奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

企業ブログの文章構成と書き方 〜もう日記と言わせない!

企業ブログの基本文章構成って??」
「自己満や日記じゃ売れない気はするんだけど・・・」

伝わるビジネスブログの構成を身につけ、集客できる書き方をマスターしませんか?

スポーツも商用ブログも「とりあえずやろう」の根性モノでは、いつまでも成果につながるようなレベルアップができません。
いつか疲弊してしまうかも・・・。

ぜひご参考になさって書いてみてくださいませ。

初回ブログの書き方【どこから手をつけるの??】

Step0.強み伝わる!プロフィール欄の書き方@フッターやサイドバー

初めてのブログは、まずは著者プロフィール欄から整えていきます。
たとえ記事に魅力を感じても、「どんな人・企業」が語り手かはチェックされるからです。

  • 怪しくない?
  • 個人の趣味の立場なのか、何かのスゴい専門家なのか?
  • 人柄や趣味は?

など商品やブログ内容で変わりますが、「分かったように書いてあるが、個人の感想で根拠が薄い」と信頼を失います。
だから、安全なら安全、どういうポジションで発信している…などの要約を載せてください。

お客様を引き寄せるプロフィール

  • 氏名やハンドルネーム、会社名
  • 専門分野、得意、強み
  • 性格
  • 趣味
  • 自分のSNSアカウントへのリンク

以上をもとに、箇条書きや改行を工夫してコンパクトなプロフィール文を作ってみましょう。

「合格」プロフィール文の秘訣は、見込み客から見て分かってもらえそうな強み/資格にとどめ、お客さんのストレスを下げるコト。
どんなに輝かしい資格でも、同業とか既に始めている相手じゃないと「すごさ」が伝わらないリスクも潜むのです。

「でも、**は書いておきたいんですが…」なら「**」の良さが通じるような書き方の工夫が必須です。

Step1.ブログ初回の書き方

ブログ初回の話題は、自己紹介系で慣らすか、以下で説明する「書き方」を練習するなら読者の設定から順に進めてみるかの2パターンから選ぶといいです。

後者だと、「自社商品に関わる内容で、よくある悩み」について書きます。
お役立ち系で簡単なのは、ランキング・まとめ・本の紹介などです。
とりあえず「無から有を生む」が分かりやすいはず。

初回のクオリティはひどいもんですw なので、断腸の思いで公開しましょう。
初回でも叶えたい品質は以下6つ。

  1. 1000文字〜2000文字はある
  2. 1記事が「だいたい」1テーマ
  3. 項目ごとブロックで構造化できた
  4. 初歩レベルの読者像は描けている
  5. 想定読者が顧客向けのビジネスブログ
  6. 伝えたい主題が、第三者にも一応は分かりそう

Step2.初記事ではやらなくていい書き方

意外かもですが、ブログ記事には緻密な読者像が要らない場合も多いです。
エモいエッセイみ溢れるブログとか、おしゃれ丸の内女子ウケ狙い…とか、目的がブランディングよりだとちょっと細かめですかね。

SEOやってみたい人でも、初回はゆるゆるSEOで構いません。
というか独学だと、まだまだ理解が悪い時期は確実に緩くなります。

じっくり調べながらじゃないと書けない話題は、今のあなたは書いちゃダメ!
なぜって、調査だけでもきつくて挫折するからです。
「全てにおいて自信ない」方も、例のような精神的にラクな話を書けば、心も穏やかに、早く書き終わりますよ。

企業ブログの仮タイトルを決めよう

書く記事の主旨を決め、とりあえずでいいので仮タイトルを作っておきましょう。
タイトルには、「主題文言」「検索キーワード」「結論や解決内容イメージ」あたりを盛り込んでください。

どういった主題なのかキッチリ決めなければ、記事は脱線します。

見出しを考えると、あらフシギ!文章構成の土台ができちゃう。

効率よくブログを書くには、最初にだいたいの見出しを作ります。
書き始めると分かるんですが、文章をちびちび思いついたとこから埋めるのは、意外にバッドアイデア。

なので、動画の絵コンテを作る感覚で、早めに枠組みを決めるべき。
そのアウトラインが「見出し」ってワケです。

ブログに見出しって、要る?

要ります!

もしあなたが「超洗練されたエッセイのような文章」を書け、十分なファンがいたら、読みにきてもらえるかも。
でも、そうでない98%のケースでは必要です。

延々と文章が続くと読みづらく、ホームページなどネットでは特に途中で諦められやすいからです。
人がWebページを見るとき、最初から律儀に読むのでなく、超高速でざっとみて「見るべき」ものメインに読み進められてしまいます。

SEO(検索対策)面からもそれなりに有効です。

ブログ見出しの構成

全体を

  1. 導入文
  2. 理由
  3. 説明文
  4. 補足
  5. まとめ・結論

のような感じで論理の流れを作ってあげると、比較的わかりやすい文章が仕上がります。
まとめレビュー記事やインタビューなどで、例外はあります。

ブログ本文を書いていこう!

さぁ、あとは見出しの流れに沿って、内容を書くだけ。書くだけです。。

「ナニカイテイイカワカラナイ・・・・・・😇」

そんな方に少しヒントを。

ビジネスブログでまず扱っていただきたいブログ記事は、お客様とお客様候補にとって有益なお話。
自分の知識やキャリア、会社の強みを活かし、以下3タイプの読者層に向け

  1. 何かを知りたいお客様未満(潜在顧客)
  2. 悩みを解決したいお客様候補(準顕在顧客)
  3. 比較/検討段階のお客様候補(顕在顧客)

お客様の悩みを導くように、噛み砕いて説明しましょう。

ブログ文章構成のコツ

見出しに書いた内容と論理展開を思い出しながら、各セクションに当たる本文を作りこんでいけばOKです。

競合ブログはあくまで「参考」。感じたことを自分なりの言葉で伝えましょう。

運営初期はあまり差別化できませんが、独自の画像、自分に合わない言葉は合う言葉にしたり、他者の記事より親切に説明したり、と簡単な工夫だけでも、最低限のオリジナル性は確保できてきます。

その上で、フレンドリーな口調にして親しみやすくしてみたり、軽妙な表現や個性的な切り口などができれば、ベネフィットをより明確に伝えたり、新しい可能性を広がったりも。

ですが、まずは伝わる工夫・勉強と「商品/サービスなど素材力」といったハード面が優先です。

ブログ導入文を書こう

読まれるブログに意外と欠かせないのが、【導入文】。
でもWebでは離脱されやすいエリア。そこで、そこそこ全体像が見え、質のいい書き出しにするのが吉です。

最低限、「何の記事か」「どんな人向けか」「読むとどうなりそうか/結論」の3つの観点をベースに端的にまとめましょう。

導入文の例

私のホールド、崩れやすいのって枠が弱いから?

ホールド崩れの原因は、実はたくさんあります。このチェックリストで、あなたの課題を切り分けることができます。(*例は雑です。)

理由・説明を書こう

ここでは
・どうしてそういうことが言えるの?
・どうやったらいいの?

の受け皿となる文章を作っていきます。

ターゲットが自分に重なるなら過去の悩んでた自分、自分以外ならそのテーマでよくあるつまずきを思い出しつつ。

「理由」の例

原理がわからないことには、安定したホールドはできず、行き当たりばったりになってしまうからです。

まず、お一人でやっても再現するのか、それとも、組むときだけ起こるのかを見きわめることで、練習の方向性が見えてきます。

「説明」の文章例

どうやってチェックするの?
「枠」「足の使い方」「コンタクト」「距離感」「頭部」・・・の●つを見ていきます。

まず、シャドーで〜〜〜、次に〜〜します。。。。

文章を整えよう

1.見出し、文章を整える

さらに伝わりやすくするため、余分な説明を省いたり、表現を見直すとブログ記事のクオリティは上がります。離脱を防ぎ、紹介されやすくなっていきますので、余力ある方は丁寧に作り込みましょう。

2.ブログタイトルを見直そう

・キーワードの羅列/やりすぎになっていない?
・「どんな状況/人向け」の「何」が書かれているか想像できそう?
・そもそもキーワードは使っている?
・ターゲットの興味をひく?
・あえてクリックしてまで読む意味あると思ってもらえる?

できれば、上記のチェックリストは(いちおう)満たせるのが理想。

まずは「わかりやすく」「なんの事かだけでもわかる」レベルの記事タイトルを目指しましょう。

企業ブログの文章・構成全体を見直そう

矛盾やその考えでいいか、誤字・脱字など最終チェックを行いましょう。この段階で、よりよくできそうな部分があれば改善を。
(ただ、ほどほどにしないと永久に公開できませんが・・・)

いつしか文章が本題とブレてきていませんか?ここで一通り見ておくのがオススメです。

ネット上には無数のwebページがあるから、選ばれないといけない…というところですね。
タイトルのクオリティアップは、一応「いいね」だけして読まない、文章改善は、(表面上アクセスしたけど)チラ見して終わり、といった事態を軽減したりもできます。

SNS流入だけでは(基本的には)限界もあるものの、明らかな取りこぼしを減らす意味は、非常にあります。
どんなに頑張っても、元の中身以上の成果は出せませんが。。

読みやすいセクションか確認しよう

【見出し+文章】のブログ構造をお勧めしたのは理由がありましたね。
そう、離脱させない読みやすさを確保するためでした。

1セクション(【見出し+文章】の塊)に、説明書のように文章びっちり…😨
では、せっかく整えた章立てが台無しに。

そこでもう一度、

  • 詰め込みすぎた1文
  • 必要以上に尾ひれをつけて長文になっていないか
  • 無関係な脱線
  • セクションの趣旨と外れる記述はないか
  • (必要な文章なら)セクションを分けたほうがよくないか

を見直すと、ぐっと伝わりやすくなります。

読みにくい例文

弊社は、この特許技術で、新時代の何とかソリューションを打ち立てるべく、細部にまでこだわって研究を重ねた、新商品ポニョラを開発することに、ついに成功しました。2020年10月1日より、全国の〜対応店舗にて、販売を開始させていただく予定で、つきましては、販売開始を記念いたしまして、●●●キャンペーンを実施することとなり、ご来場者様に〜をプレゼントして行って参り、●という店舗から先駆けて〜イベントも行います。

文章のダメなところは・・・

  • 1文長すぎ
  • 点が多すぎ
  • 改行と段落欲しい
  • 今回の文章目的だと、壮大なストーリーはコンパクトが良さそう

です。

読みやすいブログ例文

新商品**発売記念キャンペーン!【来場者全員〜プレゼント】

2020年10月1日より、新商品**発売を記念し、来場者全員〜プレゼントキャンペーンをスタートします。
対象店舗は全国の〜対応店舗のみ。
また、記念イベントはA店から開始。順次、各店を巡回致します。

新商品の見どころ

特許技術「〜〜」を使って叶えた●●により、〜の課題をスッキリ解決いたしました。

文章3〜5行以上から徐々に「重く」なってくるので、

  • セクション内で段落を分けて「余白」を作る
  • 句点(。)末尾の改行を、一部入れてみる(全部は不要)
  • 文章を一部削除する

など、読む人に配慮して調整しましょう。

*「〜、」など読点の改行はスマホやタブレットでズレてきてしまいます。このためWebライティングでは、ほぼほぼ改行しません。

ブログにアイキャッチ画像を設定する

本記事冒頭にもある、シェア用画像をデザイン、もしくは写真素材などで用意し、(ワードプレスの場合)「アイキャッチ画像」に設定しましょう。なるべくいつも同じ写真やいい加減な画像にせず、記事内容に合わせたものにしましょう。

なくてもいいですが、「記事を紹介されやすくするには必須」と言っても過言ではありません。なので、こちらも絶対的なことは言えませんが、画像選定、加工や表現スキルのある方が当然伝わりやすくなり、有利です。

■ 正しい企業ブログの文章構成で、信頼される発信を

あげたブログの文章構成は、ほんの一例。

ですが、初心者さんがオリジナリティあふれる書き方をされると、短文が限界だったり、記事の方向性がぶれぶれだったり、と時間のロスが大きくなっちゃいます。
「慣れれば、いつかいい感じに書けるだろう。」と勢いだけで突き進むと、同じ期間をかけても薄い気づきしか得られません。

一応のお作法通りにできてきたら、少し外した構成でも「伝わる」ように書けるはずです。

私どもも「ブログは良い文章でなくともいい」とはお伝えしておりますが、お客様とすれ違ってしまう「足切りライン」も。
伝えようとしている文章がスムーズに届きますことを、心よりお祈りしています。

・・・難しそうですか?(愛ある)ご意見・ご感想もお待ちしております。

ブログマニュアル 書き方からSEOまで

ブログ, ブログ集客

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング)対応のホームページ制作とブランディング。
お気軽にご相談ください。名刺、集客診断だけでも。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。カート選定からもご提案可。
  • 元ダンス部₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^