奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

ホームページ/ネットショップ制作依頼の注意点 まとめ【良いホームページの条件とは】

良いホームページの条件とは?
美容室、カフェ、通販サイト(ネットショップ)・店舗のホームページ制作ご依頼時の注意点をご紹介。

(本記事は、まだ見直し予定ですm(_ _)m)

ホームページ作成の必要性・デメリット、メリット

ホームページを作成したら良い理由って何ですか。

自社にはホームページ、要るのかなぁ。。と何度も頭を抱えておられる皆様へ。

課題解決やステージアップなど目的あってこそ、意味を持ちます。

ホームページの目的、どれかにハマれば必要・またはおすすめします。

  1. 趣味仲間に複雑な情報を、多彩な表現方法で告知したい
  2. 営業せず、関心が似た人と繋がりたい
  3. 通販サイト(ネットショップ)の販売や集客
  4. アフィリエイトしつつ、好きなものを発信したい

確かに、自分でホームページ作成するのも、依頼してやりとりしなきゃいけないのも面倒で、高カロリーですよね。

ホームページもユーザーの気持ちに合わせよう

まだ、顧客を無視したホームページで誤魔化していませんか?

お客さんの気持ちとは、

  • 「ユーザーがなぜページに訪れたか」
  • 「自社ホームページで何をしたいのか」
  • 「違和感なくサイト内の情報を見られるか」
    といった部分です。

良くないホームページの例

  • サイトの作りが古いor社内などで作成したため、あまり適切に作られていない
  • 致命的ではないけれど、文章で説明する箇所が続き、サイトを離れる要因にはなりえる
  • 飲食・インテリアなど写真の魅力が問われる業種なのに、低品質な写真を使用
  • 一見問題なさそうだけど、「利用しそうな人物像」にはマッチしないデザインや文言で、お客様が「自分に合っている」という満足感に欠ける

顧客イメージを固める

例えば、このようなユーザーがいたとします。

  • 25歳男性
  • 独身
  • 職業はIT関係
  • 月収25万円
  • 飲むのは好きだが、居酒屋の雰囲気は苦手で、静かでおしゃれな店舗を好む
  • 飲むお酒・ワインにも少しこだわりあり・・・・など

このように商品やサービスを利用するユーザーのとても具体的な像をペルソナと言います。

先述したペルソナの彼にぴったりな、居酒屋/バー(バル)のホームページはどのようなものでしょうか?

「騒げる」雰囲気でなく、メインビジュアル(サイトに入ってきてすぐ目に入る大型のイメージ画像やテキスト)には、ゆったりした落ち着ける空間を期待していただけるような写真・コピーを使おう。
お酒・ワインの魅力的な品揃えなどがあればしっかり伝える。
またお一人様嗜好のため、おひとりも歓迎であることをアピールする。

と、人物像を作っておけば、ユーザー目線なホームページが実現します。(※実際はもっと細かく設定します)

どんなサービスも、ターゲットは全員!などという考え方では必ず失敗します。
ホームページも同じ。「あなたのお客様」をよく想像し、それに合わせてホームページも店舗も良くしていきましょう。

自社の独自性を考えよう

他店と見分けがつかないようなデザインで、ただメニューや料金が違うだけ。
そんなホームページはいったい何人のお客様の記憶に残るでしょうか?

他とは違う・しっかり内容を作るからこそ、貴店を思い出すきっかけとなり、ホームページに訪れ、来店してくれるのです。
思い出されないとアクセスする機会が激減し、結果として来店・購入につながりそうな人を失いやすくなってしまいます。

様々な情報をユーザーは欲しています。それに答えられるのが、ホームページなのです。

ポータルサイトでは、掲載ページの規格が決まっていて、店舗の良さを伝えるには限度があります。ですが、自社ホームページはデザインから内容・構成まで、とても自由度が高くなります。

だからこそ、ぜひ自社ならではの独自性をWebサイトで伝えていきましょう。

「うちは普通のショップだから…」と思われるかもしれませんが、  ホームページ業者・フリーランスには、店舗や商品の事を、詳しく話してみてください。
逆に、ほとんど基本情報しか聞かず、「デザインだけ」作ってしまう業者は避けるべきでしょう。

ネットショップも同様。

モールでも独自ドメインでも、必ずネット上に「競合店舗」がいくつもあるはず。

その中で、目に留まってアクセスしてもらい、サイトで魅力やメリットを感じてもらえないと、お客様は黙ってサイトを離れてしまいます。

そこで軽視できないのも、やっぱり印象に残ったり、【あなたのショップで買ってくれそうなお客様】にぴったり合ったデザイン・内容なんです。

ホームページ制作(公開)時点の完璧を狙いすぎない

「自慢の商品の魅力、ホームページ公開時点で余すところなく伝えられませんか?」

  • ホームページ制作だけで自販機のように放置したい…
  • ブログ更新する余裕がないので、一気に伝えておきたい
  • 商品の良さを大量に伝えるほどすごいサイトになれる気がする

そう何回も作らないホームページ。
色々な思いがよぎるのも無理ありません。

お忙しい・運営できるほどの人材がいない企業さまですとご不安でしょう。

残念ながら、ホームページ一発で全てを察してもらうのは、「100年前にFacebookを発明する」くらい無理です。
一般人は、期待するほどホームページを熟読もしないし、自分の解釈を加えちゃうからです。
ホームページの初期状態に過度に期待せず、ブログやSNSで接点を作っていく方が現実的だとお考えください。

足切りラインやよりよい選択肢、はあります。
リニューアルするまであまり集客できなかった自社サイトが「伝わる」ホームページとなり、そこそこ成果が出てしまう事業者さまもいなくはないためです。
更新なしの10〜20ページ規模でも。

ただ、ビジネスをより拡大…となると、コンテンツが増えないことには、露出が弱くなってしまいます。
「公開して放置」で達成される効果は、最少限度に止まるのでは、と感じます。

集客したいなら、アクセス解析・運用は必須

中小・零細企業ホームページにおける問題のひとつ、アクセス解析、データ解析をきちんと行っていないこと。

大多数の黙って去る見込み客らは、わざわざあなたに不満を語ってはくれません。
そこで、アクセス解析など分析ツールで「声なき声」を論理的に推測すべき。

店舗の「売上」「販売数」「顧客単価」データを取るのと同じ。占いじゃなく事実を使い、より良く改善する運営が集客につながります。

  • 何人がホームページを閲覧したか
  • 男女比・年齢
  • どれだけホームページに興味を持ってもらえたか
  • どのページが購入につながりやすかったか・・・など。

似た考え方で、ホームページも店舗も改善できます。

ですが、アクセス解析が使えている企業・起業家はあまり多くありません。地方求人を見ると、そもそも専任のweb担当がいない、いても十分にはできる人を雇えていないという現状が多そうです。

これからサイト制作、リニューアルを考えている方、必ずアクセス解析は行いましょう。

安く作れるけど、ホームページは安すぎないほうがいい、もう一つの理由

ホームページ制作費はピンキリです。
目標やご自身にとっての満足度いかんでは、10万円代のホームページ制作会社でも間違いではないかもしれません。

ただ、もしも「本当に深く考えて設計される方や、ブランディングデザインに長けた業者様、有名ではないけれどおすすめのWebデザイナーさん・・・のような個性さまざまなクリエイターを応援」いただけるなら、格安ホームページ制作以外にもご関心いただけると幸いです。

そう、売れるようにするためばかりでなく、クリエイターのチカラを借りて、豊かな世界を作ってゆくのも、良いコストの使い方…ではないでしょうか。

社内デザイナーです。デザインだけだと安上がりですか

基本的には、「ご要望をうかがい、コードを書き、デザインする」までセットでのサービスです。
社内でHTMLを書いて・・だと万が一、表示トラブル解決やコードクオリティを上げる場合のフォローは有料になり、結局は高くつきます。

ちょっとデザインできる、タグがわかるかも・・・くらいではルール肥大化など、後で手間が増えるだけのリスクも。

テンプレートやWordPressテーマなら無料か、せいぜい数万円ですよね?

WordPressテーマ(テンプレート)がもっとも「キレイ」に見える瞬間はいつでしょう?

正解は、デモサイト(サンプルサイト)状態なとき。
「自分で作るとなんか違う」理由は、貼り付けた画像や自分なりのデザイン設定が悪化を招いたからです。

ペルソナやコンセプト、導入テンプレ想定内の業種や使い方を外れるほど、「ポップにしたいのに、めっちゃ企業サイト感」「レトロアメリカンなコンセプトなのに先端的なムード」とイメージが離れていきます。

ホームページ制作会社の探し方

一般的なホームページ制作会社で叶うのは、「ホームページが出来上がること」まで。
集客力アップはWeb運営や企業コンサルが担っています。

最近「マーケティングもデザインもやります」と謳う業者が出てきてはいるのも事実。
ただ、自称しやすいゆえ逆に制作会社選びも難しくなっている、とも言えます。

ブランディングの見直しなども、ブランディングが強みな方から全く無理な業者までございます。
避けるべきは、ざっくりすぎたり、現実や需要離れしすぎたペルソナ設計をさせるデザイナーさん。

■ ホームページ制作依頼の注意点 まとめ【良いホームページとは】

どんなサービスも、ユーザーがあってサービスが成り立ちます。お客様想いの制作を!

たくさんのホームページから選ばれる理由、貴店・商品・サービスの独自性をもう一度考えてみましょう。

ペルソナとホームページコンセプトの考え方

ブログ, ホームページ制作

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^