奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

WordPressブログ or note?ツールの使い分けと違い

ブログを始めてみたいとき、最初に気になるブログツールの選び方。

WordPressブログとnote、集客ならどっちがいいか」
ブログツールの使い分けをメインに「やるならどこ?」「noteをホームページとして活用できないか」などを解消いただけます。

「Twitterやインスタ、アメブロで発信しており、集客やデメリットに限界を感じた」なら、ご検討の時期に来ています。

ブログとnote(ノート)、アメブロなど無料ブログは各自、かなり違いがヾ(・д・`;)
効果的な部分やツールの文化、目的とムードにあったツールをしっかり選んでくださいね。

ニアリーな記事を書いたことがあって「今更ね・・・って思われたらどうしよう😱」躊躇っていたのですが、これはこれで参考になればw

集客しっかり・公式ホームページ目的なら、断然WordPressブログ

WordPressのメリット 5ポイント

  • 集客数、アクセス数が確保しやすい
  • SEOコントロールしやすい
  • アクセス解析とSEO解析が強い
  • ビジネス信頼度が高い
  • デザイン・機能充実でブランディング・システム面の自由度が高いなど

企業や団体として発信するなら、おすすめはWordPressですが、
「まだ続くかとか書き方もわからないし、とりあえずちょっとお試ししたいんですが・・・」ならnoteを推します。

WordPressがいい理由はこちらを是非m(__)m

noteでネットショップ集客できる?

ネットショップブログで、noteを採用する事例も見かけますよ(ㆁᴗㆁ✿)
Stores.jp/base/futueshop/shopify など、商品ページをリンクカードで埋め込む機能が。

連携済みショッピングカートは、「noteと連携しているEC」から確認できます。

ブログからネットショップ誘導が簡単になりそうです。

欠点は、

  • 自社通販は「EC連携対応カート」か?
  • SEO分析が不可能
  • ショップ内の記事検索はできない

など、課題は残ります。

おすすめの使い方は、ネットショップオーナーの想いやコラムはnoteに、SEO対策・使い勝手を調整すべき記事を自サイトで積み上げる手法。

noteのみ運営で、どこまで成功できるか?は個人差が出やすい、と見ています。
あくまで懸念で、全ては正しい努力次第・・・かも。

個人的なブログ、集客/SEOをあまり気にしないならnote

アスリートやフリーランス、公式ホームページの個人アカウント・・・など、公式ブログよりどちらかというとプライベート感のある発信にぴったりなのが、コチラ🌟
noteは無料から使える、ライトなブログサービスの一つです。

noteのメリット 6ポイント

  1. シンプルなブログデザインと機能でみやすい、簡単、ダサくなりにくい
  2. 記事販売で直接「商品化」もできちゃう
  3. アメブロよりは、SEO有利か?
  4. システム管理やWebサイト構築が不要
  5. ややプライベートイメージが強く、個人ブランディング向き
  6. 手軽なので始めるひと増加中

1.見やすい、簡単だからすぐ始められる

シンプルで誰でも触れる管理画面でストレスフリー。
「ワードプレス怖い・・・とりあえず無料がいいな・・・」というあなたにおすすめ!

エッセイ風、詩人なあなたや、脱アメブロ目的にも優しい

しっかりした記事は好まれますが、独自サイトで期待されるボリュームに比べ、そこまで長い記事かけなくても敬遠されにくいです。
だからブログ初心者さんにもぴったり。

2.ブログ記事販売で収益化

記事の販売機能があり、記事の前半を無料で、後半は有料化するような設定もできるのが魅力です。大抵は1記事あたり数100円レベルが相場感ではあるものの、有益な情報・読みたい魅力があるなら、記事購入してくれるかもしれません。(手数料にご注意を)

3.SEOにちょっぴり強いツール?

「noteはSEOに強い!」と断言できるほどではないのが微妙ですが、色々余計な要素もなく、他のお手軽サービスよりは、googleにも概ね好感触なようです。

4.システム管理やWebサイト構築が不要

WordPressとかいきなりは、怖いけど、プロに依頼するほどでもないはず・・・でも今のところは、自力で発信場所を用意したい。
そんなあなたに。

5.個人ブランディング、ファン獲得に強い

noteで人気の記事は個人アカウントのイメージで発信されることが多いです。
公式ブログだとテーマが外れたり、ちょっと伝えづらい、などサブ発信にもおすすめ。

note自体にフォロー機能もあって、気に入っていただけたら継続的に新着記事をチェックできます。
コアなファン化もしやすいでしょう。

6.ユーザー急増中の注目メディア(*SNSでは。)

WordPressに比べると圧倒的に小規模ながら、その便利さゆえ利用者数はめちゃくちゃ伸びたみたいですね。
自社サイトやほかのSNSからの記事誘導に自信をお持ちか、WordPress構築のコスト不安が強い場合はnoteかも。

【2020年11月版】人気ソーシャルメディアのユーザー数

https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-users

noteのブログ集客効果

お店がnoteをはじめるときに知っておいてほしいこと

noteのデメリット

  1. 集客力は弱め
  2. WordPressなどに移行できない
  3. デザインは選べない、カスタムできない
  4.  
  5. 機能や独自ページの追加や、自社サイトと連携できないなど、「ホームページがわり」とはならない
  6. アクセス解析機能が物足りない。

1.集客力は弱め

SEOにも強めと評判のnote。
ですが、「ブログ」としての役目しかないのと、独自ドメインではないため、「他分野の雑多な記事中に、間借りして住んでいる」形になり、SEO(Google検索)による集客が難しいことも。機能的に細かいところまで行き届かなかったり、総合的なブランディングには、向きません。

note自体のトップページをご覧いただくと、「noteのなかでお目当ての記事を探す」導線もちょっと使いにくいです。

そして、主なアクセス源が、note自体のフォロワーと、SNSフォロワーということ。

そんなこんなで、SNSなどで発信後しばらくは注目されても、徐々にアクセスが落ちやすくなります。アメブロほどでないにしろ、ブログでありながらSNS的な寿命の短さ、を抱えている印象が。つまり、SNSの過去投稿がほとんど読まれないのと似ています。
Twitterかnoteで、かなり影響力を持てたら別ですよw

また、読者層もクリエイター/IT系やビジネス・自己啓発よりで、最近は異業種のユーザー層にも広まりつつある程度なので、あらゆるターゲットに読まれやすい状況ではありません。

noteは、おそらくご自身のTwitterアカウントをシェアされやすいレベルで伸ばし、note記事のSEO対策ができれば、アクセスアップもできる印象はあります。

ただnoteは良記事をピックアップしてくれるため、注目度を高められればnote公式でおすすめされる可能性があり、そこから、自力では繋がりにくいターゲットと繋がれるかも、という魅力が。

noteがだめということでなく、大きな成功は難しそうですが、相性のいい目的や記事内容にはちょうどいい、というところですね🙂

期待する効果や成果によっては力不足・・・と。

「note始めました」とかいう人をよく目にする。法人なのに、わざわざ外部でやる意味がよくわからない。
そのサービスが永遠なんてありえないんだし。
僕は有料売場として使っているだけ。閉鎖となったら、移転するだけ

January 29, 2020

2.WordPress/アメブロなどに移行できない(noteへの移行も不可)

アメブロからnote、noteからWordPressなど引越しシステムがありません。
「気が変わったら、予算ができたらWordPressに変えようかな」なんてことは無理なので、あらかじめ今後の拡大・SEOやデザイン強化などを見越すなら、最初からWordPressの導入がおすすめです。
デメリットをご理解の上で、一時的にnoteでブログ発信を試されるなどは悪いことではありません。

3.デザインカスタマイズもできない

どのアカウントでも全て同じ、超シンプルデザインです。あの人、あの会社、と印象づけるのに、ビジュアル面も軽視できません。だからこそ、noteで勝負するのは、コンテンツの魅力とメインビジュアルなど挿入画像くらいに限られますので、低クオリティ・不適切なものは埋もれやすくなります。

*とはいえ、ちょっと発信して諦める・文章が苦手…で済ませるのは早計ですよ(・_・;

4.「ホームページの代用」とならない

あんなデザインや構成で、こんなコンテンツを…。ができないです。
自社ホームページがあっても、いくらnoteで記事を書いても、自社サイトのSEO評価が上がるわけでも(一応)ありません。

noteは「集客の別口」としてだけの使い方となります。

また、WordPressなどへシステム移行できないので、noteのままでやっていくか、どこかのタイミングでnoteを卒業し、WordPressの自社サイト運営していくのか、などnoteとの付き合い方を決めましょう。

ブログはアメブロじゃダメ?予算もないし…

アメブロはSEOに弱いだけでなく、読者層が特殊、集客がソーシャルや自主イベントからに限られる、などが難点(「無料ホームページ Wix/Jimdo/無料ブログのメリット/デメリット」も読んでくださいねv)。
なので、あえてのアメブロ愛用者限定、個人の自己満足ブログ目的などでなければ、思うような層には届きにくく、労力のわりに。。。となりやすいです😢

note以外に、アメブロやWordPressとも連携させるべき?

noteがSNS的な位置付けだったら、WordPressも立ち上げてSEO強化するといいです。
アメブロまで連携させると、互いのデメリットがダブるからです。

最もやっちゃダメなのが、noteの記事をコピペして、他メディアでも投稿しちゃうこと。
自分の記事であっても、SEOが分散します。

類似ブログサービスは、はてなブログ

文章好きなユーザが多いので、noteより論理的でパブリックor個性的な記事が多いです。
WordPress同様にストック的サービスで、はてなユーザに注目されれば、はてな経由でも閲覧が伸びたりするのが、ユニークなサービス。

ただ、無理に「はてなブログ」じゃなくても、という立ち位置です。
SEOにも強く、独自ドメインも取れます。

「WordPressは怖いものの、noteも物足りない・合わないけど、SEO対策したい個人/フリーランス」には、絶妙な手軽さですね。
総合力では、やはりWordPressブログに軍配が上がります。

■ ブログ・noteは「集客/メリット・デメリット/ターゲット/内容」で使い分けを✍️

というわけでブログやるなら、
「SEOと自由度・資産度ではやっぱりWordPress」
「管理コスト重視、集客力それなりでもOK派 or SNS資産をお持ち、ブランディング的なブログならnote」
でした。

メリットや世界観が違うので、noteとワードプレスどっちも使う、ってやり方もありだと思います。
その他情報発信ツールの優先度・使い分けはコチラ。

WordPressブログ始め方 書き方からSEOまで▼

ブログ, ブログ集客, ホームページ運営, ワードプレス

ホームページ制作奈良 エイプリルデザイン
ビジネス春メク🌸Webカウンセラー

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング/ライティング)対応のホームページ制作とブランディング。
お気軽にご相談ください。名刺、集客診断だけでも。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。カート選定からもご提案可。
  • 元ダンス部₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^