奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

脱初心者!Googleアナリティクスの使い方/見方 2020年版

初心者がチェックすべきGoogleアナリティクスの使い方/見方、とは…?
さすがにそろそろ、アクセス解析をWebサイト分析にうまく使えるよう、基礎を勉強せな…。

「アクセス数多いから、問題ない?」
「自社の数値って平均値より高い?低すぎる?」
など、数字を眺めては挫折していませんか……?

そもそもの分析やアナリティクスの数字の考え方からご説明します。

Googleアナリティクスの始め方〜正確な設定方法が正しい分析を作る!

Googleアナリティクスによるアクセス解析を始めるには、いくつか基本設定が必要です。
まずは正確なデータ取得が超大事なポイント。

Googleアナリティクスの設定方法:基礎

Googleアナリティクスの初期設定と登録は、多数のサイトで解説されているとおり。
…だけじゃ味気ないので、サクッと簡単にまとめておきます。

  1. Googleアカウントに登録
  2. アナリティクスアカウント取得
  3. トラッキングコード設置
  4. 設定できたか確認

3.トラッキングコード設置のやり方

自社サイトのheadタグに指定された「トラッキングコード」というタグを埋め込みましょう。
解析用htmlタグをコピペし、該当ページを全てサイトにアップロード(上書き更新)してから動きます。

4.Googleアナリティクスが設置できたか確認方法

Googleアナリティクス設置ができたか確認には「リアルタイム」画面を開き、自社サイトにアクセスします。
「リアルタイム」がアクセスありとなれば、一応動作しているでしょう。

その上でchromeアドオンで不具合の有無を確認してください。

公開すぐなのに、割とアクセスありました!

設定は大丈夫ですか?ご自身の閲覧を含めていませんか?

正しいGoogleアナリティクス設定が必要な理由

正確なGoogleアナリティクス設定が必要な理由は、データが間違っていたら、分析の信頼性もなくなってしまうからです。
特に、不要データ除外と設定の動作チェックはできる範囲でやっておきたいもの。

社員がいない、自分でも自社ホームページを見ない、ワードプレスにログイン…もほぼ行わない場合に限り、誤差の範囲になりえますが、

  • お問合せやネットショップの注文処理で…
  • 自社ホームページのトラブルや商品スペック確認で…
  • 記事更新で…

と、実は何だかんだWebサイト閲覧してしまっているはず。

グーグルアナリティクスは、何もしなければ「空気を読んで、特定のアクセスを除外」してくれません。
だからこそ、一手間かけて設定しましょう。

インスタの「無意味フォロワーが多いと、分析もおかしくなる」、コーヒーの「不良豆が混ざるとおいしくない」、「わずかでも陽性なら感染者扱いのデータにする(?)」問題も似たようなものですね。

間違ったアクセス分析をしないためにも、データのカサ増し状態は放置しないでくださいね。

解析タグ設置後も、設定ミスにご注意

Googleアナリティクスやタグマネージャーで計測設定をカスタマイズしている方は特に。
アクセス解析設置後、しばらくは設定ミスがありえます。
例えば、以下のケース。

Googleアナリティクスで自社サイトの直帰率は20%くらい!集客力バッチリ、でしょうか?

う〜〜ん、もしかして設定が間違っている可能性も。。
どうやら直帰率の平均値的に低すぎるようです。

*私もノーミスではないですが。。(既知のミスは改善済みです)

アクセス解析されないためには、自分のアクセス除外設定やプラグインを

まずは最低限、できるだけ「身内のアクセス」をGoogleアナリティクスのカウントから除外しましょう。

  1. 自分の家や自社PCからのアクセス
  2. 社内の社員のアクセス

は基本的に「IPアドレス」を指定した除外設定ができます。

IPアドレスとは、簡単に言えば「ネットに自分が閲覧したとき発行されている、Web上の住所」と考えてください。
プロバイダが場所によって割り当てています。

つまり、IPは実際の住所によって変わるだけに見えますが、同じ場所からの訪問でも変わる可能性が。
詳細は固定IP、などで調べてみてください。

Googleアナリティクス初心者は、ひとまず「自分のIP調べて、解析されない方法もあるのか」とだけ覚えましょう。。

会社のパソコンや自宅のIPアドレスの調べ方と除外設定のやり方

会社など普段のパソコンでIPアドレスの調べ方は、「サーバー監視/ネットワーク監視サービス」ページを表示すらべ、すぐあなたの現在の環境/PCのIPアドレスが表示されます。

確認したらGoogleアナリティクスに戻り、

  1. 設定>ビュー>フィルタで新規フィルタ作成、「フィルタ名」にわかりやすいネーミングをつけます。
  2. フィルタの種類>定義済み>「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」をチェック。
  3. 「IP アドレス」テキストボックスに調べた自分のIPアドレスを入力。

どこでもアクセス解析されない使い方
→プラグイン「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」

ただIP弾くだけじゃ、カフェなど外出・ノマド時のアクセスはカウントされてしまいます。
複数の場所で作業するなら、プラグイン除外も使いましょう。

Google ChromeやFirefoxなどブラウザに「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールするだけで、簡単にプラグイン入りのブラウザからのアクセス記録がされなくなります。

*アドオンは、基本設定のままだと他サイトへのアクセス解析も回避してしまいますが。

ブラウザのシークレットモードは、アクセス解析されます

シークレットモードは、あくまで「自分のパソコン内で」ブラウザ履歴を残さない見方。
Google Analytics上では、シークレットモード(プライベートモード)だろうが関係なく足跡が記録されます。

ご注意くださいませ。

自分のスマホからのアクセス解析されない方法

iPhoneの場合のみ、アプリ「AdFiter-広告ブロック」をインストールし、自社サイトのドメインをアクセス回避設定にすれば、スマホでもアクセスを残さないで済むようです。
iPhoneの方はお試しください。

Androidでの除外方法は、ブラウザをFirefoxかKiwi Browserに変更した上で、「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールしましょう、とのこと。

4アクセス解析されない設定の確認方法

アクセス解析されない設定をした後、自分のアクセスが除外されているか確認しましょう。

誰にも知られていない、できたて新規ホームページなら好きな自社ページで管理画面「リアルタイム」のチェックで十分な可能性も無きにしもあらず。
厳密な確認は、既存ホームページに初めて除外設定してみたを参照ください。

bot(ロボット)のアクセス解析ブロック

以上の自分ブロックだけでも、かなり正確なデータに。
ですが、時々ロボットやスパムらしき変なアクセス元もあります。

怪しいアクセスの完全除外は難しいものの、基本の設定は知っておくといいのではないでしょうか。

アメブロのアクセス解析は、自分除外されない?

アメブロ公式発表によると、以前よりは自分/botのアクセス解析がされにくくなったようです。
ただ個人的には、アメブロのアクセスツールよりは、Googleアナリティクスを導入してしまう方がおすすめです。

アクセス解析が新しくなります

  • 集計すべき対象ページの見直し
  • ボットやクローラー、自分自身によるアクセスを除去するフィルターの強化

を実施いたします。

https://ameblo.jp/staff/entry-12367049879.html

Googleアナリティクスの見方:ホーム画面

ホーム画面上部

グーグルアナリティクスの管理画面にログインすると、こんなホーム画面に。
「ホーム画面」上部ではユーザー数や閲覧時間平均、またそれぞれの変化率(緑色のパーセント表記)がわかります。

右上の青いボックスは、リアルタイム。自社サイトが、たった今何人に見られているかという意味です。

Googleアナリティクスの平均値データ目安のチェック方法

Googleアナリティクスの直帰率80%、高すぎるかも?((;゚Д゚))))

まずは平均値を知り、その上で直帰率だけを下げようとし過ぎないのがおすすめです。

平均値も、直帰率もほんの1分析項目にすぎず、必ず「自社サイトの現状がどう変化しているか、悪化していないか」の全体像からみて、できる改善を続ける点にご注意ください。

業種やホームページの種類などにより変わりますので、あくまで参考としてご覧ください。
(実感値と各種サイト様から総合した平均データ。)

アクセス解析の平均値

アクセス解析の一般的な平均データは以下。

1.コンバージョン率 1%前後(BtoB等は異なる可能性が)
2.直帰率 60%以下
(47.5%、つまり半数の人は1ページしか見ずに帰っている)
トップページが入り口の場合を除くと、直帰率はさらに悪くなると思われる。
3.離脱率 40%以下
4.検索エンジン流入比率 閲覧開始の50%程度がSEO、つまり検索で訪問
5.入口ページ 入口がトップページ(ホーム)な割合:40%以下(サイトによっては0.5%程なことも)
入口ページは上位20~30ページで全体の8割(入口が1000ページあっても)
6.一人あたりの平均PV数(閲覧ページ数/1人ぶん) 1.9~4PV
7.新規セッション率 50%程度(状況による)
8.平均滞在時間 1分30秒~2分30秒


トップページが入り口となる率は20数パーセントに過ぎない

・https://ajike.co.jp/switch/analytics_avarage/
・https://webtan.impress.co.jp/e/2007/11/27/2174
・https://webtan.impress.co.jp/e/2009/11/04/6727より

「自社サイトなら、ありえない。もっと読まれるはず」なんて想像と、かなりイメージ変わりませんか?

自分の頭の中で「見られているだろう」と勝手な分析データを作っていると危険です。
ぜひ、Googleアナリティクスで現実と向き合いましょう。

Googleアナリティクスで解析後、優先したい改善点

コンバージョン率(問合せや注文の成約率)を上げ、機会損失を減らす

まずはコンバージョン率1%を目指しましょう。
リニューアル等して過去データがあるなら、旧サイトの成約率も参考になさってください。
なお、この「1%」とは【詳細ページ全ページ数ぶんの閲覧数に対するゴール達成の割合】なので、 ホームページ全体からの注文率でないことにご注意くださいね。

必要なホームページアクセス数の目安は?

成約率平均の1%、とした場合、月間100PVアクセスがあれば1件のお問い合わせが来たらいい方、と計算されます。

月間目標問合せ数が5件なら、月間500PVくらいは欲しい…というのが、ざっくりした目標アクセス数の試算です。

単価やサービス、そそもそも市場規模が極端に少ない場合…などには、ある程度以上の伸びはできない、なんてこともあるかもしれません。

コンバージョン率が高く、数百PVとかでも目標達成するサイトもあり得ます。
が、

  • 成果の出やすいサイト状態である
  • サービスのメリットが強い

など複数の条件が必須。
なので基本的には「月100PVしか見られていないけど、いつか50人くらいお客様来たらいいな」と夢見ていい可能性は、ゼロに等しいでしょう。

意外と少ない成約率だから、SEOや広告などでたくさんアクセスが必要・・・ということ。

直帰率を下げる=逃げられないサイトに育てる

特に直帰しなさそうなページの直帰率が60%以上なら、改善の余地がありそうですね。
(ブログ記事ページなどは、直帰率高いことがございます。)

ただ、「ページAの直帰率が高い。でも、何をどんなくらい改善できそう?」と、他の施策(改善ポイントや新企画の進行など)との優先度バランスで取り組むべきでしょう。

ホーム改善、ちょっと待って!入口ページはトップページじゃない

Googleアナリティクス初心者の頃、データ分析に挫折し、ついイメージで目立つバナーやホームページを重視しがち。
「…ま、とりあえずトップのデザインを変更すればいいのでは?」などと、安易な解釈になりがち。

ですが、基本的にトップページ(ホーム)が入口になることは少ないもの。
むやみに調整しても改善メリットが弱めです。
特に中小企業サイトではブランド認知度がどうしても少なく、初めての訪問者がいきなりトップには来ないためです。
一覧ページや詳細ページなど、「本当に」入り口になっているページの改善を優先してみてください。

平均滞在時間を伸ばす

平均滞在時間が1分30秒未満のページは、改善の余地がありそうですね。
また、サイト全体の滞在時間が少なかった場合、あまり熱心に見ていただけていないかもしれません。

増えたからいい、減ったから悪いとは限りません。

たとえば、カテゴリトップなどの滞在時間が長ければ、「ページが分かりづらく、迷っているかも」しれません。
時期的にトレンドじゃないのかも。

いまの滞在時間になっている理由も込みで判断を。

アクセス数が少ない→ 現状把握。Googleアナリティクス使い方を知り、改善点をあげよう!

アクセス数が少ないのはわかりました。毎日Googleアナリティクス見ますが…

見るだけじゃ、うまくいかないホームページは変えられません。

現状やデータは?ヒントはあるので、実際に改善行動するのが大切です。

落ち込む前に、見込み客が来そうなキーワードで集客できてないかも、とか、特定ページで詰まらせているかも、とかデザインがやばいとか心当たりはあるはず。

何からホームページ改善すれば?データ分析から絞れるかも

私もGoogleアナリティクスで気になった点を手当たり次第に改善しようとすると、潰れそうです。
焦って「がんばった感」だけ得るのは危険。

データや傾向、確率を冷静に分析し、より重要そうなページや部分から改良してみましょう。

優先順位の判断例

  1. 稼ぎ頭ページや記事が、最近は落ち込んでいる
  2. 人気記事なのに、直帰率がいくらなんでも高い
  3. ホームページ基本デザインをもっとペルソナ向けにした方が早そう
  4. 比較して、直近1ヶ月より悪化している数字
  5. 競合他社と比べて著しく劣っている点がある

Googleアナリティクス使い方のおすすめ本と勉強法 2020

Googleアナリティクスの勉強法は、ざっくりこんな感じでしょうか。
うまい使い方は、独学かコンサルをつけるか…どちらかかと。

レポートサービスのみ可能な業者様もおられます。
ただ、ある程度自社でも分析できなければ、永久に高額な分析レポートを依頼し続ける形になってしまいます…。

個人的には、よほど高度な設定や使い方でなければ、「1Web担当者、1人事業主さまでも習得できる」と信じております。

  1. 基本的な用語を知る、なれる
  2. Googoleアナリティクスの基本的な管理画面を勉強する
  3. Googole Analyticsの設定ができる
  4. 数値の意味と目安が見れるようになる
  5. データを見る前に仮説だてできるようになる
  6. 必ずインプットを実践で重ねる

定番メニューの解説は、もちろん【Google アナリティクスの使い方(公式)】が最も確実な情報源です。
「おや?」となれば随時ご確認を。

データは嘘をつかないけど、嘘つきはデータを使う …自分も過信しないで。

Googleアナリティクスは、まだまだ自動で問題点や本当に変化あった改善対策をレポートしてくれません。

なので、自分でのグラフ化も、また「集客コンサル」さんの判断にも、下記事のような「うさんくさいデータ/グラフ」が蔓延中。
どんなに「成功事例や成功者」に見えても、どんな原因で実績が成り立っているか?、不自然な見せ方で証明しようとししていないか?など、【効果】には慎重なご判断をお願いいたします。

グラフ以外も「〜講師で月収100万!」の内訳で、一定割合以上がメイン事業じゃなく起業コンサルの収益だったり、しかもただのマインド布教や情報商材だったりだと…(吐血)

参考:あなたの知らない「詐欺グラフ」の世界

Googoleアナリティクス使い方 おすすめ本

アクセス解析レポートをくれる会社って…?

保守で「毎月アクセス解析レポート」してくれる会社見つけました。自社で分析いらずですね?

レポート内容は限定的な恐れがあります。

双方の「アクセス解析」に対する認識が違う可能性が。
現状、知りえる事例が少なく恐縮ですが…

望ましいアクセス解析レポート

  1. 複雑なGoogleアナリティクスデータの意味や項目から、重要な問題を解説
  2. 改善提案を含む

ホームページ制作会社のレポート例

「定期レポートあり」のような記述がサイト上にあっても実は、

  • 定番データを自動送信のみ。
  • 分析は保守契約では不可。

と、あくまで「報告」で、結局あまり参考にならないかもしれません。

もちろん「解析サービス付き」がただの誇張な可能性もありますが、安価なサポート契約なら深いご提案はできない事情も。

アクセス解析を見るだけでも分析もれがあるのに、淡々としたデータ報告だけじゃ物足りないのは明白です。
つまり、自分でアクセス解析スキルを勉強するか、適切な分析アドバイスを受ける方が結局は、コスパがいいでしょう。

アクセス解析でわかること▼

※当【Webカウンセラープラン】では「アクセス解析」もサポート。分析が難しければ、ご相談ください。

アクセス解析, ブログ

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング)対応のホームページ制作。
ブランディングも応相談。
一度お気軽にご相談ください。名刺制作、集客診断だけでも。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。MakeShop・FutureShopパートナー。
  • 元ダンス部₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

SNSをフォロー ▼

現状ご相談

^