奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

SEO/Google検索エンジンの仕組みとは何?わかりやすく。上がらない対策 基本チェック点と上位表示方法

「SEO/Google検索エンジンの仕組みとは何か?」
「ゴミ記事で検索順位アップ…自分は上がらないのに…グーグルとは()」

SEOをわかりやすく簡単に、徹底解説!(ミルク●ーイ風w)

気まぐれなgoogle検索順位上位表示のアルゴリズム、ブログ初心者は不思議では・・・?

SEOランキング=検索表示順番要因の基本から「ホームページが検索に引っかからない!!」ペナルティの診断ポイントまで、みっちりカバーできます。

Google検索エンジン/SEOの仕組みとは何?わかりやすく→「検索ワードに引っかかるようになる!」

SEOとは「検索エンジン最適化」の意味で、(語弊を恐れず)簡単に言うとネットで自分のホームページが引っかかるようにする方法です。

検索上位表示されやすい対策】」とはやや違い。
「自ら見つかりやすい書き方をする」面と「いいページなので、勝手に上がる」自然な仕組みが複雑に絡み、結果的には上位になるんです。

GoogleやYahoo!にホームページや記事が登録されれば、自然検索ツールの「検索結果のどこか」には、表示されますよ。
100位や圏外だとほぼ閲覧されませんが、「SEO台帳には居る」感覚。

検索エンジンとは?いろんな種類のある「ネット図書館」

検索エンジンとは、Yahoo!(ヤフー)やグーグル、BingなどAIロボットがネット情報を探すシステムの総称です。グーグル攻略で(わりと)他の検索ツールも検索上位になるので、SEO対策とは、基本的にはGoogle用でOK。

主な検索エンジン一覧/例

  • Google:シェア率1位の王道。
  • Yahoo!:スタートページとして愛用者も多い。
  • Bing:MS社製。
  • DuckDuckGo:検閲や表示基準に影響されにくく、個性派ページも調べやすい。個人情報を集めないので、プライバシー性が高い。

ヤフーとグーグルは別の仕組みでした。でも今は、ヤフーがGoogleのシステムを借りており、ほぼ同じ検索順位だからです。
グーグル攻略で(わりと)他の検索ツールも検索上位になるので、SEO対策とは、基本的にはGoogle用でOK。

SEO対策やる基本的メリットとは、検索上位で閲覧数が増える

SEOで検索上位に表示されると、効率的な集客と発信・広告コストを下げるメリットが。

だから、「あとで楽するためブランド資産を作りこみ、下がらないよう管理を!」が正しいSEO対策になります。

運任せを防ぐべきは、SEOもビジネスも一緒ですね。

SEOは、情報の宝庫!「でっかい図書館」と例えられがち。

インスタやツイッターの検索窓で検索できるのは、各SNS投稿のみ。

ところが、SEOはもっと強力な集客力を持ちます。
ブログ、ツイッター、PDF、…全てGoogle検索できちゃうんです!
グーグルが「特定キーワードをうまく説明できている!」と思われれば、ネットコンテンツほぼ全形式を公平な順番に並べるのが、最大のメリット。

SEOランキングの手順 〜検索順位が決まるクローラーの仕組みを図解

検索順位の仕組み【図解】

1.ネット中を探す「クロール」

検索エンジンのロボット(クローラー)が、日々、世界中のネットを巡回し情報収集(クロール)しています。
グーグルが文章やhtmlを元に、Webページ分析・収集するイメージ。
見つけたあとは、ページ内のリンク先にもたどり着けます。

2.Webクローリング後、検索エンジン(グーグル)に無事、登録される

グーグルが巡回すると、然るべき場所に登録されます。
ページがちゃんとグーグルに登録された状態を「インデックスされている」と呼びます。

*サイトを検索から保護(noindex)すると、見つけてもらえません。
特にそんな設定なければ大丈夫です。

3.検索順位としてランキングしていく(随時)

SEOにおける検索順番は、Googleが何百もの評価基準に基づき、ページを常に審査しています。
「お、めっちゃええページやん」となれば、入れ替えが起きるのです。

ランキング基準は、実は誰も知りません。
でも、グーグル公式発表と膨大な実例テストから、一定のSEO法則が導き出されています。
もはや、私たちは多大な恩恵を無料〜低コストのブログ記事からも受け取れるようになりました。

とりわけ優先される、

  1. タイトル
  2. 見出し
  3. 本文

・・・の順番に、重要キーワードを適度に含めて書きます。
ことば使いの雑なブログ、多いです。

そのうえで、被リンクされるような内容やアピールを磨きましょう。

SEOの仕組みをグーグル公式動画/サイトで

SEOの仕組み、グーグル公式にも動画が。よければどうぞ。

もっと知りたい方は、公式ホームページにも目を通しておきましょう。

グーグル検索エンジンへサイト登録・確認する無料チェッカーツール

Googleで検索エンジンに登録されたか、簡単に確認する方法は以下の2点。

方法1.グーグル検索で(雰囲気チェックレベル!)

グーグル検索で、「site:自分のドメイン(https://やwww.不要)」と入力して検索してみてください。

ただ、このやり方では正確な数値や状況が確認できないデメリットも。
実際の検索画面で、誰でもわかりやすいんですけどですね。

残念ですが【難しい】方が「ちょっと雰囲気を見る」レベルでご利用ください!

方法2.「グーグルサーチコンソール」でチェック(おすすめ)

そこで、正確で詳しいデータはGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)というWebサービスを使えば、確認いただけます。

管理している自サイトのみになりますが、グーグルサーチコンソールを活用できると捗ります。

*最初にGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)とサーチコンソール設定が必要。
*いづれも無料SEOツール。

サーチコンソールにログインし、

  1. 左メニュー「URL検査」をクリック
  2. チェック(または、インデックス登録したい)ページURLを上ボックスに入力、エンターキー
  3. インデックス状況が表示される
  4. (登録されていません、なら)
    「インデックス登録をリクエスト」をクリック

たった4ステップだけで完了です。

なかなかペラサイト、新記事がインデックスされない、なぜ?

ペラサイト、新記事がインデックスされないときは、まずはGoogleサーチコンソールで登録確認を。
「URLはGoogleに登録されています」と出れば【検索でヒット】するはずです。

サーチコンソールでも登録されてなければ、該当ペラサイトや記事ページが「インデックスさせない設定じゃないか」ご確認いただけますか。

以下はWordPressの例ですが、そもそも検索避けのタグがあり、ふつうのHTMLやテキストファイルで直打ちも可能。

noindexタグ 「このページ、ググれちゃヤダ」の明示。
「非公開」じゃないのでURLを直接入力すれば、ページ自体は見える。「検索よけ」で使うのはこっち。
nofollow属性 リンク先に栄養を与えないが、大元ページは検索に引っかかる

WordPressで検索エンジンにヒットさせない設定から、再表示させるには

サイト全体

「設定>表示設定>検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」チェックをオフ。

特定ページだけ検索エンジンに表示させない

1ページだけ検索エンジンで表示させない設定は、例えばプラグインYoast SEOを入れれば、ページnoindexとリンク先をたどるかの「nofollow」を制御できます。基本、どっちも「表示」。

検索で自分の名前をヒットさせない/Google検索されないようにする設定方法は?

「すべてのウェブにある、社員や自分の名前やサイト名だけを検索エンジンでヒットさせない」設定は不可能です。
他人が勝手にあなたを紹介しているわけで、ツールでも無理なので。
ただ、

  • noindex使う
  • GoogleサーチコンソールでURL削除申請
  • 他人のサイトにある特定の記述変更や削除依頼

はできます。登録を消す申請後は、反映されるまでお待ちください。

「ページの操作が一時的に無効になっています」って何?登録できないけど

「自演リンク貼って様子を見たい」と思っちゃった方へ。
はてなブックマークなど外部サービスの自作自演ブクマは規約違反。
勧めている記事もあるものの、ホント、規約や倫理問題はないか疑ってかかるべきですよ。。

正確には「1ドメインのページを大量ブックマーク/宣伝・SEO目的のブックマーク」がダメ、だそう。

最悪、自分のはてブアカがBANされる(削除)と思った方が。

何らかのペナルティ、ドメインがまずい

「うーん…??」な面もありますが、できたて新規ドメインか、怪しいドメインとかだと問題かもしれませんね。
何にもないはずって時は、ほかの問題発見を。

価値あるコンテンツが順位上がるとは?操作なんてできない。

SEOで上のほうに掲載されるには、記事内容の充実から始めるべき。

Webページは、最終的にお客様が読みます

すぐ、上がらない原因をグーグルのせいにする前に、

  1. お客様目線で使いやすい
  2. 良質な被リンク(したくなるような)

ホームページを目指してください。

SEOに効くコンテンツとは、わかりやすくいうと?

私なりの「SEO的に上がるページ」とは、

  1. 他と似たような内容も、より「存在意義」が高い。
  2. 経験、キャリア、気づき、思考、視点を感じる。

ページです。

10分で書ける程度のゆるーいブログ運営でSEOできたら、楽ですけどね。
ネットを漁れば、(誰でもとはいかずとも)高確率で書けるので。

でも「どっかでみた」類似度が高く、陳腐な内容だと、独自性は不足がち。
ブログを「やっつける」が目的だと陥りやすいです。

「私、SEO、ちょっとデキル」と思ってしまう時期もあります。
が、もうひと踏ん張り(*段階によっては100踏ん張り?)かも。

で「頑張る」とは、最低限のSEO対策入門のような流れに。

いまの上位記事よりもっとええの作る!と鼻息荒く(?)競合分析スキルを上げるべきです。

グーグルだけにアピールな〜んて、無駄・ムダ・ムダ💦

検索順位アップのカギはグーグルの理念に

グーグルは、ゴミページや関連度の低い記事をうっかり検索上位にしないために、10個の理念を掲げています。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. ひとつのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。
Googleが掲げる10の事実

つまり…

1.読者のためになる記事を!

  • キーワード数とか調整しまくるだけじゃダメ!
  • コピペまがいの記事も大体はバレる!
  • それ、ホンマにお客さんのためになる?

2.プロなら超詳しいし、関連記事も多いよね?

特定のジャンル重視で、専門性をアピールしてね。
だってボク、空気読めないんだ。

3.ホームページ表示が重いのはNG。検索者が逃げるから

「スピードアップデート」といって、表示が重すぎるページを低くするよ。
ユーザー体験は大切だ。

4.みんなに応援されるページが上位に上がるよ

「ネットでの話題の多さ」って信頼性や権威性を測る、重要なサインだと思うんだ。
具体的には

  • ページへの自然なリンクがいっぱい貼られている?
  • SNSでの紹介/RTは多い?

など、「Webでキミのページやブランドがどれだけ話題か」見ているかも。
おっと…仕組みは極秘だけどね😎

5.いろんな「検索したくなる」瞬間を想像して!

お客様は、いろんな場所で心が動く。

  • 助けてグーグル!
  • お腹すいた〜
  • どっちがお得?
  • オーケー、ちょっと暇だな。楽しませて?
  • 生きがいがほしい・・・

人はいつでも何か検索すると気づけたら、よりいいコンテンツにできるよ。じっくり考えてみて。

・・・といったポイントには厳しいわけ。

*解説は私の意訳ですが…

ゴミ記事でも検索順位アップする理由とは( )

ゴミページが検索上位になる原因

オカンがセミナーで聞いたらしいんやけど。グーグル検索上位にのせてくれるらしいねん。

SEOやないかい!その特徴は完全にSEOやがな!

でも、ちょっと分からへんのよ。
俺もそう思ったんやけどな、「カフェ楽しかった!」みたいなペラい記事で検索順位アップするって。

ほな違うか。コンテンツがしょぼすぎるもんね。

…某漫才しちゃいましたが、「フシギだった」方おられますか?
SEO「対策」なんて実は存在しないのでは・・・と思われそうな。。

理由1.SEOの仕組みは相対的だから

あくまでSEOは相対的な仕組み。
適切なSEO対策ができていなくても、競合も似た品質や規模なら、検索上位にいけちゃうかも・・・。
「●●町+〜教室」など、web活用が弱い地方/ジャンルは、競争も少なかったり。

グーグル検索すると、同じような(微妙な)ラインナップがズラリ・・・現象が。
「検索結果はゴミばっか」なのは、「SEO対策」できている(が顧客不在?)例も、「たまたま」うまくいっただけも、どっちもあり得ます。

つまり「強敵」が現れたら、サイトが下がる危険が。

またそんなケースは、たった1つの検索上位に集客依存しすぎていそうです。

自分で順位アップできる!

もちろん、ゴミページより順位が上がるコンテンツには、変えていけます。

ただ、何でも上位にはできず、無茶なのか、努力が間違っているかブラックボックスで、辞める者も多いのがSEO。

思考停止で「私じゃ上げるの無理」と思えばムリだし、「丁寧に作ればよかっただけなのに…」だったりも。

SEOで勝つには、

  • 競合が何をもってSEO上位表示されているかの分析
  • 自分のできる独自性や優位さの明確化

が大事です。

理由2.検索需要の少ないキーワードはSEO簡単だから

「1ヶ月にほんのちょこっとしか検索されないキーワード」なら、順位アップを狙いやすくなります。

ただ「今は」検索上位でも「中身が薄い」や「ただの長文」なら「SEOできている」とはならないのです。
検索順番をあげられた原因が【偶然】だったから。

「検索数の少ない記事」を書いても問題はありません。
*需要が少なくとも、ピンポイントで検索者を助けているかもで。

お金がなくても検索上位表示・順位アップできる方法とは【賄賂はできないw】

SEOで上げるには、「サイトがどんな要素でできているか」から逆算すると、わかりやすくなる気が。

検索上位表示には色々な基準がありますが、例えば

  1. どんな内容/画像?
  2. HTMLなどは適切?
  3. 訪問者は満足そう?
  4. 他との価値/違いは?
  5. キーワードとはミスマッチじゃない?
  6. 外から評価されている?(外部リンク等)
  7. 「質問に対する答え」が網羅されている?
  8. 信用できそう?

をチェックしています。

内部SEO対策とは。HTMLコードが分からなくてもできる?

内部SEOとは、HTMLや文章やホームページ内のリンクを、検索エンジンにわかりやすく調整する処置です。

HTMLやサイト構成がシンプルで上手なほど、恩恵は増えますが「HTMLの工夫のみで順位が上がる」可能性は低いかと。

よっぽどじゃなければ、普段はコンテンツに注力を。

記事を書くだけなら、WordPressなどの「見たまま画面」でOK。
「見出しやリストが使い分けられる」レベルでもできる対策もたくさんございます。

ただ、「SEO対策ずみサイトさえ作ったら、放置できる/適当なサイト運営でも大丈夫」じゃなく。

*実際に内部対策できているか?は、ご状況次第。
*0から構築、細かい最適化、など深い知識が必要。

*WixなどはHTMLをいじれません。

専門性/権威性/信頼性「EAT」とは?

ページ内容や筆者の立場的に【専門性/権威性/信頼性】があるか。
(6)の外部リンク/シェアされやすさにも関わりますね。

私もまだまだですが、ご説明まで💦

ウェブサイトが有する専門知識、権威、信頼性(EAT)の量は非常に重要です。

General Guidelines[PDF]

特に「人生/健康/お金/安全」関連のホームページほど、要注意ポイントです。

「幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」を指すYMYLは、Googleがユーザーに対して、非常に品質を重視しているページであることを留意して制作しなければ低い評価を受けてしまう恐れがあります。

…知識がない人が根拠もなく作ったページが大量に溢れています。
YMYLに該当するページが低品質である場合、ユーザーへの影響が大きいため特に厳正な評価が必要とされているのです。

https://ferret-plus.com/13459

一般サイトの「EAT」とは、高難度なキーワード検索を上位にする方法の1つ

人生(YMYL)に影響しないような一般サイト(ex:雑貨店など)であっても、ゆくゆくは「●●といえばこのWebサイト!」と、人間にも思い出されるレベルにするのが理想。
自分のサイト名、自社名などでも探される状態です。

とはいえ、権威性?専門性??という初心者なら、「ある程度の記事」ができてきてから考える、でも構いません。
理論だけ聞いていただいても、ぴんと来られないように思います。。

まぁ、実際の検索順位を眺めると、何でもかんでも権威性!専門性!・・・じゃないとも感じますが。。

私が権威性!などと声高に叫んでいいのか・・・正直「もっと上」はおられるので、一旦「解説」にとどめます。
でも成長中サイトなら、まずは認めてもらえるような運営から始めるべき。

育てている最中も、グーグルが見ているのは確かです。(実感)

網羅性とは「みんなの疑問にぜんぶ答える。」

キーワード検索をしている時、読者は
「関連する他の悩みも知りたいし、同じようなこともわかりやすく、たっぷり説明してほしいな〜」
と望んでいます。

そこで、検索から記事に訪れた方に、問題解決していただけるような内容の充実を目指します。
他記事と比べ、足りない説明はないですか?
逆に、自分ならではの貢献できそうな何かがあれば、ぜひ書くべき。

満足度とは、ユーザーへの心配り。

がんばって網羅性だけを高めても、「胡散臭い・・」「意味不明…」などと思わせては問題です。
グーグルも検索順番を決めにくそう。

  • 読みやすい/わかりやすい
  • 楽しい/信頼できそう

など、サイト内での体験を高めてください。

グーグル広告の出稿と検索上位とは関係ない

グーグルへの広告出稿も、検索順番が上がりません。
リンクを買うなどもってのほか。グーグル愛(?)はお金で変えない仕組み。

成果報酬やSEO順位保証サービスを本当に受けるべきか・・・よく考えた方が賢いです。

「数日後、特定ページだけあげといて」is無理

特定ページだけ上位上げたい、とか「来週イベントやるから、SEO対策かけておいて!よろ〜」なんてのも、できません。
現実的なのは、あくまで「SEOルールを取り入れてページ公開し、結果を待つ」のみ。
インデックス登録だけなら可能ですが、魔法みたいな効果コントロールは起こらないんです。

良い記事でもSEO上がらない原因は何?…あと3ヶ月待てば上がる?

「いい記事書いたのに、検索順位が上がらない・・・お客様のことを考えていけば、いつかSEOも上がる?」

SEOのチェックが「我流」では、充分なクオリティだったり、甘すぎたり。
「何をもって良質か」言語化できなければ、無駄な努力になりがちです。

「もっと役立つブログを書けば、いづれSEO上がる」
みたいなお気持ちだけじゃダメ。

「絶対的なSEO対策」はないものの【Google好み】は押さえたいところ。

「新サイト、新ページのSEO成果は時間がかかる」という定説あるけど?

もちろん新規サイトがうまく評価されるには時間もかかります。
ただ、今あなたが下した分析が間違ってる可能性も残るので・・・。

新規公開されたページが1年以内にトップ10にランクインするのは、全体の5.7%のみということだ。

SEOの成果が出るまでには、どれだけ待てばいいのか?

検索に引っかからない、検索順位が上がらない、一気に下がる原因診断と、戻す方法

検索順位が戻らない、急に下がった原因は以下9つのどれか、または全てのSEO問題に当てはまるかも…。
徐々に落ちるのも、急落もとにかく分解して考えます!

SEO診断チェックリスト

  1. インデックスされていない
  2. インデックスに問題があります
  3. SEO知識・分析不足
  4. 薄い内容
  5. わかりやすくない
  6. 独自性が足りない
  7. 読者に不親切
  8. ホームページ内ネットワークが弱い/不適切
  9. 「圏外」など異常に下がるのは、グーグルペナルティかも

インデックスされていない・問題がある場合の原因4つ

第1に、ホームページ全体や、上がってこないページで、Googleから検索避けしてしまっている場合も考えられます。
サーチコンソールで確認を。

次に、クロールエラーと呼ばれるトラブルや、新サイト移行中などで評価が不安定になっていることも。
第3に、誰かがURL削除ツールで特定ページを削除していたら、該当記事だけ、一時的に検索結果に出なくなっています。

最後に、1日〜数日間ほど圏外に飛び、また戻って上がるような「変動を繰り返している」にすぎないときも。

「ま、様子を見て・・・」いいかの判断は、ビギナー向きじゃない気もしますが。。

サイトの掲載順位の低下とインプレッション数の減少について診断する

読者に優しくない(ユーザー体験)

グーグルは2020年6月から【読者の体験】も加味する検討をするそう。
速度、見やすさ…など「人にとってのメリット」は今後ますます重要です。
質の高いコンテンツSEOを進めるのに欠かせません。

速度、応答性、視覚的安定性に関する指標のセットで、サイト所有者がウェブ上のユーザー エクスペリエンスを測定するのに役立ちます。
…ページエクスペリエンス指標を組み込んで変更した検索ランキングを公開する予定です。

より快適なウェブの実現に向けたページ エクスペリエンスの評価

サイト内に適切でたくさんの内部リンクが貼られていると、ホームページ全体像を捉えたり、ページ発見や関係性において、ロボットが効率よく巡回できます。
検索エンジンは、網目状のネットワークが好きなんです。

ページが増えたらぜひ、関連記事へのリンクも、お忘れなく。

SEOペナルティとは?違反はリスク高い。トラブルならGoogleに再申請できる

SEOペナルティとは、グーグルがスパムページを排除する仕組み。
GoogleはSEO違反を常にチェックしています。

順位が下がる理由の一つに、検索ツール自体のチェックが入って検索結果から消える場合もある、と。

Googleペナルティの種類は、手動と自動(アルゴリズムAIロボットで勝手に下がる)の2つ。
後者の手動レッドカードは「Googleの中のひと」が手動で下げるパターンです。

「自サイトがペナってるか診断」のうち有名なアルゴリズムは、公式が出してくれています。また、手動ペナルティはサーチコンソールに通知来るそうです。

google SEOペナルティ診断例

  • ごみサイト
  • パクリ
  • リンクの購入
  • オリジナル性0に近い
  • 不正リダイレクト/誘導
  • 隠しテキスト系/キーワード詰め込み
  • SEO目的だけの薄いブログ(自動生成・手動とも)

なんかが代表例。詳細は「ウェブマスター向けガイドライン「具体的なガイドライン」

検索エンジンのマナー違反は、圏外ダウンや大幅に順位を下げる等の痛〜いレッドカードの危険と隣り合わせ!

「ペナルティ(正確には、手動対策)のせいで、上がらないんじゃ??」と心配な現象は「グーグル ペナルティ」とググってください(汗)

まあ、検索順位が上がらない原因は「SEO対策できていない」「記事が悪いだけ」が大半な気も😓

外部リンク購入とは

「A社保有の10サイトからB教室へのリンクを貼ってあげます。利用料金は月額1,000円」など、上位表示のためだけに有料のリンク提供を受ける行為。

…すべての有料リンクに対処できているとは言えないでしょう。

でも上位表示しているサイトの多くは、コンテンツが充実していて自然な被リンクをたくさん集めている場合も多いのです。

有料リンクを購入してもランキングが“下が”らない理由

重大な問題を修正対応したので、もっかい確認して!が「再審査リクエスト」。

不幸な誤解やミス、魔が差しての違反のせいでネットから消えるトラブルも、ご安心を!
Googleサーチコンソールでは再評価を申請登録できるようになってます。

違反していることが原因で、サイトがGoogleの検索結果に表示されなかったり、以前より掲載順位が下がったりしていると思われる場合は、ペナルティがかけられている可能性があります。
サイトをガイドラインに沿うよう修正し、再審査リクエスト を送信してください。

Google の検索結果からホームページが消えてしまいました。どうすればいいでしょうか?

リダイレクトはSEOペナルティになる?→まともな移行なら、大丈夫。

サイト移転、ページ転送の処理を設置するのが「リダイレクト」。
スパムサイトでもない、普通の移行なら、だいたい評価が引き継がれます。

もちろん、一時的なリダイレクトである「302」などにすれば、評価は保留されるかと。

もしや:逆SEO?コピーコンテンツや品格ゼロ行為はアウト。

逆SEOとは、競合など特定サイトの順位を下げるべく行う行為や悪行・・だそうです。

誹謗中傷で信用を落とそうとしたり、低品質サイトからリンクを貼ったり、ちょっとでも下げたいサイトを評価させにくくする諸々を頑張ったり、上位の記事をパクりつつ微調整で、元記事の痕跡消したり・・・と、涙ぐましい(?)努力をする、みたいな。

逆SEOじゃなくても、著作権ガン無視な記事を公開するメリットは0。

コピーコンテンツ」と言ってパクリ度高い記事は、Googleにもだいたいバレるんです。
「似たページAの方が、あなたより先に書かれたよw アウト!」って調子かと。

むろん、コンテンツの独自性は、最初「どこかでみた風」になりやすいモノ。
「とはいえ・・・」なケースですね。

ほっんと「自分コンテンツ」は大変ですけど。。

Googleアルゴリズム アップデートで下がった?

Googleアルゴリズム アップデートとは、SEO基準の見直しで、大掛かりな変動は、年に数回ほどGoogleから公式発表されたりも。
ずーっと同じ仕組みでは、悪いホームページの排除が進まないからです。

2020年のGoogleアップデートは合計3回でした。

  • 2020年1月14日〜
  • 2020年5月4日〜
  • 2020年12月4日〜

最新のアルゴリズム変更は、2021年6月3日〜。
主要なアプデは、本アナウンスがGoogleから公式に発表されています。

Googleアップデートで一気に下がったら、いつ・何する?

コアアルゴリズム・アップデートの仕方は「1〜3週間かけてジックリ検索順位を安定化させていく」ようです。
てなわけで、アップデートのアナウンス後すぐは「仮説は言えるけど、最終判断は落ち着いてきてから」に。

でも、自己診断や参考情報を間違うと、意味ない対策・見解に結びつけるだけ!
なので、ご注意ください(汗)

【知ったかぶらない】最も簡単なGoogleアップデートの対応方法とは、やはり「慌てず、現状分析を踏まえ、ライバル以上なコンテンツを目指す」。
アルゴリズム変動に振り回されにくい考え方は、「もっと根本からSEOをわかる」努力のみ!

「12月アプデで上がった〜\(^o^)/」と早々と言えるのはつまり「そーゆー理解度」で。。
その他諸々、流されないうえでも知識は便利です。

ちょこっと分析!簡易診断ツール一覧

下がったら、脳内でウンウン唸るのも大事ですが、いくつかのポイントはWebでできるSEO診断ツールがサポートしてくれます。
総合的な原因分析を。

Googleサーチコンソール 「手動による対策」に警告メッセージが届く。
「カバレッジ」で(ごく限定的な)ソースコード記述エラーなどが確認できる。
SEOチェキ 実は、ミニ診断としても便利。URLを入れると、titleタグなどのSEO実施状況が見れます。
コピペチェッカー

自分がパクりすぎていないか&自社の記事が競合にコピペされていないか?チェックしてみましょう。
他コンテンツと重複度が高いと、著作権はもちろん、おそらく上がらないですね。

無料のコピペチェックツールとしては、CopyContentDetectorが定番的。
(4,000文字以上は、有料)

検索順位アップしない→ おすすめ記事

良質なコンテンツなのにGoogle検索で上位表示されない…最新のSEO対策とは?」をご一読ください。
(当方もWeb通さまでSEOを学ばせていただきました。)

落ちたSEO/検索順位は戻せる?改善方法は?

記事が増えてきたら、公開ずみ記事のSEO改善もオススメ。
(2〜3文字何となく変えるなど)申し訳程度でなく、本気で改善して初めて検索順番に影響する可能性が見えます。

  1. 「同じようなテーマの記事」を1つにまとめる。薄かった記事が濃くなることも。
  2. 「特定テーマの記事」をリンク集的にまとめた、まとめ記事を作る
  3. タイトル、本文、SEOテクニック面、わかりやすさなどの加筆・修正(リライト)

ページが少なければ、まずは新記事アップからやりましょう。

また、リライト力や本業のスキルや経験値を積むなども必要。(気づけないので・・・)
簡単なSEO改善なら、タイトルと見出しの見直しでもまぁまぁ有意義なようです。

(一旦ここまで。)

検索エンジンは「些細な要素」では検索順番を変えない、硬派なヤツ。

SEOに無関係な要素リスト

  • ドメイン名やURLが日本語か英語か
  • 有料広告出稿の有無
  • WordPress(ワードプレス)を使っているか?
  • 有料ワードプレステーマ、検索順位チェックの有料ツールを使っているかどうか?

は、検索順位の決まる仕組み(アルゴリズム)には無関係。

英語URLのほうがパッと見で読みやすいので、おすすめですが・・・。

SEOにほぼ無関係

  1. 地域名の連発
  2. スマホ対応しただけ

などは、ほぼ無関係。

地域上位を目指すのも一つですが、ランキングはページごとの評価が先。
無関係な地名タイトルを入れても、芳しい効果がでるとは限りません。
検索順位アップは「内容で勝負」を。

モバイルファーストインデックスはいつから?MFI/スマホ対応で作り直すべき?

モバイルファーストインデックスとは、Googleの評価基準が「パソコン向けのページ」から「スマホ用ページまたはスマートフォンで見たページ」を元にするよ、とのアルゴリズム変動。
完全終了は2021年3月末まで延期した後、「5月時点でも未完」だそう。

スマホ表示が全くできていないサイトの改善はムダじゃないですが、上位表示には必ずしも関連しなそうです。

「PCでしか見れないレイアウトのサイト」もその「htmlやテキスト」自体はGoogleが読めなくはない。ただ、スマホで人間が見たときの「体験」が良いとは言えません。
よって、総合的には「まぁ、できたら対応しましょう」となるかと。

ミニマルなモバイルファースト対応方法とCSS書き方

難しい対応ができない方は、ひとまず「よくあるスマホ対応サイト」なみを目指して改修を。
より深い利便性は2の次でも、遅くはありません。下記がミニマムなスマホCSS設定になります。

  • 主なスマホ画面の320〜560px幅で快適に見れるよう、PC用とスマホ用はメディアクエリで分岐させる
  • タップできるよう、ボタンサイズは縦横44px以上に

常時SSL化しないと下がる?

SSL化もあくまで一例ですが、記憶では「明確に関連が認められる効果」まではなかったかと。
ただ、安全性を示すマナー的な対策として、SSL契約はやっておくべきですね。

Googleクロールはいつ来る? 巡回頻度が低いブログは検索に引っかからない?

クロールがいつ、どのくらい来るかは、1日1回、2〜3日程度、などケースバイケース。

アクセス多いサイトや更新頻度が多いページなんかではよく巡回される、とか言われています。
不安なら、ファンの多いサイトを目指すに越したことなさそう。

でも、手動登録もでき、クロール頻度さえ高ければ上がるとも限りません。
あくまで、参考データの1つとして。

クロール頻度・巡回日のチェック方法

Googleサーチコンソールで「設定」クリック→「クロールの統計情報」内の「レポートを開く」をクリック。

3ヶ月分のクロール総数が見られます。

「設定→クロールの統計情報→ホストのステータス」より一応、エラー確認もしておきましょう。サイト改善より大問題・・・かもしれないので。


「カバレッジ」タブより、こちらもエラー概要と、「詳細」メニューから最近巡回された日が確認できます。

自分のサイト成果を確認するには、自然検索順位チェックツールで【人気4ツールご紹介】

「そろそろ上がるかな…。」

ちょっとお待ちを・・・。
その設定ややり方で自分のサイトの検索順位を確認すると、無意味です。

検索順位は人によって違うんです。
いつもお使いのブラウザで自分のCookieや履歴も残ったままでは、「自分」に合わせた検索順位になります。

今いる場所も、検索順位に加味される仕組み

お店や教室を検索した際、現在地を反映した検索結果に調整されます。
「ベニスアップデート」という検索アルゴリズムの進化です。

地域性が重要なキーワード(歯医者、ダンス教室、美容室など)については、地域を明示して検索しなくても、現在地に応じて検索結果が調整されるという仕組みです。

https://www.seohacks.net/basic/terms/veniceupdate/

他にも、グーグルアカウントでログイン中だと、検索結果にも自分の検索履歴が影響しちゃいます。
「パーソナライズ」と称されます。

「よく見るサイトが上位表示されやすいと、便利じゃね?」ってGoogleの配慮フィルタ。

検索順位を調べるには?

だから、正しい検索順位は、場所やヒトの影響のない「まっさらな状態」で調べる必要が。
調べ方は、順位チェックツールならわかります。

シークレットウィンドウで検索順位チェック

最も手っ取り早い方法。ツールが苦手な方や、お手軽チェックに。

シークレットウィンドウ(シークレットモード)とは、自分の履歴のない状態で閲覧できる、ブラウザの機能です。
このモードで見ている間は、閲覧履歴や「キャッシュ」という痕跡が保存されません。

Google Chromeの検索順位確認

*Safariなどにも同様の機能はあります。

  1. パソコンでChromeを開きます。
  2. 右上のその他アイコン、次に [シークレットウィンドウを開く] をクリック。
  3. 新しいウィンドウが表示されます。

上部の隅にシークレットアイコンがあれば、シークレットモードになっています。

https://support.google.com/chrome/answer/95464?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

無料の【自然検索順位】調査ツールでチェック

【自然検索順位ツール1】SEOチェキ

こちらも、すごく簡単に検索順位がチェックできます。

SEOチェキ

  1. サイトURLを入力し
  2. SEO順位を見たいキーワードを入力

するだけ。

【自然検索順位ツール2】GRC インストールソフト型ランキングチェッカー

無料では使用制限つきですが「GRC」というインストール型SEOチェックツールもあります。
複数のワードを日々チェックする作業が大変で、効率化するとき用。

【自然検索順位ツール3】サーチコンソール

Googleサーチコンソールでも、「平均検索順位」の形で指定期間のSEO平均値がチェック可能。
順位が高いままだと数字が低いままになるので、無料でざっくり大きな問題がないか見るのに向きます。

■ Google検索エンジンとは、公平な上位表示の仕組み!

  • 検索エンジンに登録・評価してもらおう。
  • SEO対策とは、ホンモノのコンテンツと被リンクが大事。
  • 人気・信頼も高いと順番も上がる仕組み。
  • リライトで上位の検索順番も狙える。

「簡単にできるレベル」で満足せず、オリジナルで価値あるコンテンツほど、順位アップする仕組みです。
地道な勉強と分析と改善を。

・・・でもね、Googleくんさぁ、なんか権威至上主義的だったり、謎現象もある気はするんです←

私も、皆様の記憶SEOに刻んでいただけるよう頑張らないと…。

SEO対策の始め方入門▼

SEO対策, ブログ

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^