奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

【無知は危険】 SEO詐欺・自己流アクセスアップ対策の見分け方

「SEOは詐欺も怖いけど、自己流も限界。もっと自社サイトのアクセス数はアップしたいけどなぁ…」

予算を抑えたWeb集客には「SEO対策」が良さそうだけど、何が本物かわからない…。

その真実と、SEO詐欺業者の見分け方をお伝えします。

カン違い、何となくSEOを卒業して自衛してみませんか?
きちんと勉強すれば、カモにはなりにくくなるはずです。

SEOのウソ/ホント診断

突然ですが、問題です。
正しいアクセスアップ法はどれ?

  1. 毎日更新する
  2. MEO対策する
  3. リンク数をとにかく増やす
  4. キーワードを連発する
  5. サジェスト汚染がんばる
  6. ブログランキングへの登録
  7. ○○文字・100記事以上かく
  8. ブログデザインは関係ないよ
  9. metaタグにキーワード詰め込む
  10. コードや画像にキーワード等を隠す
  11. 検索結果を毎日クリックすると、順位上がる
  12. 営業してきたSEO会社に丸投げする






「あ、*番・・・」と思った人は要注意。
全て正しく「は」ない手法です。

1.毎日更新する

ホームページの更新頻度そのものは、検索順位に影響しません。

一時的にアクセス数が増えても、内容に魅力がなければ、サイトや記事の「賞味期限」が短くなってしまいます。

正解:良質なコンテンツにする

もし「2〜3記事やっと公開した」なら、まだ記事は薄くてもOK。

でも、「30記事とか書いているのに、最初とあまりアクセス数や成果らしきものが変わらず、良い記事かも不安・・」でしたら、そろそろ記事クオリティを気にしてみましょう。

人が見て価値あるコンテンツかは、SEOでも間接的に重視されています。

  • レビューがウソっぽい
  • 会社情報や、その製品を使うべき説明が不十分
  • このご時世に HTTPSじゃない
  • 写真の質が悪く、ぼやけている
https://www.suzukikenichi.com/blog/seo-and-ux/

(ざっくりですが)大規模なアクセス数を目指すなら、毎日ほど更新すべきかとは思います。そういった、目的との兼ね合いはあるでしょう。

2.MEO対策は詐欺?

「MEO対策」とはGoogleマップでお店情報を最適な状態する集客施策のこと。
地域の飲食店、お稽古教室などでgoogle mapやマイビジネスを用意するには「越したことはない」でしょう。

店舗ならMEO対策さえすれば、高額なHP制作や大変なブログしなくてもいいでしょ?

実は…【あるようでない】アクセスアップ対策です。

詐欺率が高すぎて危険

辻さんご指摘のように、【MEO詐欺・違反行為】の多いこと。。

よっぽどのご判断がつくのでなければ、関わらない方が賢明です。
なお、ご自身でも違法な「裏技」はいけません。
最悪、消されてしまいますよ・・・!

MEOもSEOも「ムリな対策を仕掛ける」モノじゃなく、いづれ駆逐されるべきとお考えください。

アクセスアップに限界が

どんなに頑張っても「Google Mapで調べ、主にmap情報だけで行こうと思ってくれる人」しか集客できません。

また、「お腹すいたからいい感じのお店は?」「病院に行かなきゃ」など必要なタイミングでなければ、あまり使わないツールです。

費用を抑えた「とりあえず」のPRには良いでしょう。
ですが、イメージやブランド力を上げたり、事業拡大したい、Map登録したけどうまく行かないなら、もうMap頼みじゃない方がオススメです。

3.大量に被リンクさせるのは詐欺

アウトーーー!!!!
「意図的に不自然に大量に貼る外部リンク」はやってももう無駄です。
(*特に存在意義のないダミー的なWebサイトに、自社サイトへリンクするなど。)

検索エンジンも、リンク数「だけ」でなく信頼性なども判断しています。

Google公式でも違反な、有料被リンクの売買。SEOには逆効果です、残念ながら!!

有料リンクをGoogleに報告する必要がある理由

また、「他のサイト等にコメントで(被リンク狙いで)リンクを貼ってアピール」も、辞めましょう。

正解:被リンクされる記事を書くコンテンツSEO

「ぜひ紹介したい」と自然にリンクされ、被リンク数が増えているなら、もちろんOK。

できるのは、良いコンテンツを書くこと。
「企業サイトから自社販売サイトへリンクを貼る」など自然なリンクは、大丈夫です。

やや正解:SNSを伸ばす

SNS活用も、アクセスアップに効果的。

記事の自力シェアはもちろん、フォロワーさんがRT・いいねしたり、何か言及してもらえると、その人をフォローしている人たちにも届きます。

SNSでの拡散は直接、SEOに影響しません。SNSのリンクは、ほぼ「リンク先に評価を流さないタグ(nofollow)」が入っているからです。
でも、拡散により色々なWebサイトで知られやすくなって被リンクされるなど、間接的にSEO効果が見込めます。

 

1: 顧客候補のフォロワーを増やす

手当たり次第でなく、ターゲットになりうる「良質な」フォロワーさんが増えるよう頑張りましょう。

 

2: シェアボタンをつける

よくブログ記事の上か下の方に並んでいる、Twitterなどのシェアが簡単にできるボタンです。
自作サイトだったり、特に気にせずWeb制作依頼したら、つけていない可能性もありますので、ご確認を。

もしなくても、ブラウザのアドレスバーをコピーして呟いたりしようと思えばできます。

でも、そんな面倒なことしますか? しませんよね。。
そこで地味ですが、最低限のアクセスアップ拡散対策は、拡散しやすい環境を整えておくことです。

 

3: アイキャッチ画像

記事に合わせた独自のヘッダー画像(OGP画像と言います)を設定しておきましょう。
OGPをきちんと設定したら、SNSでシェアしたとき、リンクとタイトル文言だけじゃなくなり、画像と共に記事を紹介できるようになります。SNSのたくさんの投稿の中でも、一目で個別の記事を伝えられます。

できるだけ記事に合った、高品質なアイキャッチ画像が効果的。クリック率が変わってきます。

 

SNS対策の注意点

ブログや自社ページが簡単にシェアされる訳ではありません。
大量の魅力なコンテンツの中から、拡散する意義や目にとまる必要があるからです。

それでもSNSは少なくとも、アカウントやコンテンツに注目度が高まったり、認知アップ効果はあるでしょう。
記事クオリティなどが上がった頃、そうした地道な運用が効いてくることも…。

4.キーワード連発はSEOにならない

文中のキーワード数や比率が重要とか、見出しにキーワード入れまくる…などは完全に終わったSEO対策。
キーワードだけでは評価されません。

SEO狙いの不自然なキーワードの多用は、ムダだからやめましょう。

人にも自然で高品質な文章を

普通に文章を書けば問題ないはずです。まずはこれだけ。

テーマを丁寧に掘り下げたブログはとても喜ばれるでしょう。
お客様の悩みに答えていけば、無理にキーワードを使わずとも、繰り返し使っているものです。

まずは、「人にとっての価値」を目標にしてください。

長文SEOの注意点

わかるとは思いますが、

  • 長文がそのままSEOになるわけではない。内容次第。
  • キーワードは、それなりに使う。
  • SEO対策のためだけの長文は、人に嫌われます。目的を忘れずに。

「詰め込んだだけではダメなんです」は間違ってはないものの、【適度なSEOライティング】は意味があるモノも。

5.サジェスト汚染させるのは詐欺😱

「サジェスト汚染」とは、グーグルの検索結果画面に出てくる「関連ワードの提案」エリアに、ありもしない悪評、逆に人気イメージを操作したいために、「サジェストワード」に出るようゴニョゴニョする違反行為のこと。
やろうとしたあなた、即刻やめましょう・・・!

勧めているっぽいコンサル(?)も見かけ、本当に心配です。
なお、不適切なサジェストは「削除申請フォーム」からgoogleにチクれます。
詳しく説明できないと通らない可能性もあり、慌てて雑な報告にしない方が無難です。

もちろん良識ある判断で活用を。

こんなコトでキーワード候補に出たところで、HPの魅力、ブランドや発信の魅力などが弱いと、どうせ離脱されまいますので無意味。

参考

サジェストで1位に表示するといった、明らかにガイドライン違反の営業は、どこに通報すれば?

【回答】窓口はないので、金谷さんのDMに直接送って欲しいとのこと。
検索結果のサジェストに関してというお話であれば、検索結果に表示される「不適切な検索候補の報告」よりフィードバックを送ってください。

https://www.youtube.com/watch?v=YoSn9FFY28c&t=821s
https://ischool.co.jp/2020-02-03-webmaster-office-hours-20200130/

Gogoleオートコンプリートの削除ポリシー
・https://matome.naver.jp/odai/2141681736875877201

6.ブログランキング登録は無駄かも

今は、あえてランキングサイトに行くより、検索やSNSで、十分情報収集できます。

さほどSEO効果・アクセスアップにはなりません。
ランキングサイト上位狙いもラクじゃないでしょう。

また、どうしても読者や顧客を探している人が集まりやすく、理想的なアクセスの獲得にはなりづらいです。

*当ブログでも、ひっそり検証済み。
 「リンクだけ設置して放置」が無駄なのはもちろん、手間暇かけるほどでもないかと。

7.2000文字・100記事以上かく

文字数、記事数だけで判定されません。
でも「訪問してくれた人の悩みに、きちんと答えるような記事を。」と思ったら、結果的に充実してきますよね。
また、更新頻度を上げるために記事を複数に分割しても、SEO効果は薄いです。同テーマは1記事で疑問をしっかり解消してあげましょう。

文字数よりも「必要十分」な方がSEO的にも大事です。

8.SEOにデザインは(間接的には)関係する

デザインなんて関係ないよね?良い記事書けているから、SEO対策は十分でしょ。

SEOには直接は関係ないと「言えなくは」ありません。
でも、訪問者がすぐ引き返したくなったり、デザインのせいで「あまり紹介したくないな…」と、拡散されにくいですね。間接的には検索順位でも評価されにくくなるでしょう。

それなりのデザインクオリティがあれば安心。
芸術性の前に、「設計がきちんとしていて、プロ仕様である」ことが、まずは重要です。

9.metaタグにキーワード詰め込む

かつて、「meta keywords」というタグにキーワードを入れれば、検索順位にも少し有効だったらしいですが、もう何年も前から、SEO効果はゼロになりました。過去の異物。
今、自分のホームページにはいっていても特に消さなくても良いですが、あえて追加するメリットはないです。

10.キーワード隠しは太古の偽SEO!

人間にとってはほぼ無意味なリンクを貼りまくったり、
極小フォントサイズ、コードや画像にキーワード等を隠す・・・など、「キーワード羅列」が良いなんてのも嘘です。そんな考えは終わりにしましょう。

ちなみに「altタグ」は、「画像が見られない時に、画像の内容について説明が必要な場合」のみ、適切な説明テキストを入れるだけで構いません。

11.検索結果を毎日クリックすると、SEO順位上がる

上がりません。検索順位とクリック数は無関係!
詐欺というか、時間の無駄ですのでコンテンツ作りを考えてください。

SEO業者に丸投げ [詐欺かも。]

「楽して検索順位だけあげたい」と依頼すると案の定…という事例、私も知っています。。
レベル感や信頼性をよく見極めてご判断を。

別にトッププレイヤじゃなくても怪しくはない(私もそのつもりはないです)ものの、「過剰演出」に気づけますことをお祈りするばかりです。

SEO対策は、「ちょっと知識があれば、低価格でも手軽に結果がでる」ものではありません。
また、SEOテクだけでももう限界です。

見分けるのは、今や相当に難しいでしょうけれど・・・・。

参考

実録ブラックSEO、詐欺は契約で合法となる

SEO詐欺1.何もしない系業者

  1. ご契約中は、「●●+□□」というワードで上位保証!
  2. ツールやリンク対策するので上がる(リンク量産用サイトからの低品質リンク)
  3. 対策した記事(だいたいゴミ記事)をアップしますので…
  4. SEO内部対策を施したので、放置でOKです
  • 日記レベルでも適当に更新するだけで、などと運営が楽そうに見せたり、あなたご自身では何もしなくていい
  • というかSEO業者も何もしていない??
  • 解除したらすぐ検索順位が下がる

ような【SEO対策】はSEOではない「何か」と思われます。
基本的に、放置や質の低いコンテンツで効果がでることはないからです。

胡散臭いポータルサイトを量産して被リンク・・・とか、業者の知識が薄くても「結果的に順位アップしてしまう」ような簡単なキーワード1セットとかの保証(??)だったら無視しましょう。

SEO詐欺2.マイナスを0に系

SEO対策は、「マイナスを0に」「0を1以上に」などやる内容によってできる効果は変わってきます。
なのに、

  • 対策ずみです。
  • 1ワード順位を保証!月額何円!

こんな事を言い出したら、

・「HTMLを最適な作りで作ります」
・「●●業界のSEO効果が高いテンプレートを使用」

「ノウハウで上げている風に言うが、ほぼ何もしていない詐欺」かも…。

このタイプは「サイト作りの際、絶対やめたほうがいいこと」はどうにか叶っても(-1➡️0)、サイトを育ててアクセスアップしていったり、顧客にサービスやブランドを伝えたり…(0➡️1)が苦しい状態。

その方のSNSやブログ内容、クオリティはどうでしょうか?矛盾や隠し事は?
よくご検討を。

SEO詐欺3.低スキル系偽インフルエンサー

  • やたら「SEO推し」
  • ちょっと調べただけのあやふやな発信

コンサル自身も現状満足してしまう難しさもあり、結果的に問題になるタイプでしょう。

スキルが一定レベルないと、結果がかなり不安定。
全て「詐欺」かというと、格安業者などコストが妥当なら、期待感とミスマッチしているだけ、とも考えられます。

「とにかくなんでもSEOできるんです!」
「SEO対策って最高!SNSは要らないくらいかも」

異様なSEO至上主義やスキルのアピールは、集客を検索だけに依存する限界を知らないのかもしれません。

*安くて結果も出て・・なんて、都合のいい話はありません。

情報「だけ」のSEO詐欺

無料記事でありふれたSEOの基礎理論を流すだけ…ってSEO業者もいるようです。
なぜそうなってしまうかというと、本人はほとんどその内容を実践できていなかったり、本来の意味での「コンサル」ができないからでしょう。

で、【当社だけのSEOテク】などと不審な情報商材を売りつける結果に。。

世の無料コンテンツも人が手をかけているので価値があるんじゃ?という面もあるものの、悪意があるというケースを想定しています。

偽SEOや違反行為をさせる

ご覧いただいたような、効果ないか違反SEOをさせたり、「更新しないから検索順位上がらないんですよ〜」などいう割に、アドバイスはそこまでで、フワッとしたモノばかり。。。

当てはまったら、SEO対策の知識が怪しいコンサルだとみられます。

詐欺SEO会社、解約したらどうなる?

では、SEO詐欺業者と契約してしまったら・・・?

法律的にはこのような記事をご覧いただくと良さそうです。

「不審な被リンクで上げていた」「ゴミみたいな記事でカサ増ししていた」などは、解約によってそれらが削除された時、評価・ランキングがダウンしてもおかしくありません。
対処すべきタスクがある場合もありますが、詐欺業者さまを解約したのちは、基本的にSEO対策の【正当な】やり方でWebサイトを育てなおす流れになるでしょう。

■SEO詐欺業者を見分け、自己流対策も卒業!

以上、全部ダメ・詐欺かも・・・というオチでした。
筆者としては、「このくらいわかる」人が多い方がホッとしますが・・・v

  1. 更新頻度・文字数・記事数ばかり固執しない
  2. 自演/大量リンクじゃなく自然な人気をアップしよう
  3. キーワード連発やサジェスト汚染は無駄
  4. ブログランキング登録は効果薄い
  5. デザインはそれなりに関係する
  6. SEO用にキーワード等を隠さない、詰め込まない
  7. 検索結果を毎日クリックしてもSEO効果なし
  8. 「SEOできます」は詐欺業者だけでなく、本人の意味するレベルも様々なので注意!

SEOは自力で学べますが、理解度や吸収度はものすごく個人差が。

自己流の無駄な対策も、SEO詐欺業者の言うままも、少しづつ卒業いただけると幸いです。
理解が難しそうなら、ぜひご相談ください。

Web制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


「ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️」
ブログ/SEO対策/ライティング・分析/HP改善ぽいのが一応の強みで、公開後も安心のサポート対応可。
マーケティング/ブランディングのバランス派(?)。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。元ダンス部👠
  • ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。
  • 全国OK(応相談)。

名刺だけ、まずはHP診断などからでもお気軽に。

現状ご相談

^