奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

フォロワー買ってもムダ。いいねとフォロワー欲しさに依存しないSNS活用法とは

「いいねって、どれくらいすればいいの?」
「いいねするほどフォロワー増える?」
「いつもいいね少ない…簡単に増やせない?」

SNS初心者さんの戸惑い、焦り、孤独・・・。

趣味でマイペースでやれれば良い人は、おそらく気にしないでしょう。
が、何かしらの結果を得たい方は、「私って…このままで良いの?」「何か間違っているのかな…」と思っておられるのではないでしょうか。
そこで今回は、私がSNS使ってみての雑感や、ありがちな心理状況を織り交ぜ、SNSの孤独感や承認欲求への対処法をまとめてみました。

SNSはフォロワー「数」より「濃い」心理的な繋がりを

薄いフォロワーは集客にも意味ない!

あの人、フォロワー1万人いてスゴイ!私もああならなきゃいけないの?

ちょっと待って・・・・!

あなたがもし、「SNSの世界さえよく見えたら」「商品さえ(無理やりでも)売れたら」満足なら別ですが、そんな悲しいことないですよね・・・?

でしたら、SNSも現実の延長として使いましょう。卑下も、誇大広告も要りません。
大切なのは、あなたの等身大の発信に共感してくれる人を、大切にしていくこと。

フォロワー属性で、「いいね」などの心理が異なる

フォローしてくるアカウントには、大きく次の属性(理由)に分かれます。
リストの上にいくほど無駄なアカウントで、下へ行くほど、あなたを応援してくれたり、商品購入してくれるかもしれない、歓迎すべき人たちです。

  1. スパム型
  2. 自己集客狙い型
  3. 暇つぶし型
  4. 情報収集型
  5. 友人型
  6. 顧客候補型
  7. ファン予備軍型

ただ、【直接的な顧客にならない人=無意味アカウント】ではありません。
SNSで、そこまでキレイに顧客候補のフォロワーだらけには、なりにくいと感じます。
なので、「フォロワー集め=お客様集め」と思いすぎないのがおすすめ。

いいね、フォロワーが「活きる」アカウントにしよう

エンゲージメント(お互いの関心度や関与度)が高くなければ、「いいね」などしてくれる可能性も低く、不自然な行動は、「水増し」に見えてしまうかもしれませんよ。

危険!フォロワー数「だけ」を増やしたくなったら、SNS依存です。

「とりあえずお店紹介/いいねされたし、フォローしてみるかー」だけの関心では、あなたの発信や商品に興味持つのは、至難のワザ。
また、「こういう事したら、思うような反響ありそうか」を想像しようにも、薄いフォロワーが多すぎては、成果がイメージしづらく、ノイズになってしまいます。

*フォロワー外いいねも考えると、計算はあくまで参考ですが、重要なのはそこじゃなく💦

フォロワー2000人の場合

🙄 濃度2〜3%1投稿いいね: 40〜60(関心/関連性そこそこ)
😰 濃度2〜3%
(*効果弱めなので、実質もっと薄いかも)
1投稿いいね: 40〜60(フォロワーの質が悪く「薄い」いいね)
🙂 濃度50%フォロー数 2,000人(そこそこ関心)➗ フォロワー2000人(そこそこ関心)
😰 濃度2%フォロー数 2,000人(薄い関心) ÷ フォロワー 2,000人(薄い関心:1,960人+そこそこ関心:40人)

フォロワー100人(そこそこ関心同士)の場合

🙂 濃度16〜50%1投稿いいね(そこそこ関心)16〜50➗フォロワー100人

上記はイメージ数値ですが、
キャンペーンなども、フォロワー増えた!と思ったら、謎アカウントのフォロワーだらけだと、実はムダだった
・・・と怖いことが起きやすそうだと思いませんか?

いいね率が悪すぎる場合、SNS発信の改善を!

Twitterのいいね率は予測しづらいんですが、インスタのいいね率は傾向があるようです。
インスタで「1000フォロワーなら1投稿あたり100いいね未満、200フォロワーなら20いいね未満」だと、フォロワーは数だけで、無関心な人が多いと考えられます、SNS運用改善が必要そうですね。

Twitterの「いいね率」はフォロワー数に関係なく3%未満、
Instagramはフォロワー数が少ないほど「いいね率」が高い!

Instagramでは、1,000フォロワー以下の「いいね率」は10%を超え、8,000~30,000のフォロワー数を持つインスタグラマーの「いいね率」が全体のレンジの中で高い傾向。

pr times

大したことない投稿で、いいね2000越えの秘密

いいね多いSNSアカウント、羨ましいですか?
よく見れば「確かに小ぎれいな写真だけど、芸能人でもないし投稿文は中身うすっぺらいような…🤔」インスタ投稿に「いいね」がつきまくっていること、ありますよね。

でも、よく見ると外国人フォロワーや便乗宣伝したいだけの人、信者的な人で埋め尽くされていたら、「作られた人気」かもしれませんよ。
SNSを安全に楽しむには、ご自身が、その方の発信や活動を冷静にみることが重要です。

インスタやSNSで「いいねしないフォロワー」なぜ?を心理的に解説。

インスタやSNSで「フォローだけして、なぜいいねしてくれないの?」
その理由は…

  • 無関心
  • 何投稿か見て、あまりあなたの発信を心待ちにしていない
  • あなたの発信/インスタ1枚目画像などで興味を惹かれないから
  • (あなたのサービスなどに)疑い中
  • 多忙・大量フォローなどで一瞬しか発信が目に入っていない
  • 関心が薄れ、もはやあなたをミュートしている
  • 偽アカウントや詐欺アカウントなどの無駄なフォロワーさん
  • ターゲットや目的不明な発信で、集まってしまった日和見層

などなど、いろんな可能性が。
いづれにせよ気にせず、理想のお客様がリアクションしたくなるよう発信力を磨いた方がいいでしょう。

ただしフォロワーさんを駒のように考え、「いいねくれない」即解除!などはよく考えて。

SNSの関係性は「お客さま」でなく「さまざまな人間」。
SNSならではのゆるいつながりを楽しんだ上で、「なんか辛い・TLが混雑する」場合は距離をおいてもいいと思います。

なお、「大量フォロー後、【使える相手】を選別するようにごそっと整理」は一番ダメです。

見せかけの魅力だけでなく、「ご自身のアカウントを、お客様候補がフォローすべき理由」がもっとも重要です。
それなく「いいね」などの有無に嘆くべきじゃないし、「いいね周り(いいね返し狙い)」などで数ばかり気にしても、集客効果につながらないでしょう。

facebookの「いいね」が少ない理由

facebookは実名制、会社やビジネス関係のつながりと、友人とのつながりどちらもあり、「いいね」「シェア」が控えられることもあります。
でも、やたら友達(??)を増やしていいねし合っている方の場合、日常やランチ投稿、ポエムに大量のいいねが付いていることもあります。
なので、多いから「すごい人・信頼できる」、少ないから「怪しい」「自分はダメなのか…」などと決めつけるべきではないでしょう。

水増しインフルエンサー、ダメ、絶対。

今どき、自動化ツールなり手動でいいねなどしまくっている人はいます。
フォロワーや客探しのために(*もちろん、褒められた行動ではないです)。

「いいね」「フォロー」の全てがだめ(or 怪しい)、というより、

  • 「知人だから、いいねしないとまずいかな」
  • 「大量いいね/フォローしとけば、何か繋がるかも」

そんな「とりあえず」すぎる行動は、あまりない方が価値あり。
有意義なつながりになる、とも思えません😓

無節操すぎては、SNSツールの判定も、何がしたい人かが伝わりにくいでしょう(後述)。
また、

  • なんで興味なさそうな人までフォローしまくってるんだ…
  • 怪しいアカウントからのいいね・謎コメントばかり

と思われては、イメージがた落ちですよね?
判断力ある人には、不自然だとバレますし。

なので水増しは諦めて、怪しい人からのフォローなどはなるべくブロックし、安心されるSNS運用を目指しましょう。

*大量フォローやコメントがきたら、さばききれないかもしれませんが…。

 

参考

インスタでいいね押しまくってくる人はなんなんでしょうか。興味持って見てないやろって思います(笑)

yahoo知恵袋

「義務的な振る舞いをする人々は自分たちがコミュニケーションをとっていると思っていますが、実際はできていません」

https://wired.jp/2018/09/30/group-text-reactions/

・・・と思われる可能性も高いです。
いつもの「いいね」、ちょっと立ち止まってみても。
「ボットか、いいね返し狙い?」と思われると、逆効果ですよ!

自分の「いいね」増やしたいためだけな「いいね」に価値はなく、ファン作りには遠い行為。
なので、ある程度は自分なりの基準を設けて、いいねしまくる暇があれば、もう少し生産的なコトを進めましょう。

フォロワー買ってる or 水増しアカウントを見分けるには

(典型的な)怪しいアカウントを見分けるまでは、リテラシーさえあればできると思います。
難しい方はこちらをヒントに、なるべくリスクを防ぎましょう。

1.フォロワー数の割にいいね率が少ない

無反応フォロワーが多い場合、インフルエンサーやSNS集客のプロかどうか要注意。
平均的な範囲か、エンゲージメント率=【いいね数/フォロワー数】を出してみてください。

ただ、いいねだって買えるし、相互いいねしまくったり「教祖」化していいねさせやすく盛り上げることも不可能じゃないです。
たくさんいいね付いているケースも多いですが・・・。

2.フォロワーがフォロー数より極端に多い、または極端にフォロー数が多い

「フォロー数200・フォロワー数1万」などフォロー数が少なすぎるインフルエンサーは、本物の人気か偽物(買っている等)か極端な気がします。
「フォロー数5,000・フォロワー数1万」などフォロー数がフォロワーに対して多すぎるインフルエンサーは、相互フォローしまくって人数だけ伸ばしたパターンに見えます。

3.判断つかない時はフォロワーの質と傾向で見る

フォロワーがどんなに多くとも、

  • 外国人
  • アイコン・IDがデフォルト
  • 起業/集客支援なんちゃら

アカウントだらけでカサ増しされているアカウントは、買っているか不明でも、「客観的に見た自アカウントの健全性」を気にしていない人かもしれません。
この状況で「フォロワーの増やし方教えます」的なコンサルをしている場合、心理的な距離を取りつつ、冷静に判断を。

もちろん、どのような感覚・リテラシーでそれをやっているか?も総合的に見ないとダメですが。。

最終的に、自衛スキルさえつければ、数分〜のアカウント・誘導サイト確認だけで、わりと見分けられると思います!
わからない場合、心のどこかで「救われたい」「稼ぐ裏技が…」なんて思っているかもしれません。。

「いいね数」で承認欲求を満たさない、気にしない方法

インスタでは、スマホでいいね数の非公開が適用されましたね。

SNSって所詮「他者のプラットフォーム」。いつでも勝手に変えられます。

「不自然ないいね・フォロワー増えても(増やそうとしても)ムダかも…」
って思えてきましたでしょうか?

参考

Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う

それでもいいね数のために頑張ってしまうなら

心理カウンセラー、メンタルクリニックへ行きましょうv

「いいね」だけでは、フォロワー増えない

「いいね」は、ごく小さなキッカケしか効果ないです。
フォローを迷っている人は、こういったモノを判断材料にしているはず。

  • 発信の魅力
  • プロフィール
  • サービス/商品特徴
  • その他コンテンツ(ホームページ/ブログ)
 

参考

見たくなる発信を続けよう

ちなみに発信頻度ですが、企業の公式アカウント含め、体感としては毎日投稿しているところはしていますが、そうでもないアカウントもあります(特にインスタ、Facebook)。

いづれにせよ、「常に“燃料”が必要な、脆いアカウント」になってしまわない運用ができると良いでしょうね。

*お互いにとって、あまり意味ないフォロワーさんが離れる分には、気にされないほうが。 (そういうので減るのは、普通です。むしろ「良質なフォロワーの割合が多くなっている」と捉えてください。)
*なんでもそうですが、放置しすぎは、よろしくないですがv

【できそう】なら、コンスタント(毎日1投稿くらい)に発信するのはいいことです。
投稿→改善のサイクルをうまく回せる人は、やるほど積み上がっていきますからね。

ただ、SNS活用にまつわる勉強が難しそうなら…やってもやっても、うまくいきづらい期間が、長引くでしょう。
(いくら無料ツールでも・・・流石に「ちょっともったいないな💭」と思ってしまいます)。

常にストイックである必要もないですが。
(適切に)頑張っておられる方は、萎縮しないでいただければ。

いいねするほど、ランクが上がる?

Instagramのアルゴリズム

公開されている情報と、使用感からして、自分の好みや関係性の強い人・ジャンルを判断するのは、「投稿へのアクション」「フォローしている/されている人に近しいアカウントをオススメする」・・・・などが、限界ではないでしょうか。
少なくとも、「空気」は読んでくれません。

こんな記事も。

Instagramのフィードで何を見るかを決める、三つの主な要素

  1. 関心
  2. 新しさ
  3. 関係

ほかに、以下もランク付けに影響する:

  • 頻度
  • フォロー
  • 使い方
InstagramのアルゴリズムをInstagramのチームが説明

表現が難しいので、解説します。

・とった行動や発信内容などで「あなたの興味」を判断し、
・より直近の投稿等をもとに、
・【積極的なアクション】をした相手

ほど、ランクが高まるとのこと。

つまり、

  • 「無理に繋がっている相手や知り合い」に「お愛想」で
  • 良かれと思って、傾向バラバラに

「いいねやコメントをする」ばかりでは、思うようなつながりが生まれにくいかもしれません。

ちなみにインスタで、自分が望まない投稿にちょっと「いいね」しただけで、関連アカウントが引っかかった(?)らしい経験が。参考まで。

 

「発見」タブの表示原理も似た感じ

ユーザーの関心(いいね、フォロー)に基づいた投稿が表示されるのが基本です。
ここが理想的な表示になるようアクションすれば、新たないいつながりができるかもしれませんね。

何が表示される? Instagram「発見(explore)」タブの表示のされ方と特徴まとめ

Twitterの場合

設定で変えられますが、いいね、RTしすぎるとタイムラインに大量に流れるので、アルゴリズムというより、単に鬱陶しくなってしまいます。できれば厳選する方が喜ばれます。

SNSフォロワー数はアクセサリーじゃない

フォロワー少ないと、心配かもしれませんが、「最初から」「カンタンに」「誰でも」サクッと伸ばせるものではありません。
地道かつ戦略的に活用する中で、【結果として】伸びてくれば十分です。

可能性ある人を「広める」感覚

よく言われますが、

  1. 魅力的商品があって、
  2. 集客しやすく信頼されるコンテンツがあって、
  3. 現実でも様々な活動をしていて、
  4. そこにSNSという窓口やエッセンスを加えることで

SNSの意味がでやすくなるもの。

それぞれの柱をしっかり立てて、運営しておくのがベターです。

そんな訳で、
私どもも「Web/SEO/SNS/リアル」どれか一つが秀逸なのではなく、相乗効果が出るために、賢く使っていくことをオススメしています😌

続けて高めて、SNS効果は上がる

SNSも、ブログも、「やります」というまでに脱落する人は山のようにいて、行動できる人、続けられる人・・・と、だんだんと数が減っていくよ、という話は有名ですね。
「続ければあなたも・・・」というのはこの部分。

苦労すればいいものでもない

そして、「ただ続けるだけじゃ…」というのがこちら。

うまく行っていないときは、振り返りがずれたり、相談先を間違えたり、もしくは、予算削減だからと、自分で解決しようとしすぎて行き詰まっているか、だと思います。気合いでは改善できません。

あまりに場当たり的な努力が続くのは、「ちょっと…」と。。

SNSにできることを考えよう

  1. SNSって、SEOより簡単・ラクチンだっけ?
  2. SEOや広告より安上がりだっけ?

(1) 簡単?

じゃあ何で、SNSマーケティング会社がいくつもあり、有名業者は、いいお値段するのか?
簡単なら、すでにみなさん、集客できていますよね。。
こんな(?)ブログとか見にきませんよね。

投稿もすぐ流れ、過去投稿は探しにくく、自社の資産価値としては弱めです。

(2) 安上がり?

「自力で勉強して、SNS活用して望む結果だせる人」であれば、安上がりですね。
決してSNS至上主義ではなく、ブランディング・集客の一環として、うまく反響を出せれば。。。

ただ、そこまでの方はきっと、この記事見ていないので(汗)

広告に関しては、単純に「依存しすぎると、永久にコストがかかるデメリット」などありますので、本当に信頼できるプロを見極めましょう。

【SNSから離れる方法】依存せず、あなた自身をアップデート

  1. SNSを開く時間を制限し、スマホから離れる。
  2. SNS通知を制限。
  3. いっそSNSアプリ削除。
  4. ブランドを高める勉強や読書、自分会議を始める。

無理にフォロワー数「だけ」増やすのではなく、発信スキルを上げたり、商品・伝えられることを見直したり・・・。
もっとも大切なのは、アカウントやあなた自身を育てること。

SNSで盛ってしまったら?

私も発信していると、なんだか凄そうに見えている方もいるかもしれませんし、言い方を間違えてしまうこともあるでしょう。
受け手の解釈も、送り手の表現力も、互いに不完全です。

なので、基本的には修正がきくものではないでしょうか。
…よほど、リアルと落差のある世界を見せ続けていなければ、ですが。

■ 「ホンモノのフォロワー」とつながる、依存しないSNS活用を

SNSは評価が気になると、精神的にも疲れます。
そもそも、「SEOもSNSも楽じゃない、すぐには結果でない」を念頭に、心理的な距離を取りつつ、トライしてくださいね。

  • 「濃い」フォロワーに好かれよう
  • 無意味なフォロワーは追わない
  • 水増し、ダメ、絶対。
  • 「いいね」だけでは(適切なフォロワーが)増えない
  • いいね活動(?)は計画的に
  • フォロワーはアクセサリーじゃない
  • 続けて高めて、効果アップ
  • 盛るのはムダ

いろんな人が、それぞれの都合に合わせ、自社サービスなどをアピールしてきます。
SNS上のセールストークは、ご自身の状況を無視しているかもしれないし、ステージが上がれば、やはり「それ」をすべきかもしれません。

全員に通じるアドバイスはないですし、中には(あえてなのか、本人の表現力の問題かはともかく)「紛らわしい」発信している人も。

「今は**の時代」に踊らされず、的確な判断や努力で、快適なSNSライフを送りましょう。

Web運用全般ですが、あまり課題を改善できるでもなく、時間だけが過ぎている人も多く感じますので、ささやかなヒントとして。

運用してみれば、ザクっとは掴めます。
全員怪しい…という人は、(いちおう)独学という選択肢も。

ホームページ制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング/分析)ぽいのもするホームページ制作屋。
ブランディングも応相談。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。MakeShop・FutureShopパートナー。
  • 元ダンス部👠。ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。

課題改善、世界観/思い伝えるお手伝い。
情報や自己流で疲弊する前に、お気軽にご相談ください。

名刺だけ、集客診断なども対応。

SNSをフォロー ⤵︎

現状ご相談

^