奈良 集客ホームページ制作 エイプリルデザイン April Design

1人web担当者の業務範囲や採用基準は?

中小企業様や個人事業主さまへ。ホームページ自体はあるものの、効果を実感できている企業はどれほどあるか、ご存知でしょうか?

効果の出やすいwebサイトを目指す上で欠かせない「web担当者」。

では良いWEB担当者を採用するにはどのような人材選びや、業務範囲を求めていけばいいのでしょうか?
「WEB担」に必要なスキルや人材像を解説します。

ひとくちに「WEB担当者」といっても、スキル感・本人や周囲の意向などによって、単純作業者となってしまっているケースもあるかもしれませんが、理想的には以下のような業務となります。

ホームページの修正

ホームページ・ECサイトは日々更新作業がでます。どこまで担当するかによりますが、少しレイアウトを整える程度でもHTMLやCSSの知識がないと、むやみに内容を変えたら崩れたりしてしまいます。

なので、WEB制作の基礎知識は必要です。新着情報の更新や新商品のアップ、内容の修正業務など、WEB担当者にとって日常的な仕事といえます。

また、システム的な機能追加も自社でという場合、ショッピングカートやシステムは「htmlやcss」とはまた別のスキルが必要です。

アクセス解析など課題分析

ページは公開したけど注文が来ない・・・なぜ?

そんなWebサイトの問題点を発見するツールの一つがアクセス解析。もしアクセス解析を見られる時間がほぼないなら、とても勿体ないです。国内主要企業の導入率も高く、軽視できません。

正しく活用できれば、貴社のwebサイトは効果が出やすくなるはずです。

ホームページ制作

ときには新たにWebページを作ることも。基本的には、キャンペーン・商品紹介ページなど、既存ページを踏襲したページ制作を行います。

サイト構成や集客を考えたり、制作の進行役部分はWEB担当者が制作業者にある程度の要望を伝えられるようにしておくべきです。

場合によっては、担当者にホームページ全体の実制作まで求める企業もございます。
ただ、情報設計、デザイン力、htmlやcssの構成力、JavaScript、WordPress、ECシステムなどWebサイト全体を作るには高度なスキルが必要なため、全面的なWeb制作はどちらかというと、外注がおすすめです。

SEO対策

「効果のある・集客できるホームページ」を目指すなら必ず取り組むべきなのがSEO(検索エンジン最適化)対策。
検索順位を良くするには、ホームページを改善したり、ブログ記事の発信などの対策を続けなくてはなりません。Webサイトを公開しただけでは、ほぼほぼ成果は上がらないでしょう。

ただ、情報は玉石混交で、正しいSEO知識が必須です。

コンテンツ/ブログの制作・執筆、撮影等

集客の基本となるSEOは、数ページしかないようなwebサイトでは不可能です。そこで、ページの追加や既存ページ内容の充実させなければなりません。
SEOも順位アップだけを目的としてしまうと、それを人間のお客様にとって見る価値のないページや情報とみなされてしまう危険が。

そこで、来ていただきたいお客様にマッチし、わかりやすく魅力的な記事/ページを作るスキルなどが求められます。

魅力要素として、見栄えのする写真や動画撮影、その補正・編集スキルもあるとベターです。

リスティング広告・その他広告運用

リスティング広告とは検索結果の上の部分に出る広告です。SEOだけでは取れない層の顧客を集客でき、有効な集客手段のひとつです。

広告を利用していれば運用・改善が必要。成果が出ていないキーワードを止めたり広告文を変更して効果を見るなどの作業です。成果を出すには知識も必要です。

SNS運用

企業のSNS導入率も増えました。SEO・広告以外の集客ツールとして今や欠かせないものに。
SNSも、もちろん更新が必要です。

しかし、感性だけに頼った運用をしてしまったり、更新が滞ったり、宣伝が強すぎるなどうまく活用できない企業アカウントをよく見ます。というのも、SNSは本来はプライベート目的なので、無理に購買を促すことができにくいのです。
ミニブログのようなものと言っても良いかもしれません。
一つの投稿ですぐにゴールに導けるものではなく、顧客との関係性を高めたり、魅力を伝えながら、少しづつ効果が出てくるもの。

ですのでSNS集客に短期的な成果を求めないことと、SNSマーケティングの知識や企画力が必要です。

社内説明、企画提案

WEB系以外の企業のWeb担当業務には、多くの課題があります。

WEB業界では常識でも、他部署の人間や社長にとっては常識ではなく、理解されないことも多いです。

例えば「ホームページは少しのスキルでも、簡単に短納期で作れる(処遇面で単純作業とみられる・教育コストが考慮されない・教育の仕組みがない等)」とか、「ホームページを作ればお客がきて当然」「情報が少なくてもwebデザイナー/web担当ならライティングも簡単なはず」「コンテンツが少なくてもSEOは可能」と考えているなどです。

また、WEB担当者側も会社や業界知識が学べなかったり、必要な情報が与えられず適切な提案ができないことも。

上司や経営者、周囲のスタッフはwebについて詳しくないことのほうが多いかと思われます。
できるだけWeb系専門用語を使わず、わかりやすく説明することが重要です。

このためヒアリングや説得など、コミュニケーション能力も求められます。

企業の決裁者とWeb制作会社をつなぐ翻訳者として

Web制作業者やフリーランスへ外注する場合、先述のような周囲の要望や自身でも今回のホームページ制作で叶えるべきと思っていることがあると思いますが、web制作者に伝えるには、webのことも自社のことも理解している人材が適任です。
ただ周囲に言われたことをそのまま伝達するのでなく、自社サイトにとって有益な制作になるように要件をまとめられることが望ましいです。

例えば「この機能をつけてほしい」など言われたとしても、時代に合わなかったり目的達成にはさほど必要ではなかったりすれば、社内で説明したり、業者との打ち合わせでweb担当として発言するなどを、私自身もしておりました。

初めてwebデザイナー/web担当者となるような方、ネットショップ担当者ですと小売経験のない方を抜擢すると、いわゆる「デザイナー」像とは違うポイントのひとつなので、注意が必要です。ただ、経験者でなくとも入社後に身につけることは可能です。
また、同じくネットショップだと、モール出身者か自社ECサイト出身者か、デザインまでやっていたのか、バナーだけなのか・・・などによっても経験内容などが微妙に異なります。貴社通販サイトと異なるタイプのキャリア、スキルが不足している方などには、適宜、サイト特性に合わせた教育の機会があると望ましいでしょう。

Web/IT/マーケティング情報収集と活用

web関係の情報や技術の変化は非常に早いです。
Web担当者は情報に敏感になり、トレンドや自社で活かせる情報をキャッチする必要があります。SNSや口コミサイト、ブログ、さらには書籍などからの情報収集も重要です。

1人で業務時間内に学べるかは難しいかもしれませんが、有用なセミナーなどに参加させてもらうのも一つの方法です。

セミナーや情報収集で得たものを自社サイトの結果につなげていくには、そこから信頼できる情報を選ぶ力や活かす力をつけていく必要があります。

【プラスアルファ】セキュリティや著作権の基礎知識など

基本程度は知っておられると、Web担当者としてはかなり仕事がスムーズです。
「売れるサイト」というだけでなく、リスク面も考えられる必要があります。

こういったこともwebサイトの信用につながりますので、採用後の学習内容の一つとしてお勧めいたします。

全部できる人は希少種

「要するに、ちょっとhtmlわかればいいんでしょう?」
「事務スタッフが、Photoshop使えるらしいから自社HPお願いしようかな…」

「大した業務ではないはずだから、適当にやってもらえばいいか」では、可能性ある良い人材を採用できたり、Web担当者としての適切な業務範囲にはなりにくいです。

すべて一人で行なうにはweb制作スキル、SEO、広告、SNS活用、マーケティングの知識など、幅広い知識やスキル、相応の経験が必要になります。もし他の業務も兼任していたら、web業務の時間も限られてきます。

作業員感覚の募集要件も多いですが、ここまでできる方を「片手間仕事」要員として採用することは難しいはずです。

SEOやWeb改善、デザインなどは、「少しできそう」という方が、良くわかっておられない・・・ということは、起こり得ます。

■ まとめ

(理想の)WEB担当者に必要な知識やスキルはかなりハードルが高いです。
かつては単純作業の感覚でも運営できましたが、現在は高度化し、競合も多様化しています。

WEB担当者が1人いるだけでも、改善ノウハウを社内で蓄積していければ大きな資産となるでしょう。
ちょっとした修正はもちろん、コンテンツも自社や業界の知識を持った人材なら貴社にマッチした案が出やすいはずです。
さらに経営者やスタッフなどに対し、WEBの知識を社内で共有することもできます。

ただ、1人でできる限界はどうしてもあり、これらのうち幾つかが可能な人材が現実的です。

貴社のweb担当者さんの強みを活かしていただきやすい人材活用を検討されてみてはいかがでしょうか?webに割ける時間や予算もなく全てを求められて苦しむ、ひとりweb担を生まないためにも。

自社でできない部分はプロに

ちなみに当制作では、元web担当者目線でわかりやすく進行・サポートさせていただくことを得意としています。
制作後は、ブログ運用支援などもご相談くださいませ。

April Design(エイプリルデザイン)

  • 【ビジネスに春を呼ぶWebデザイナー】として伴走型でWeb制作と活用を支援。
  • ネットショップ担当▶︎ホームページ制作会社▶︎独立。心理学基礎知識あり。
  • 通販/スポーツ🎪/飲食など、ココロ・カラダが喜ぶサービス応援。
  • スモールビジネスに寄り添うご提案。
  • 魅力伝わるHP・ブランド作り。
  • 分析改善、ブログ/web活用/SEOなど、運用サポート・指導も可能で安心。
  • 関西以外でも、一度ご相談を。(遠方はオンラインメイン想定)

一人で悩んでいませんか?
集客販促/ブランディングの悩み、まずはお気軽にご相談ください👩‍⚕️
現状の集客やHP状況を診断してから…という方のメニューもございます。

現状ご相談

シェア▼
^