと書きがち
  • エモい投稿でファン化させていると思う
  • 必勝ハッシュタグさえ知れば拡散される
  • 各投稿が既存フォロワーにしか通じない
  • フォロワーは自社のファンか、見込み客だ
  • 分析ツールでなくてもわかる課題を放置
  • SNS解析を見ていないか、活用できていない
  • 自社商品の問題がバレにくい、情弱な見込み客が集まればいい。
  • SNSから自社ホームページへのアクセスは、月間せいぜい数ページビュー。
  • 相互フォローで伸ばすのと、自発的フォローの値打ちは、あまり変わらないだろう

・・・とのご認識なら、イエローカード。
上記スキルマップを参考に、客観視と底上げが求められてきています。なぜなら、コンテンツのクオリティが全体的に上がっているから。

  • 「写真ちょっと悪いけど、うちのモノはいいから…」
  • 「投稿画像のデザイン、自分で作れる。フォトショも使えるしw」
  • 「自社のSNS運営、いい線いってるからコンサルいらないだろう…」

不安に流されるのも危険ですが、自己判定は甘くなりがちなのも事実。なるべくフラットなジャッジをおすすめします。

■ SNSは発信より交流? まとめ

SNS運営は、個人アカウントも企業アカウントもそれぞれの難しさや深さは、まだ私自身もあります。
「とはいえ、少し誤解がありそうなことも・・・」と思い、もし迷宮におられたらご参考まで。

SNSを「拡声器や広告」だけにせず、意義を感じながら、お客様と自然な接点を広げていけると良いですね。
・・・とブログで言う矛盾?

SNSのやり方, ブログ

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^