奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

サイトリニューアルでSEO(検索順位)を下げない注意点

🙋‍♂️「サイトリニューアルで、CSSやHTML、文章もガラッと変わります。ホームページが大幅に変更になったら、検索順位下がりますか?
なるべくSEOを下げずに刷新できる方法は?」

👩‍⚕️「ええ、確かにSEOに影響しますが、ある程度のSEO知識にそって進めれば、おおむね問題ありません」

SEOへの悪影響は、少し知識をお持ちの方には、懸念点の一つですよね。
今回は、安心してリニューアルいただくためのTipsをご案内。

記事の根拠と言えるか不明ですが、中規模のドメイン移行などを伴うリニューアルだって、無事グーグルに認識されます。
*ただ、サイトリニューアルは、あまり規模が大きくならないほうが無難です。

検索順位が気になるなら、サイトリニューアルはSEO詳しい業者に

「後からSEOをかけてくれればいいでしょ?」といったイメージだと、できる対策は限られてしまいます。
「ホームページは育てるもの♡」という主張も嘘・・・ではないんですが、その認識のみでは不十分なんです。

サイトSEOは、設計段階から「そこそこ」以上のSEO知識で進めなければ

  • サイト名でググってもでてこなくなった…
  • あの人気ページが検索で出ない…
  • なんか検索順位下がった!詐欺?

と、「原因不明」なトラブルや不信感に悩むかもしれません。

内部SEOのカギは情報設計とWebスキル

内部SEO対策(ホームページ自体の検索最適化)は「後から変えやすい」ところと「変えにくい」ところがあります。
前者は、ちょっとした改善で済みますが、後者は【マンションのフロア構造や骨組み】みたいなもので、(いくつかの問題については変えれなくはなくとも)知識も作業時間も改めてかかってしまう箇所です。

SEOスキルなきリニューアルの問題点

冒頭でお伝えしたように、サイトリニューアルでSEOが下がることは十分あり得ます。
また、「知識のない方に依頼していただけ」「自然に下がっているだけ。誰かが工作したわけじゃない」など「怪しい業者のせい」かまでは、適切な判断を。

あまりあやふやなご理解のまま依頼・無理に内製してしまうと、後で問題になるでしょう。

リニューアルでSEO改善したい部分を明確にしよう

WebサイトのSEO評価を上げるには、

  • 「心地よいユーザー体験=デザインやわかりやすい設計」
  • クリック先がわかるナビゲーション
  • 正しいHTMLコーディングや細かい配慮

など、人間向けの価値と検索エンジン向けの価値をよくする必要があります。
そのため、なるべくサイトの構成力を高めたリニューアルを目指してください。

「必要以上」のサイトリニューアルを避けよう

サイトリニューアルにかかける期待は、いろいろ膨らむかもしれませんが、SEOを重視するとなると、「変更ポイントは少ないほど、検索エンジンの評価が変わりにくく安全」とされています。
まあ当然なんですが。

【変えないほうがいい】SEO要素4ポイント

変えない方がいいとされているのは、以下4つのポイント。

  • ドメイン、URL(SEO評価はホームページの住所に紐づいています。)
  • HTML(コードに影響するホームページソフト含む)
  • コンテンツ(文章やサイト、カテゴリ構成など)
  • デザイン/レイアウト

ただ現実的には、何も変えないと「課題サイトをリニューアルやシステム引越しで改善」という目的が達成されません。

よほど「絶対に下がってほしくない」などでなければ、重要な改良は進めるべきでしょう。
影響はあると知った上で慎重に、ですが。

とりわけ、スモールビジネスにおいてはコストや時間的猶予も検討する必要も。
完璧な計画のご提案は非常に難しいなりに、無理せず、かつ、課題改善も目指したいと考えています。

【重要】ドメインとURLの引越しは301リダイレクト

ドメイン変更、新システムでどうしてもURLが変わってしまう場合は、できるだけ301リダイレクトしましょう。
「あの人気ページが。。」となる原因はこれをやってないか、そのページの転送だけ抜けてしまった可能性があります。

評価を残していきたいページは全てリストアップし、確実にURLのお引越しを完遂してください。

リストが作れたら、あとは.htaccessなどで実際の転送指示をかいてアップします。

リダイレクトした後は、Googleサーチコンソール

リダイレクト後は、サーチコンソールの作業。基本は

  1. 新URLを登録する
  2. 「アドレス変更ツール」でURL引越しをGoogleに知らせる

の2ステップでOK。

参考:2020年版 Search Console アドレス変更ツールの使い方

wwwありなし・httpsなどURLの統一化

同じURLでも「wwwあり・なし」「http・https」でもそのまま放っておくと、それぞれURLにアクセスできてしまい、検索エンジンも別URLとして認識されてしまいます。
重複ページ扱いになってしまう恐れや、ユーザーが好きなURLを使ってシェア・ブックマークできてしまうのも問題です。
そこで、基本的には、「URLの正規化」というURLの統一処理をしてください。

一部、これができないシステム・ツールなどはあります。

メタタグのSEOチェック

noindex、canonical、構造化データなどがおかしくなってないかチェックします。

  1. 「noindex」は検索エンジンからページを隠すコード。
    検索で引っかからせたいサイトにつきっぱなしになっていませんか?
  2. 「canonical」はこのページはこのURLに統一してね、の指示。
    ワードプレスなどでうっかり変更していませんか?

XMLサイトマップチェック

XMLサイトマップも、不要な過去ページを消すなどする必要が(残ってしまう場合)。
新サイトで使うURLだけにしておくと、Googleを混乱させずに済むでしょう。

さらなるSEO内部対策で、評価ダウンを回避できる

内部リンクを新サイトに統一しよう

リダイレクト設定済みのページであっても、内部リンクは全て新サイトのURLに飛ぶように修正します。
検索エンジンにとってわかりやすくしておくのが安全だからです。

ページのタイトル確認

大体以下の基準で、タイトル変更または引き継ぎを確認しましょう。
ただ「全く変えてしまう」よりはマイナーチェンジ程度までが無難かと思います。

  • SEO評価変えたくない→タイトル勝手に変わってないか?うっかり変えてないか?
  • タイトル改善したい→そのタイトルでいいか?要らない文言が入ってないか?

減らし過ぎない

ページを減らしたり、内部リンクが少なくなったりすると、当然SEOに響く恐れはあります。
「減らす、変える」系の判断はサイトのリニューアルタイミングでしっかり検討したいところです。

SEO自由度の高いホームページ更新システムやカートを選ぼう

「できるかできないか」でいえば、WixでもアメブロでもペライチでもSEOできる【可能性】は存在します。
ただ、独自ドメインじゃないリスクや表示の重さ、ページ数やSEO機能の制限、そもそも引越せない・・・などなど、ツール選びを間違えると、それだけでハンデを負ったウェブ集客を強いられるでしょう。

サイトを資産にする土台は制作ツール。
目立つ便利な機能をチェックするだけでなく「SEOの設定が自由にできるか」も大切なポイントです。
ネットショップもリニューアルに弱いカートもあり、「URL引越せると思ったら無理だった」となりかねません。

ただ、予算面や「あらゆる機能が完璧なシステム」はないの問題などもありますが。

リニューアルサイト公開後のSEOチェック

アクセス解析でアクセス確認

Googleアナリティクスでアクセスの有無、流入元をチェックします。
解析タグが動いているか、やその他の問題を見るためです。

また、「SEO順位が不自然に下がり過ぎていないか」という動向も気にしておきましょう。

自社サイトや販促物のURL更新とお知らせ

リニューアルしたサイト以外のコンテンツも要チェックです。

  • 今回リニューアルしなかった別の自社サイトのリンク
  • パンフレットや名刺、メルマガ掲載のURL
  • 取引先や知人への新サイト変更のお知らせ
  • 被リンクされているサイトへのリニューアルに伴うリンク変更依頼

上記のうち、なるべく新サイトが広く伝わるように様々な告知を心がけてください。
サイトの評価もされやすくなるでしょう。

■ サイトリニューアルでSEO順位を下げない注意点まとめ

たくさんのタスクや罠があるサイトリニューアルですが、SEO(検索順位)を下げないためにはスキルと配慮が重要です。
業者選びとツール選びから、どう変えていいか、いけないか、サイト公開後の注意点まで、焦らず、一つ一つ壁を超えていきましょう。
もちろん、プロに依頼するのは良い選択。

また、どんなに注意しても占いのように「絶対に下がらない」わけじゃないグレー感はあります。
必要以上な心配を減らすにも、少し知っていると安心できますでしょうか。

ちなみに、やはり「ホームページをリニューアルしただけ」ではSEOできません。
公開後もSEOを意識したコンテンツ発信が必要です。

Web制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


「ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️」
ブログ/SEO対策/ライティング・分析/HP改善ぽいのが一応の強みで、公開後も安心のサポート対応可。
マーケティング/ブランディングのバランス派(?)。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。元ダンス部👠
  • ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。
  • 全国OK(応相談)。

名刺だけ、まずはHP診断などからでもお気軽に。

現状ご相談

^