奈良 集客ホームページ制作 エイプリルデザイン April Design

【よくわかる気がする】検索順位の仕組み – これ、SEO対策ちゃうの?

「これ、SEO対策できているの?」
「こんなので上がるなら、難しそうな記事なんて書かなくて良いのでは…🤨」

「キーワードも詰め込んでいないのに。。検索順位って一体どういう仕組み?」

…そう思われたこと、ありませんか?

というわけで、検索順位アップせず挫折した方にもお読みいただきやすい、「カンタンな検索順位の仕組み」、召し上がれ(?)。
お腹いっぱいなら残念です・・・😭

検索エンジンがWebページを知る仕組み

検索順位の仕組み【図解】

Step1.ネット中を探索する

検索エンジンのロボット(クローラー)が、日々、世界中のサイトを巡回し情報収集(クロール)しています。
Googleボットが文章やhtmlを元に分析し、結果を収集するイメージ。
あなたのあるページを見つけたあとは、ページ内にあるリンク先ページにもたどり着くことができます。

Step2.検索エンジンに無事、登録される

Googleが巡回した後は、然るべき評価・場所に登録するステップがあります。
あなたのページがちゃんとGoogleに登録された状態を「インデックスされている」と呼びます。

*もしそのページやサイトを検索エンジンから保護(noindex)していたら、見つけて登録してもらうことはできません。
特にそんな設定してなければ大丈夫ですが・・・。

Step3.検索順位の判定を下す(随時)

何百もの評価基準に基づき、価値に合った(と判定した)ポジションであなたのページを検索結果に表示します。

仕組みを動画で見る

検索の仕組みについては、Google公式も動画を公開しています。よければどうぞ。

HTMLコードなんて無理!

確かに「検索エンジンに見てもらいやすい土台」を整えるほど、検索順位の仕組み的には伝わりやすいです。
…ただ、よっぽどじゃなければ、普段はあまり気にしすぎず、コンテンツに力を入れたほうがいいでしょう。

WordPress等なら、いわゆる「見たまま画面」で執筆できますので、正しく使えば大外しはしないはずです。

お持ちのサイトの作りや記事作りが最低ラインできているか?はご状況によりますが。。
なお、Wixなどだとコードもいじれないので、どなたでも最適化に限界はあります。ご了承ください。

検索エンジンに登録されたか確認するには

方法1.Google検索で(雰囲気チェックレベル!)

Google検索で、「site:自分のドメイン(https://やwww.なし)」と入力して検索してみてください。

ただ、このやり方では正確な数値や状況が確認できないデメリットも。
実際の検索画面でわかりやすいのは、良いんですけどですね。

残念ですが、どうしても【難しいことしたくないな…】って方が「ちょっと雰囲気を見る」レベルでご利用ください!

方法2.「Googleサーチコンソール」でチェック(推奨!)

そこで、正確で詳しいデータはGoogle Search Console(サーチコンソール)というWebサービスを使えば、確認いただけます。

管理している自サイトのみになりますが、グーグルサーチコンソールを活用できると捗ります。

*Google Analytics(グーグルアナリティクス)とサーチコンソール設定ずみである必要があります。
*いづれも無料ツールです。

サーチコンソールにログインして、

  1. 左メニュー「URL検査」をクリック
  2. チェックしたい(または、インデックス登録したい)ページURLを上ボックスに入力し、そのままエンターキー
  3. インデックス状況が表示される
  4. (登録されていません、なら)
    「インデックス登録をリクエスト」をクリック

たった4ステップだけで完了です。

価値あるコンテンツを(再び)

あなたのWebコンテンツは、最終的にお客様が読みます

「Googleガー」の前に、まずは

  1. お客様目線で使いやすい
  2. 良質な被リンク(等をしたくなるような。)

コンテンツ/HPを目指しましょう。

「価値あるコンテンツ」って結局なに?

道半ばですが、私なりの「価値あるコンテンツ」とは、

  1. 他者と似たような記事でも、より「存在意義」アップを図った。
  2. 本人の経験、キャリア、気づき、思考、視点が感じられる。

ことです。

量産型の記事を「適当に書くだけ」なら、(そこそこ)楽チンですよね。
ネットにもお手本にあふれているので。

でも「楽勝」な仕上がりだと、独自性は不足しがち。
記事を「やっつける」が目的だと陥りやすいでしょう。

「私、SEO、ちょっとデキル」と思ってしまう時期もあると思いますが、もうひと踏ん張り(*段階によっては100踏ん張り?)、のサインかも。
と思っています。

で、「頑張る」の中身は、過去記事のような流れに。

いまの上位記事よりもっとええの作る!という気持ちで、競合分析しましょう。

適当なサイトも検索上位に来るワケ

うちのオカンがセミナーで聞いたらしいんやけど。Google検索結果の上位にのせてくれるらしいねん。

SEO対策やないかい!その特徴は完全にSEOやがな!

でも、ちょっと分からへんのよ。
俺もSEOと思ったんやけどな、「送別会しました!」みたいなペラペラの記事だけで上位イケるで言うねん。

ほなSEOと違うか。コンテンツがしょぼすぎるもんね。

…某大喜利してしまいましたが、「フシギだった」方はおられますか?
SEO「対策」なんて実は存在しないのでは・・・と思われそうな。。

検索順位対策はムダじゃない

「え、こんな記事ばかりで?」というサイトが検索で上位にいることがあるのは、

  1. 検索順位は相対評価。
  2. 需要の少ないワードなど。

だからです。

1.検索順位は相対評価。

検索エンジンは、もし「適切なSEO対策」ができていなくても、競合サイトも似たような品質や規模なら…、たまたま上位に食い込めなくはない仕組みになっています。
●●町+〜教室、など、まだまだwebに力を入れていない地方+ジャンルは、競争も少なかったり。

つまり、ある日「強敵」が現れたら、適当だったサイトは下がる危険があります。

またそういうケースでは、たった一つの検索順位(しかも偶然かもしれない…)に集客を依存しすぎていることが多そうです。

なぜ?というサイトが検索上位に…

検索すると、同じようなラインナップ(しかもあまり求めていない)が・・・ということ、まだありますね。
「検索結果はゴミばっか」とか言われるのは、良くも悪くも「SEO対策」できているケースと、「たまたま」Googleにいくつかの点で評価されてしまって…というケースのように見えます。

あくまで相対評価なので、その「ズルイ」ページを退けられる可能性はあります。
(一応は)あなたのコンテンツ次第となります。

ただ、なんでも上位にできる訳じゃないため、無茶すぎないのか、ニセ情報に騙されているのか・・・がブラックボックスで、挫折しやすいかもしれません。

あなたが競合サイトを見て、思考停止して「検索上位なんて無理」と思えばムリになってしまいますし、「しっかり作ればよかっただけなのに、、、」ということも。

2.検索需要の少ないキーワード

「1ヶ月にほんの少ししか検索されないキーワード」を狙うと、上がりやすくはなります。

この際、たまたま上位にいても、「薄いコンテンツ」や「ただの長文」なら「SEOできている」ことにはならないのです。
書いた方が、「これといって意識したわけではない」と見られるから。

「少ししか検索されない記事」を書く意義がない・・と言い切りたい訳ではありません。
*ツールで全ては測れないこともある、というだけで、本当に「どうでもいい記事」ということではないです。。

良質なコンテンツだけじゃ、検索順位上がらない?

「お客様のことを考えて書いていれば、そのうち検索順位も上がるんでしょ?」

「良いコンテンツを作っていれば勝手に順位が上がる」という意見は、…毎日勉強していれば東大なんて簡単に入れるよといっているのに等しいのではないでしょうか。

「良い」の概念や手順は人によってまちまちなので、思考停止させていたら個人のセンスに委ねているにすぎず、あまりに無責任でしょう。

https://ascii.jp/elem/000/001/161/1161831/

「自分なりに頑張った」のような評価のみでは、人によっては充分なクオリティかもしれないし、認識が甘いかもしれません。

また、先述の問題などもあり「絶対」はないのですが【好ましい傾向】は押さえたい、という温度感です。

検索順位の評価基準

検索エンジンには、色々な評価基準がありますが、例えば

  1. どんな内容/画像?
  2. HTMLなどはどう?
  3. 訪問者は満足そう?
  4. 他より価値/違いのあるコンテンツ?
  5. キーワードとはミスマッチじゃない?
  6. 外から評価されている?(外部リンクされている等)
  7. 「そのキーワードで想定される内容」が網羅されている?
  8. 評価できそうな人の発信?

などをチェックしています。

コード(初歩的な内部対策)

HTMLコードなどがシンプルで、検索エンジンにわかりやすくしておきます。

記事を書くだけなら、まずは「WordPressなどツールを使えば、見出しやリストなどが使い分けられる」レベルでも。
ゼロからサイト構築するとき、様々なスタイル・機能を当てたい時、より細かく最適化したい時、などには深い知識が必要です。

ただ、「HTMLが素晴らしくて順位が上がる」ことも「対策ずみサイトが完成したら、もう安心」なこともないです。
「SEO内部対策済みだから上がります。後は、日々更新いただければ〜」
みたいなセールストークにはご注意を。

専門性/権威性/信頼性

そのコンテンツに【専門性/権威性/信頼性】があるかどうか。
(6)の外部リンク/シェアされやすさにも関わってきますね。

私もまだまだですが、一応お話として💦

ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の量は非常に重要です。

General Guidelines[PDF]

特に「人生/健康/お金/安全」関連のHPほど、要注意ポイントです。

「幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」を指すYMYLは、Googleがユーザーに対して、非常に品質を重視しているページであることを留意して制作しなければ低い評価を受けてしまう恐れがあります。

…知識がない人が根拠もなく作ったページが大量に溢れています。
YMYLに該当するページが低品質である場合、ユーザーへの影響が大きいため特に厳正な評価が必要とされているのです。

https://ferret-plus.com/13459

一般サイトの「EAT」は?

人生(YMYL)に影響しないような一般サイト(ex:雑貨店など)であっても、ゆくゆくは「●●といえばあなたのWebサイト!」と、人間にも思い出してもらえるくらいにするのが理想。
あなたのサイト名、社名などでも探される状態です。

とはいえ、権威性?専門性??という初心者さまなら、「ある程度の記事」ができてきてから思い出していただいてもいいのかもしれません。
理論だけ聞いていただいても、ぴんと来られないように思います。。

何でもかんでも権威性!専門性!かというと、そうでもないかも??のような。。

私自身、権威性!などと声高に叫んでいいものか・・・正直「もっと上」はいらっしゃるので、一旦「解説」にとどめます。
でも成長中サイトなら、まずは評価されやすい運営・改善から始めましょう。

「成長中」でも、Googleさんが見ているのは確かですので・・・。(実感)

網羅性

その記事に訪れた方に、しっかりと問題解決していただけることを目指します。
他記事と比べ、足りない言及はないでしょうか?
逆に、自分ならではの何か貢献できそうなことがあれば書きましょう。

満足度

がんばって網羅性だけを高めても、「胡散臭い・・」「意味不明…」などと思わせては問題です。

  • 読みやすい/わかりやすい
  • 楽しい/信頼できそう

など、サイト内での体験価値を高めてください。

Google広告を出しても検索順位は上がらない

広告出稿も、SEOの順位評価が上がる仕組みではありません。

検索順位の改善に効く更新方法

記事が増えてきたら、公開ずみ記事のクオリティアップもオススメです🌟
(2〜3文字何となく変えるなど)申し訳程度でなく、しっかり改善して初めて意味があります。

  1. 「同じようなテーマの記事」を1つに統合する
  2. タイトル改善、キーワード関連、詳しさ、わかりやすさなどの加筆・修正(リライト)

コンテンツが少なければ、アレコレ画策しても仕方ありません。
その場合、新記事アップから取り組みましょう。

リライト力や本業のスキルや経験値アップなども必要になります。(気づけないので・・・💦)
SEOだけの簡単な改善なら、タイトルと見出しの見直しでもそれなりに有意義なようです。

(一旦ここまで。to be contenued…)

検索順位に関係ない要素

SEOに無関係

  • ドメイン名やURLが日本語か英語か
  • 広告を出稿しているか?

は、検索順位の決まる仕組み(アルゴリズム)には無関係。
URLは可読性が高い英語の方が、人にとってはオススメですが・・・。

SEOにほぼ無関係

  1. 地域名を記事タイトルに連発など
  2. スマホ対応

は、ほぼ無関係。

地域上位を目指すのも一つですが、ランキングはページごとの評価が先なので、無関係な地名タイトルを入れても、必ずしも狙った結果になりません。
記事タイトルは、上げたいワードをむやみに盛りすぎないのが親切。
点数稼ぎよりは、検索エンジンも「中身勝負」です。

スマホ対応はランク上げではなく、「マイナス要因を無くす」系になります。似ているようでちょっと違いますね。

検索順位チェック方法

「よし、さっそくSEOの結果を調べよう。」

ちょっとお待ちを・・・。

実は、検索順位は人によって違うんです。
いつもお使いのブラウザであなたのCookieや履歴も残ったままですと、「あなた」に合わせた検索順位となってしまいます。

正しい順位は、そういった足跡のない「まっさらな状態」で調べる必要が。

シークレットウィンドウで順位チェック

最も手っ取り早い方法。ツールが苦手な方や、お手軽にというときに。

シークレットウィンドウ(シークレットモード)とは、あなたの履歴をクリアした状態で閲覧できるブラウザの機能です。
このモードで見ている間は、閲覧履歴やキャッシュという痕跡が保存されません。

Google Chromeの場合

*Safariなどにも同様の機能はあります。

  1. パソコンでChromeを開きます。
  2. 右上のその他アイコン、次に [シークレットウィンドウを開く] をクリック。
  3. 新しいウィンドウが表示されます。

上部の隅にシークレットアイコンがあれば、シークレットモードになっています。

https://support.google.com/chrome/answer/95464?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

無料の順位調査ツールでチェック

SEOチェキ

こちらもすごく簡単に順位チェックできます。

SEOチェキ

  1. サイトURLを入力し
  2. SEO順位を見たいキーワードを入力

するだけ。

GRC

その他、無料では使用制限ありますが「GRC」というインストール型ツールもあります。
複数のワードを日々チェックする必要があり、効率化したいとき用。

■ 検索順位の仕組みを味方にしよう!

  • 検索エンジンに発見・登録・評価してもらおう。
  • コンテンツと良い被リンクが大事。
  • 人気・信頼性も高めるとお得な仕組み。
  • 検索順位は相対評価。
    未熟な記事もリライトで再チャレンジOK。

コンテンツ作りの方向性は、「簡単じゃん」で終わらないオリジナル性を。

難しいですが…。

本サイトも、あなたの記憶エンジンに刻んでいただけるよう頑張らなければ・・・。

April Design/エイプリルデザイン


「ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️」を理念とする、Web制作/基礎SEO対策/マーケティング/ブランディング等をサポートする伴走型Webデザイナー。
ブログ/ライティング・分析/HP改善っぽいのが一応の強みで、公開後も安心のサポート対応可。ブランディングもマーケいづれも好き。

  • ネットショップ担当▶︎Web制作会社▶︎独立。元ダンス好き👠
  • 通販/スポーツなど、ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。
  • 関西。全国可。

まずはお気軽にご相談ください。HP診断などからも承っています。

現状ご相談

^