奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

ECサイトのSEOでやっておきたい、シンプルな対策だけまとました。

小規模ECサイトもSEOは、「どうせ何やっても無駄・・・」ではありません。
もちろん、どんな条件・キーワードでも上位表示を叶えるには難しいものの、やはりブログSEOなしでアクセスを集めるのは困難でしょう。

その上で、まずは基礎的な内部対策をしてみましょう。

小手先のテクニックだけではムリですが、小手先も理解する必要があります。
「もっとSEOに強いネットショップにできないか?」とお考えのあなたに。

カテゴリの分け方キーワード選定についても軽く書いています。
ブログのキーワード関連でお悩みの方もよければどうぞ。

主に、自社ショップ型で商品説明を作り込めるオーナー様向けの記事です。

ECサイトの構成、SEOにかかわる仕様は適切に

ECサイトも通常サイト同様、メインの骨格や共通のベースなどは、カート選定や最初の設計がそれなりに重要です。
コーディングやカテゴリなど情報分類は、プロジェクトの最初からECサイトを適切に制作する方がおすすめ。

もしもユーザー側で変えられない箇所やSEO機能面に不満があればカートの問題です。
でも、カテゴリやある程度のサイト構成なら、基本的には対処できます。

(ネット通販歴10年の経験で学んだECサイトSEOの8つの教訓)

ECサイト内部でSEOに強い商品カテゴリの分け方/キーワード選定

ECはカテゴリ設計次第で損してる。。

当然ながら、おしゃれワードや抽象的な表現、英単語などをカテゴリ名にしてしまうと、SEO的にも使い勝手も問題です。
SEOに強いキーワード選定を意識しましょう。

ECサイト内キーワード選定のコツ

土台になるキーワードの参考は、楽天やAmazonさんから。
でもそのままマネると、貴社の商品展開をうまく表しきれなかったり、競合が多すぎることもよくあります。
(ご説明、忘れそうでした💦)

アマゾン ECサイト 食品カテゴリの例

なので、もう1単語ほど足すと、より小規模ECサイト向きな「そのジャンルの購入意欲が高い、狙い目キーワード」が作りやすいです。

「ポール・スミス 財布 安い」はポール・スミスの財布を買うことは決まっており、どこで買うかを探している状態です。
キーワードには「CVまでの近さ」という視点があることを理解しましょう。

ECサイトでは、ロングテールキーワード・CVに近いキーワードを意識して、狙うキーワードの選定を行いましょう。

ECサイトのSEO戦略とは? 狙うべきキーワードと実践したいサイト構造を解説

個人的な追記

そして、作ってみたカテゴリ名が実際に自サイトで使い勝手良さそうかや、需要・競合のチェックもお忘れなく。

あまりに細分化しすぎたカテゴリ名は、検索需要がとても少なくなってしまいます。
それに、カテゴリ名の見やすさも考慮すべきでしょう。

カテゴリの分け方 注意点

  1. 階層は深すぎない
  2. 必要以上にカテゴリを増やさない
  3. 意味的にほぼ一緒のカテゴリは1つに
  4. 商品数1〜2点しか入らないカテゴリは避け、自社ECサイトにあった設計に。
  5. ターゲットが探しそうな切り口を揃える

賢そうにいうと「情報設計(インフォメーションアーキテクチャ)」と言われる部分です。
カテゴリが複雑な業態の方は特に、基礎レベルでも、わかりやすい設計とそうでない設計が理解できるといいでしょう。

単品通販(*種類やアイテムが限られる)に近い業態では、あまり問題にならないかもしれません。

1〜4.商品カテゴリ数をほどよく

無意味なカテゴリがあるとデザイン上も邪魔になります。
一方、同じような内容のページは「SEO順位を下げる」のではなく「重視ページや狙いを伝えづらくなる」だけですが、「計画的に分類しておく」に越したことはないでしょう。

5.ターゲットが探しそうな切り口を揃える

Tabioでは、シーン別に「結婚式・二次会/ヨガアスレジャー」、お悩み別に「むくみ/冷え症」、おすすめカテゴリなどで探せるようになっている。https://tabio.com/jp/brand/kutsushitaya/

「ジャンル別」「●●対応アイテム」など、お客様が商品を探す意図は、複数あります。
目的別カテゴリがあると、簡単にお目当てのアイテムにたどり着けますよね。

複数カテゴリに同じ商品を分けても問題ありません。
ただ、際限なくカテゴリを増やすと、サイトがわかりづらくなったり、散漫な印象になる場合もあるので注意しましょう。

ECサイト商品ページのSEO手順

ECサイトの商品ページも、ブログも基本は同じ。
なるべく各ページ、丁寧に対策するに越したことはありません。

個別に設定すると、「商品名はわかりやすくシンプルに、タイトルや説明(ディスクリプション)にはキャッチコピーや魅力がわかる文言を入れる」など、クリックされやすい工夫がしやすいです。

どこまで個別対応するかは、サイト規模などのお店事情に合わせてください。

なお「どんなECサイトでも、こうすればSEO成果が見込める」訳でも「自社ECサイトの最適化さえすれば売れる」訳でもなく、あくまで色々な集客対策の1部分としてお読みください。

独学SEOで難しいのは、1つのことに期待を持ちすぎたり、「ムリそう(想像)」と思いすぎたりしてしまう部分だと思われます。

  1. レンタル(ASP)カートなどは、独自ドメインに。
  2. URLを見やすく、わかりやすく。
  3. 商品タイトルタグにキーワードを入れる。
  4. 商品ページのディスクリプションにもキーワードを。
  5. 商品名もキーワードを入れる。
  6. コンテンツもSEO対策したいキーワードを意識する。
  7. その上で、お客様の「知りたい」を叶える十分な商品説明文を執筆する
  8. お客様が逃げず、お買物しやすい設計にする
  9. 結果を見て改善・追記する
  10. お客様コンテンツを活かす

以上、10ステップ(+2)で完成です。

1.SEOの第一歩は独自ドメイン

画像上がカートのサブドメインで、画像下が独自ドメイン。

baseやJimdo、wixの無料版だとサブドメインになってしまいます。
レンタルカート(ASPカート)を契約し、ドメイン契約していない時なども同様です。

  • https://○○.thebase.in
  • https://○○.wixsite.com

アメブロがSEO対策に不利なのと同じ理由で、独自ドメインが(基本は)有利。
サブドメイン型でもSEOに可能性がなくはないとしても、できれば独自ドメインがオススメです。

(ざっくりですが)高価格帯ショッピングカートはページの自由度が高いことは多いかな、とは思います。
ただ、「カート選定やドメイン契約」は、自社ECサイトを将来的なこと含め、どのようなものにされたいかによるかと。
baseでいいか?とbaseで独自ドメインにすべきかに関しても。

2.SEOとURLは関係するのか

例えば、

  • https://abc.jp/?pid=634296666 みたいな長いURLや、
  • https://abc.jp/item1.html みたいなキーワードがなくわかりづらいURLは、

検索結果での見やすさ・クリック率がイマイチです。
SEO順位とは無関係ですが、「https://abc.jp/wine/」などキーワードを使いつつスッキリしたURLにしておくと無難。

3〜6.商品ページでSEOキーワードを意識する

ECサイトのSEO内部対策は、今でもそれなりに効果があるとの調査データが出ています。
確約はムリでも、やる価値は十分じゃないでしょうか。

SEO改善の売上アップ事例

(未設定ショップと比べ)SEOのキーワードをtitleにしっかり設定をしているショップは166%、
XMLサイトマップ設定済みのショップは115%売上が高い。

ネットショップ開業の成功事例・失敗事例から見えてきた共通点

このネットショップは、おそらく型番商品ゆえモール等において商品説明文が同じになってしまう問題を抱えていました。
「ミラーページ」とGoogleに判断されてしまったようで、全くインデックスされませんでした。

それに気がつき、地道にページの変更を行っていきました。
半年ぐらいしてから、いくつかのキーワードでインデックスされるように。今年1月ごろからビッグワードも上位に。

…売上もそれに伴って上がってきました。

SEOに強い!ネットショップの作り方|ECのミカタ

商品ページのタイトルタグの決め方

個別で魅力的なタイトル要素を加えても良いものの、「商品ページ用タイトル設定」として下記のようにパターン化しても。
これは、手動でタイトルを決めるにも効率的なアイデアです。

<title>商品名 キーワード | ショップ名</title>

例えば、「×××●●(シリーズ名や商品名)パンプス ポインテッドトゥ 7cmヒール | ショップ名」みたいなタイトルだと良いですね。

SEO的に良くないタイトル例

  • Procecco | ショップ名
  • 魔女のヒミツ | ショップ名
  • ×××●●パンプス ポインテッドトゥ 7cmヒール オシャレ かわいい 個性 青い ピンヒール 柄 サテン 即納

こんな風に「英語だけ」「イメージ先行で検索キーワード無視」ですと、確実に検索される可能性が低く、検索エンジンには引っかかってきません。
また、自社ECのSEOでは、楽天感覚でタイトルや商品名にワードを詰め込むより、ある程度の重要ワードに絞りましょう。

商品名の決め方

商品名とタイトルタグで出し分けられるような機能がなければ、上記で決めたメインの商品名で統一されます。
「 | ショップ名」のようなタイトル共通要素を除いた部分ですね。
大見出し、リンクテキストなどにも使い回されることを考え、適度なキーワードの使用と商品名としてのわかりやすさ、自社サイト内検索でも便利なネーミングにしましょう。

参考

タイトル/ディスクリプションの決め方など

7.商品ページに十分なコンテンツを書く

オリジナルでお客様のためになり、商品をしっかり説明できるような商品説明を書きます。
対策キーワードは使っていただきたいですが、SEOを上げる一心で「キーワードを何個書こう・・・」などは、ブログSEOと同様、無意味です。

そう言われても書けない…方に

何を書けば・・・というときは、こちらのネタ帳を参考にしてください。

  • この商品の*つの特徴
  • これを買うとこうなれます(ベネフィットや未来像、憧れ、なんかいい感じ)
  • こんな風にも使えます
  • 改良ポイント
  • 他社ではあまりできない魅力
  • どんな味、質感
  • こんな人にオススメ
  • 開発した理由
  • スタッフが買ってみたレポ
  • このアイテムとこう合わせて使うと、さらに〜です

8.お客様が逃げず、お買物しやすい設計にする

例えば「思うような商品が見つかりにくい・・・」
「リンク先が想像しにくい・・・」

そんな体験を減らすデザインや動線づくりを考えましょう。
お客様にいい印象を持っていただくこと、ゴールできることも重要です。

SEOは「直接効きそうな対策」以外も意識してください。

10.お客様コンテンツを活かす

商品ページにレビューを掲載する

多くのカートシステムで実現できると思いますが、レビュー機能は使っておきましょう。
「何を書かれるか不安…」
そんな方もいらっしゃるかもしれませんが、
お客様こそ「誰も買っていないのかな?おいしいの?不安…」と思われかねません。

はっきりした直接的なSEO効果はないものの、信頼度とコンテンツ量は上がります。

実に95%の買い物客が、購入前にレビューを読むことがわかっています。
またレビューは商品ページに追加コンテンツを提供し、ロングテールキーワードのランク付けにも役立ちます。

https://www.shopify.jp/blog/ec-seo-checklist-for-your-shop

SEO集客の入り口を増やす

各種SNSアカウントを開設しましょう。
お客様候補とダイレクトにつながれば、ページ紹介などで自社サイト価値をアップできるかもしれません。
直接の被リンクは難しくても、結果的・間接的な効果が期待されています。

また、他メディア、顧客様など掲載チャンスがあれば、ご紹介いただくのも一つです。

「商品ページのシェアボタン」などの設置も(ないよりは)シェアしやすくなるので、機会拡大には有効です。

販売終了ページの対処法

運営中で悩みそうな問題に、ECサイトで廃盤、販売終了ページはどのように扱うべきか?があります。
答えとしては、こちらを参考に。

  • 代替ページがないのであれば、素直に削除が適切。
  • ページを削除したくないのであれば、noindexを付けて検索結果に出ないようにしつつ、そのページに販売終了した旨を伝えてもいいかもしれない。
販売終了ページをカテゴリページやトップページにリダイレクトするとソフト404になる!?

用語アレルギーな方向けにご説明すると

  • 「欠品ページと似た在庫ありページがなければ、普通にページを消す」
  • 「消したくなければ、ヘタな転送はせず、Google検索からだけ隠す」
  • 「類似商品ページがあれば、301リダイレクト(SEO引き継ぎ転送)でもOK」

いづれかです。

個人的には、内容や評価、同じURLの復活ができなくなってしまうので、なるべく商品ページ丸ごとの削除は避けたほうがいいでしょう。

SEOポイント+1〜 ECサイトのコンテンツを増やすコツ

「小規模ECサイトは、どうせページを増やせないのでは?」

いいえ、そうとも限りません。

  • シーズン特集
  • 〜で選ぶ
  • ギフトにおすすめまとめ
  • セット商品、関連商品などを作る

こんなコンテンツの追加なら、ブランドコンセプトを邪魔せず、かつサイトページを増やすことができます。

SEOポイント+2〜 ECサイトの【ソト】でSEOするコツ:ブログ集客

最後に、忘れがちなのが商品ページの調整のみでできる集客やSEOの限界。
「楽天などがひしめき合っていて、誰でも思いつくキーワード」上位をやみくもに目指すのは、きっと難しいでしょう。自社ECサイト単体だとなおさらです。

SEOに間口を広げ、可能性のあるキーワードを探していく上で、ブログ集客(コンテンツSEO)もご検討を。

過去記事にある気もしますが、ブログは商品の直接的なネタだらけでなく、お悩み解決・お役立ち系(潜在的なニーズ)も拾えるとよいかと思います。

私が把握している限り、ブログの設置場所は「コスト重視でカート公式のブログツール」または「ECサイトと同ドメインでワードプレスブログ」「WordPressブログは別サイトで」のいづれかです。

■ ECサイトのSEO対策でやっておきたいことまとめ

以上、ECサイト内を中心としたSEO改善のご参考に。

やるのは普通のSEO対策ですが、ECサイト内のSEO改善だとモール/大手の壁、キーワードの幅の壁などもあり、大手でないお店ほど、工夫や別ブログが重要です。

ムリなものはムリかもしれませんが、きちんとできれば、EC内のSEO対策にも一定の意味はあります。

また、SEOテクニックはあくまで表面的なもので、SEO対策のすべてではありません。
ぜひ、SEO目線とお客様目線でバランスよく自社ECサイトも見直していただけると幸いです。

ホームページ制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング/分析)ぽいのもするホームページ制作屋さん。
ブランディングも応相談。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。元ダンス部👠
  • ダンス等、ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。

名刺だけ、集客診断などもお気軽に。

現状ご相談

^