奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

ホームページ運営サポート/SNS運用代行会社の保守費用相場と必要性

ホームページ運営サポート必要

集客効果やブランディングの改善は、ホームページ運用力が鍵。

いくらきれいなホームページ制作をされても、集客やサービス向上は必要です。

  • ホームページ運用って、何してくれるの?
  • 今の業者の保守契約の作業内容や費用ってどう?。
  • Web運用代行フリーランスなら、サイト運用は何も社内で考えず、まるっとまかせられる?

Web運用で効果を出すにも、運用契約上のリスクを避け、自社の期待過剰も抑えるにも基本的なスキル武装はおすすめです。

ホームページ運用支援のメリットと発注力を高めるWebコンサル依頼、当Webサポートの考え方をまとめて解説。

SNS運用代行フリーランスの問題、保守費用の相場とコスト削減のコツまでわかります

ただの保守?ムダなホームページWeb運営業者契約の事例

Webサイト運営のサポート内容は、料金と施策によって、適切か変わります。
ホームページ運営をサイト維持のための「保守管理」だけで考えるのは大きな勘違い。

  • サイトやサーバ等の更新管理
  • CMS(WordPress等)やホームページ表示、システムメンテナンス

ホームページのちょっとした更新も年1〜2回で「システムやサーバ管理」程度に高額な運営費……。

「運用契約費用は高額なのに、ワードプレスのアップデート(システム更新)くらい。」といった話も実際あるようです。

Web運営/保守契約書やプランのチェックポイント

Web運営サポートの契約前に、必ず以下の点はご注意ください。
保守契約だと、ホームページ向上に関しては業務外な会社が多いはずです。

HP運営・保守契約の注意点

  • フォロワー数、PRに惑わされない。
  • 有意義な運営プランか、一定の判断ができる。
  • 契約内容が、いわゆる保守とよく理解できている。
  • 該当ホームページ運営プランの、他のWeb運営サポート会社との違いをおよそ承知できる。

保守サポートではホームページは伸びない

△ 最低限の運用サイトの例と、Web運用により検索表示数とクリック数が連動するサイトとの比較。

webサイトメンテナンスだけでホームページのマーケティング成果なんて、伸びません。
自社サイトの売上が増えない理由は、単に効果的なWeb運営ではないからかも。

web技術はともかく、CMSの初歩メンテナンスくらい内製化できうるのになんとなく維持費を支払い続けていたら……。

ホームページ運用せず、事業ができる理由

とはいえ、放置でホームページ自体は成果がないか、多少Web経由で売れている会社ってホームページの価値が低い?…いえ。

  • 商品力
  • 成約率
  • 登録サイト、SNS
  • 高アクセス記事が厳選されている

などの影響です。

ですが、現ホームページが最高の状態か?は不明な上、気づけばゆっくりと衰退するリスクも。
現状の危険性はなんとも言えません。

「専用システム保守費用」はシステムサポート会社に見積もり

専門システムの保守費用の相場は、逆に維持費だけで高額になる可能性も。
自社ホームページシステム・依頼すべき課題は整理し、合う業者にお見積もりください。

レンタルカート以外の通販システムなら、保守管理で数万円〜数百万円に及ぶことも。

運用で伸びたホームページ事例

運用施作の変化例。

ホームページ運用で、滞在時間が伸びた事例。
今回の施策の上昇は知れてますが、放置ホームページでは、無風です。

「SNS/Web運用代行フリーランス」って依頼してはいけない業者?

知識なく的確なSNS運用代行フリーランスに依頼はできません。

依頼先がカタチだけ伸ばす、SNS投稿や広告出稿の低レベルなフリーランスなら、契約解除が賢明かも。

SNS運用代行に依頼すると比較的良いと思える企業様は、「見込み客がSNSに多く、あとは集客だけフェーズ」、または、割り切って運営代行のみ契約のいづれかです。

SNS運用代行フリーランスとは?

SNS運用代行フリーランスとは、アカウントを伸ばせてSNS運営も任せられるパートナー型と、主にいいね周りなど上辺の成果重視の「SNSクリエイター」型サービスの2種類。
類似サービスの「Web運営代行」はタスク系で、Webコンサル系は各社のサービス定義は多様です。

「優良業者の」運用代行のメリット

信頼できる運用代行会社なら、自社のリソースがあまり取られず本業に集中でき、安定のクオリティで定期投稿されます。

契約サービス次第では、プロのWebコンサル・分析も受けられるメリットも。
あくまで、「優良業者の」運用代行のメリットですが。

Web運用代行に依頼するデメリット

運用代行フリーランスや企業に依存すると、仮にいい支援サービスでも、自社運営力がつかないのがネック。

また、依頼先のSNSアカウント運用は様々な制約から自社の特性を発揮できない可能性も。

SNS運用代行に限れば、「無料でちょっとツイートすればバズってホームページの売上もすごい。だからまずSNS!!」→幻想です。
SNSよりSEOが格段に集客良かったり、商品等が課題だったりも…。

以下は、SNS運営サポートサービス内容の比較例。

SNSアカウント運用代行サービスとSNSクリエイターの比較

一般的なSNS運用代行の初期費用・月額・プランの「業務とスキル」は会社によります。

…ただ、「SNSクリエイター」と違い、「いいね周り」「フォロワー増を単に成果とする」なんて1mmも出てきません🤣

一般的なSNS運用代行👼

作業系

  • ツール導入
  • 投稿の作成
  • コメント対応
  • アカウント開設
  • リツイート代行

提案系

  • 目標設定
  • SNS企画
  • 広告運用
  • 運営ルール
  • アカウント設計
  • アクセス解析
  • タグ選定・検証
  • レポート、打ち合わせ
  • フォロワー属性分析
  • 撮影・投稿画像
  • リサーチ(トレンド、ペルソナ、競合、ソーシャルリスニング)
SNSクリエイターらの作業例😱
  • コメント・フォロー周り💢
  • 日報、打ち合わせ

程度で月3万、上位プラン(月5〜10万)でやっと

  • タグ選定
  • モデリング先リサーチ→??
  • 1投稿
  • DMなど🤮
がつく、と掲載。

SNS代行プラン・SNSクリエイターが怪しい理由

「正直SNSもブログもやりたくないし、専門的な業務では?」。

……

  • 「一ヶ月で1000フォロワー」
  • 「毎月100リスト増」

…と威勢のいいSNS運用代行プランには、以下の致命的デメリットが…。

1.代行費用対効果

月額3〜10万円あれば、フリーランスのホームページ情報発信コンサルでWeb運営全般の内製化を目指すほうが中長期的メリットが高く、安い。

SNS運用代行フリーランスは、SNS画像もほぼ自作か格安依頼で、作れるクリエイティブレベルや成果が限定的になります。
Web/クリエイター系フリーランスなら自分がデザインできたり、イラスト・文章など別スキルのクリエイターとつながっている人も見つかります。

2.認知活動w は逆効果

彼女らのいう認知活動(?)は全て(!)される側にはかえって逆効果に。
エンゲージメント率や好意度が下がる運用なんてSNS運営のメイン戦略にはなりません。

「SNS開設初期や、気になる人へのアクション」ならともかく、運用代行に費用をかけたり、自力でも過度に時間をさくほどではない運営手法。

どうしてもSNS支援フリーランスを検討なさるなら、なぜ機械的な交流で伸ばすのか、定例はどんな報告か等をお聞きください。

運用代行を受けたアカウント成果( )のため、フォロワー数の類を吊り上げるフリーランスは、アウト。

3.リサーチとは名ばかりのSNSアカウント運営

全てのWeb運営に必須のリサーチ。
でも「モデリング先〜」って何?察するに「ただの投稿マネっ子調査」という定義な疑いが。

SNSクリエイターとやらの量産的な印象からも、SNSクリエイター取得講座自体も「微妙」かも。

SNSクリエイター資格は就職にも無意味。独学で十分

SNSクリエイター資格は、価値も認知度もないと思います。
口コミもSNSクリエイターゴリ押し側が多く、信用はされなそう。

妙なSNS講座にコストかけるよりは、独学が安全。

比較的安全なSNS運営サポート/代行の特徴・選び方

効果を出す、ブランディング向上といった触れ込みなら、以下のようなSNS運営会社が無難。

  • リサーチは当然
  • レポートが多面的
  • 企業のWeb運営実績
  • 訴求の違いがわかる
  • 独自性が出せる or 提案できる
  • 突然、SNS資格だけ取ったのではない
  • フォロワー買わない・ムリに伸ばさない
  • 成果の定義がフォロワー数・いいね数ではなく質も重視

フリーランスでなく「企業」の運営・代行実績

フリーランス・個人零細事業主をターゲットとするフリーランスの運用代行には要注意。
「案件運営中」とあっても自称もできる上、なぜ低価格のフリーランス向け運営代行を疲弊しながらやるかは明白では?

月額3万円の運営代行を本業とするには、月10件以上のSNSアカウント掛け持ち必須のはず。
当人のSNSアカウント運営も考えると…。

めちゃくちゃキツいか、軽い作業だけかどちらかが相場では?と考えます。

運用代行より「パートナー」がおすすめ

有名SNSマーケティング会社への依頼だと、高額に…。

そこで当方は極力、「運用代行」よりコンサル・研修型のWeb運営サポートがおすすめです。

ホームページ運営サポートに強いWeb制作会社の費用比較

ホームページ運営サポート、依頼を考えてはいるが、検索結果に並ぶおすすめのWeb制作会社がうさん臭い」なんてこと、ありませんか?

そう…運用支援業者の判断軸をあまり伝えきれていないコンテンツも多いです。
そこで、本記事はホームページの管理維持と改善の違いから説明しています。

本項では、支援会社タイプ別で運営費用と運営サポートの中身を解説。

オウンドメディアで有名なA社

自社ブログで有名。面白いコンテンツからビジネスブログまでカバー。

アクセスを高めるる記事作成が期待されます。

格安ホームページ運営サポート業者

SEOやSNSスキル、運用サポートの定義が業者によりまちまち。

月額ホームページ運営費1〜2万円のような安いホームページ運営サポート会社だと、ごく簡単なブログコンサルくらいかと。

本格的なHP運営の依頼は難しいものです。

「楽に成果が」「解約不可」の安いホームページ管理のリスク

  • 半永久的サポート契約を強要
  • 制作費・初期費用が無料/格安、運営費の値段で釣られた。
  • ホームページ運営は、どの会社も同じと思った。
  • 「格安ホームページ管理費で、作業ゼロで検索上位を維持!」と言われ、運営が楽そうでつい
 

なんてwebサポート業者は、要注意。

小規模事業者のため初期費用を抑えている、良心的な業者/フリーランスは全くいないか?について断言は難しいのですが…

ホームページ運営費用/維持管理費相場とおすすめ支援内容とは

実際のホームページ運営費用/維持費の相場と、WebサイトやSNSが「伸びる」ためのおすすめ支援内容の考え方はこちら。

記事の都合上、「運用代行」と「ホームページコンサル・指導」2タイプまとめて、月額費用相場をご案内しています。

自社/自作個人ホームページの維持費はサーバとドメイン代のみ

自分でホームページを管理できれば、維持費はサーバ・ドメイン料金、社内スタッフの運営費だけです。

「ホームページ保守管理」の運営費用相場は月額2万円まで。

HPメンテナンス中心の「保守費用」なら月額2万円くらいまでがフリーランス・中小の相場です。ホームページの基本的な「保守」維持管理価格としては、妥当かと。

「保守」程度の管理内容では、「効果を高める」マーケティング成果は期待できません。
格安運用費用のホームページ保守でできることは、ごく最低限です。コスト削減はよくご検討を。

ホームページ修正費用相場は数万円まで個別相談。

テキスト修正更新のようなホームページ修正や、バナー作成のようなスポット制作依頼を受ける会社も。
費用相場は1件数千円〜数万円です。

フリーランスのホームページ運用代行費用相場は月額10万円以下

「軽めに情報発信がやりたい」企業さまに近そうな費用相場は、最低月額5〜10万円代の管理費に。
中小Web運用コンサル業者やフリーランスが選択肢となります。

大手ホームページコンサルの運用代行費用相場は数十万円〜

また、月額30万円以上の運用費なら、本格的なWebコンサルティングや運用代行で、著名なコンテンツ、SNSマーケティング支援会社のサポートも叶います。
リッチな効果測定やWebサイト改善、SNSキャンペーン企画に。

*業者によりサポート内容は異なるのでご注意を。

信頼できる、大手有名SEO/SNSマーケティング会社の運用代行業者やコンサル費用は本来、高額。

SNS運用会社名特徴/運用費用
テテマーチ株式会社
  • 大手実績の豊富なSNS運用支援や分析ツールの提供で著名。
  • (最安プランでコンセプト・運用マニュアル・投稿管理・運用レポート・定例ミーティングまで)
  • 最低初期費用:50万円、月額費用:40万円〜
ソーシャルメディアラボ
  • JR系など確かな支援実績のSNSマーケティング会社。
  • SNSアカウント運用代行、コンサル、広告。
  • お見積もり
コムニコ
  • 大手支援実績の豊富なSNSマーケティング会社。
  • SNSアカウント運用代行、コンサル、広告。
  • 最低月額費用:コメント監視のみ月額6万円〜
  • コンテンツ企画:月額10万円・レポート及び定例:月額20万円/SNSアカウント運用代行:月額50万円〜

ホームページ運営管理の内製/記事作成代行に依頼するスキルとは

ホームページ運営は、低スキルでもできる管理から知識が必要なことまで様々です。
例えば、SEOにHTML知識はやや必要ですが、実際にはワードプレスならコード不要で編集/更新いただけます。

ネットショップ運営の「大変」をちょっと効率化するアイデア」も合わせてどうぞ。

また、ご契約のホームページ運営コンサルに、初歩程度の解決しか指導されないリスクも。

そもそも自力でマーケティング基礎を学ぶだけでも独学は大変で、誰でもやり切った感を覚えやすいものです。例え、「定番の無料記事でたどり着けるレベル」でも…🔍。

真の運用スキルとWebコンサルがSNSで見せる「自負」は異なります。

本当に必要な運営知識は、【情報源】や【サポート内容】を見わけるスキル、独学なら【知識を自力で運営力に変える】スキルです。

ブログ記事作成代行・外注もおすすめできない

ブログ記事作成代行もできます。
ただ、風邪の診断・治療が自力でもできるように、ブログ運営スキルの習得がおすすめです。

理由は関連記事と同じく、ブログ知識なく真っ先に外注すると

  • 運営力がつかず、詐欺リスクも
  • 自社特性が活かせない
  • 安いブログ作成・運営代行は危険
  • 格安ブログ運営=指示コストも増加

だからです。

もちろんブログ運営の基礎に加え高度な知識も必須になりつつありますが…。

「風邪は薬すら必要ない」話に驚き、「最高のノウハウだ」と相手を盲信する人が多いのです。

突然のブログ運営担当任命も。

専門外or「自称ブログ得意」なアルバイトや社員を、いきなり記事作成担当にするのも同様。
ブログ運営の評価が不透明なままだと、お互いに不幸となりえます。

「記事作成の費用さえ払えば……」なんてことはないのです。

  1. 完成度の超高い記事
  2. SEO対策された記事/されていない記事
  3. 雑でもポイントはおさえた記事
  4. できてる「風」の記事
  5. 良文なだけの辞書風記事
  6. オウンドメディアに良い記事

同じブログ記事でも、大違い。依頼する業者とご状況によって明暗が。

安全な記事作成代行のコツはない

「でも、安い記事作成代行が安心できる」方に、発注での確認ポイントを一応まとめます。

記事作成指示書

  • 読者
  • 対策キーワード
  • 自社のブログレギュレーション(ルール)

格安フリーランスだと、この程度は自社で明確にすべきことは多いのでは。
どんな記事作成代行も、それなりに依頼要件は伝える必要はございますが。

当方も記事発注の経験はないものの、「自分で効果的なブログを作成できるようになったときその価格でやるか?」というと違和感でるなら、色々と察するべきかもですね。

情報商材も、検索すると無料で同次元のブログ作成ノウハウが出ている可能性が。

また、仮にいい講座ですら、自分がブログ初心者すぎると使いきれないノウハウにもなり得ます。
「楽そうだから記事作成代行」される会社は特に…。

当方のホームページ運営内容の違いと運営コスト削減の考え方

エイプリルデザインのホームページ運営なら、基本はWebサイト制作いただいた企業向けのため、サイト構造を熟知したサポートができます。
商品ブランディングやホームページ移転からでも、ご相談可。

Web制作を軽く学ぶだけでは経験できないサイトやサーバー/ドメイン引越しも経験。

ブログホームページ運営管理は、費用対効果の懸念からコスト削減されがち

いくら「自販機」とされるホームページでも、効果的なホームページ運営には「社員研修」が必要です。

ホームページ運用は難しいですが会社のホームページ、きちんと育ててみませんか?

会社のホームページ活用事情に合わせてサポート。

Webマーケティング支援コンサルは「Webカウンセラープラン」で

最低限の更新やワードプレス/システム管理以上のご相談は、「Webカウンセラープラン」をお選びください。

Web運営サポート内容例 「Webカウンセラープラン」でできること

  • ホームページ保守管理
  • ホームページ更新補助
  • ワードプレスの更新方法サポート
  • カート公式サポート対象外のミニサポート
  • アクセス解析報告
  • 改善ポイントご提案
  • SEO対策/ブログ発信コンサル
  • SNS/Web活用相談
  • 企画補助

など、ホームページ運営の細かいサポートが可能。

「適任のweb担当者がいない」会社様のHP初期のWeb運用についてはご相談ください。

作業負荷などを踏まえ、運営サポート変更の可能性も。

内製化できる運用サポート

永久的に運営サポート費をいただきたいわけではないものの、まだWeb担当人材は不足傾向に。

そこで、少しでも「運用できる状況」を応援する「Webカウンセラー」として、活用いただければ幸いです。

HP運営・ブログコンサルサービスの特徴

サイト運営・ブログコンサルの違い図解

ブログの書き方、キーワード選定やブログ改善の基礎を併走レクチャー。

理論だけの運営初心者Webコンサルとは異なり、記事リライトによる復活、実働ECサイトでの6〜10万PV達成といった実績を持ち、マーケティングの考え方から伝わるサポートを目指します。

  • 1記事の作成効果を上げるキーワード選定
  • 投稿数に頼らない、記事設計
  • ツール依存を防ぐ考え方

アクセス改善できた、ミニマム思考な運営力

需要の高いキーワード選びと、「自力/内製では不十分だった」ポイントまで競合記事を入念に分析。

公開後の改善はもちろん、最初から多くのニーズを拾えるよう向上してきました。
少なくとも、大量投稿・運まかせブログコンサルとは異なります。

全く祈らない、とは言いません()

なるべく少ない記事で、本業に支障の少ないブログ運営を考えてきた結果です。

「なぜか検索順位が落ちてきた/売れない」企業様でも、ブログ運営ご相談いただける可能性は十分ございます。
サイト内で足を引っ張りあっている、あるいは記事そのものかも…。

ただ、大手様と比べ定量的に断言はできません。

なお、SEOをあえて追いすぎないのも一つの運営です。

Web運営サポートオプション

エイプリルデザインでは

  1. 全面的ページ作成
  2. SNS/ブログ/Webコンテンツ完全作成

などについては、別途料金・相談。

システム開発や広告は別途他社ご紹介・ご相談・お見積もり等。

広告運用の役割(他社)

「ホームページ更新の時間/人材がない」会社さまやサービス認知に、広告運用も一つの方法です。

広告運用の目的は、ホームページへのアクセスをお金で買うこと。業者選び次第で売れる期待値を上げる施策はできても、こちらも限度はございます。

運用力だけでなく、運用費用、契約内容、飛び先ホームページの完成度や適切さ、その他のさまざまな原因によっても効果は変わるとお考えください。

過去見かけた心配な広告事例は、

  • ほぼサービス名だけの超シンプル広告
  • 写真もデザインも、訴求も壊滅的なSNS広告

でした。

Web/SNS運用教育ご相談はApril Design(エイプリルデザイン)へ

ホームページ制作やデザインとSEO対策を中心に、スタートアップや中小段階の企業様のマーケティングをサポート。

ホームページ運用だけでなくブランド・SNSアカウント設計やホームページからのご相談により、統一された運用が期待できます。

自分でホームページ運営できる、「社内の内製化サポート」が最大のサービス特徴です。

  • Webサイト制作費用目安:数十万円〜
  • Web運営サポート費用:月額5.5万〜(ブログ、SNS運営方法指導)
  • スポット制作も一部対応

単品バナーやInstagram画像作成もOK

「今さら新規ホームページ制作から依頼するのはちょっと」なwebサイト所有企業様にスポット対応もできます。

  • ホームページバナー
  • Instagram画像

のみご発注もご相談ください。(サイト企画やInstagramコンテンツ提案は別途相談。)

*サービス詳細は「サポート」へ。

Web運用コンサル検討前に見ておきたい、ブログ運営サポート内容と相場と基本

ホームページ運営サポートは、うまくWeb活用/独学できないなら必要

基本的なホームページ運営スキルは超重要

  • 「Web運営管理は代行業者にお任せ」のリスク
  • 集客できるホームページ運営の定義
  • 「格安ホームページ運用/保守」に注意

ホームページ運営ノウハウがすでに十分なら、自社web担当の運営でも問題ありません。
ただコスト削減、自己流で悪循環になるなら、運営サポートをご活用いただければ幸いです。

materials:ワードプレス icon by Icons8

ブログ, ホームページ制作, マーケティング/運営

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^