奈良 集客ホームページ制作 エイプリルデザイン April Design

[実例あり] 重症度90%超 リニューアルすべきホームページ 7選

SNSではお伝えしましたが、ホームページお悩み相談・診断、始めました。

リニューアルを無理に勧めたりはしません。
(あくまで、リニューアルするほうが望ましい場合にのみ、おすすめします。) …ということで、今回は「少なくともどんなホームページだったら、リニューアルすべき?
5個の特徴を図解つきでご紹介します。

「何かダサいから結果が出ていないのでは・・・とにかくオシャレに!」
「古いデザインだから、新しいデザインにさえすればいい」
などなど、あいまいな理由や見た目だけでホームページリニューアルを希望されるお客様。
ちょっともったいないです!

それだと、あまりいい結果に繋がりにくいんです…残念ながら。
「では、何基準で判断すれば?」となりますが、まさにそこをイメージで済ませないためのサービスになります(^^)

「でも、ほんとにちゃんと診断してくれるの?」と思った方へ。
当サイトがどんな考え方でweb制作に取り組むか、少しだけお伝えすると
「アクセス面でどんな問題がある?作りは時代や目的に合っている?
 貴社の魅力・商品やサービスの良さが、届けたいお客様のお客様に知られていない?」と、データからも見た目からも課題点を洗い出させていただきます。

1. レイアウトが明らかにおかしい

  • 画面が崩れて文章が読みづらい。
    自社スタッフに作らせたものの、スタッフも知識不足なため、改善できない
  • 最初は問題なかったがいろいろ触っているうちに崩れてしまったとか、表示されなくなってしまった
  • スマホで真っ白になる部分が・・・
  • 何もしていない(多分)のに見えなくなったんです…!
    ・・・など。

よくある、レイアウトおかしい原因

  1. ご利用のブラウザ(Internet Explorer・Safariなどインターネットを見るためのソフト)が最新バージョンにアップデートされ、対応できていないものが表示できなくなった
  2. スマホ対応できていない
    【check!】前回のホームページ作成・リニューアルから4~5年以上経過している場合も時代的に、スマホ対応はしていないはずです。
  3. 単に、レイアウトやデザインがかなりまずい
  4. 一部のブラウザや環境への対応ができていない(*この場合、あえて修正すべきかは判断させていただきます)

自分で解決はできないかもしれませんが、作り直すしかないかと思います。何もしたくない、プロに依頼もしたくない…場合は、自社サイトの集客を断念せざるを得ないでしょう。

多くの人に見られてしまうと、「基本的なこともできていなくて不安なサイトだな。利用するのはやめよう…」
と信頼性に疑問を持たれてしまうので、長く放置するほど危険です。

2. どのページもtitle・descriptionが同じ

ページのtitleタグは、ページをブラウザで表示させた時のタブなどに出ていたり、検索結果に表示されるそのページの主な表題の役目を果たしています。
自サイトのページをいくつか開いて表示させてみてください。表示しきれない場合、マウスオーバーするとみえます。

全ページが個別のタイトルになっていれば、最低限レベルはOKですが、全て一緒だった場合、すぐそれぞれのページの内容がわかるtitleに変更しましょう。そして、もちろん今開けてみたページ以外も、すべてチェックしていただき、それぞれの内容に沿ったタイトルづけを行ってください。

一般的に「ページタイトルはそれそぞれ固有でなければならない」と言われます。

スタッフ紹介 | ○○カフェ
メニュー | ○○カフェ
お問い合わせ | ○○カフェ

などとこのtitleを見れば、ユーザーが内容をイメージしやすいことが大切です。もしどのページも「○○カフェ」だと、「○○カフェ」のメニューなのか、ホームなのか、そういったことが全くわかりませんよね。

検索エンジンは使う人の立場に立った作りが好きで、webサイト内に同じtitleのページが複数あると、そのどれが本当に「○○カフェ」トップページなのかは評価しづらく、結果として思うような順位にはなりにくいのです。

*一つ注意したいのが、titleタグの改善が必要だったら変更するしかないんですが、短期間に何度もtitleタグを変更するとSEO的に問題の出る場合もあります(>_<)
なので、「なんとなく変えてみよう♪」といった感覚で、安易に変更しないでいただけるととっても助かりますm(_ _)m

「なにそれ怖い。じゃあ、もうよく分からないから、何もしない!」
との声もあるのは分かるのですが、 万一、「タイトルさえ変えればOK」というお話かと勘違いされる人も多いと思われるので、あえて本当のことを説明させていただきます。

descriotionの手抜きも良くないです。

ページのdescriptionタグは、今では検索順位にほぼ影響しませんが、コチラも大事です!
「なんで?順位に関係ないならいいやん。」と思った方。
 実は、検索結果ページから「このページは見てみよう!」となるべく高確率でクリックしてもらうのに必要なんです。

キャプチャを見ると、タイトルのすぐ下に文章などが見えますよね、これがdescriptionです。
基本的には、descriptionタグに記載しておいた内容がそのまま出てきます。

大抵の事業には「検索での競合サイト」がいくつもあります。

とあるページを求めているお客様に見つけていただき、クリックしてもらうためには、検索結果の画面で目に留まる必要がございます。
そこで、全てが同じdescriotionだったりですと、
 「これはクリックしたら、どんなページ内容だろう?」という部分が分からなくて、最悪の場合は無視されて他のホームページに行ってしまいます。

ですから、主要なページのdescriptionタグくらいは、きちんと作り込んでおきましょう。

titleやdescriptionタグがしっかり設定されていなかった場合は、格安ホームページ業者に頼んだなら、その価格帯では確かに仕方ないことなので、諦めて別の業者を探しましょう。デザインしかできないような業者とかに依頼していた、そんな場合も貴社がwebに何を求めるかを見直して再検討しましょう。

3.ブログが薄い

ブログ内容が薄い/SEO(検索順位のしくみ)が理解不足なまま運営されている方。アメブロなどは公開が手っ取り早く、予算面でもありがたい集客アイテム。
ですが、アメブロは、集客したいビジネス目的webサイトの参考にはなりません。質の悪いセミナー・サービスもあるので、独学の壁も・・・

では、なぜ薄いとダメか、良くない記事とはどういうものか?見ていきましょう。

SEO・ユーザー目線不足

case1:サイトテーマと無関係

「夢は叶う」…など、キラキラ・精神論系、
「新年会でした🎉」「うちのペットは」…などただの日記系。

そのホームページのテーマ・目的はどこへ??というような投稿は重症です。本当に集客したい方は、誰か・何のために書いているか、見直しましょう。

case2:押し売りブログ

告知多すぎ。。。「とにかく自社サービスを購入させたい」一心で量産されている記事に、消費者は気づいています。

case3:その他,低品質なブログ

人が見に来たとしても印象に残らず、集客効果が出にくくなっています。
検索でアクセスを集めるには、有益・メリットのある、情報も豊富な記事。ここで、お手本ブログを間違えないようにしましょう。単純なお知らせなど、文章量が少なくなってしまう場合は別ですが…。

書き直していただくか、アメブロなどは、リニューアルの機会に自サイトを用意して育てていくほうがスマートです。

*理想は1記事1,200文字以上ですが、最適な文字数が決まっているワケではありません。字数だけに因われないようにしてください。
(参照:ブログ記事の目安となる文字数とは?SEOを前提に考えてみよう。)

*今回の投稿は5,000文字くらいになります。イメージできましたか?

4.全く更新されていない

SEOはある程度、更新されているwebサイトのほうが評価されやすいとされています。必ずしも、厳格なものではないですが。。

ただ、1年以上も変更、新規ページも増えないホームページは人が不安になるレベルですので、やはり問題です。
不安になるというのは、 お客様がお店の前を通りかかったとき、古ぼけた外観や薄暗い店内を見て「この店は閉店中かな?」と感じて去っていくのと同じようなことが、あなたのサイトで起こっているのです。

また、熱狂的なファンでもない限り、更新がなければふつうはそのサイトを繰り返し見に来てもらえません。

何度も訪問してもらえない、とはつまり、サイトの存在感も薄まり、成約率が下がり、じわじわビジネスにも影響します。

5. サイトのボリューム不足

HPの規模が小さい(参考値ですが、20〜30ページ規模)。概ねSEOが難しく、そのままでは上がりません。

「北欧雑貨」「ワイン 通販」とか超メジャーなキーワードで検索してみてくだされば、なんとなくご理解いただけるかと。そのワードで圧倒的にぴったりな「中身の濃い」サイトをgoogleが好むのです。

新ページを更新できていないのは、更新しづらい(ツールで効率化できるムダ作業が多い)など、放置を軽く見ている、など付随する原因もありそうです。

というわけで、ブログ機能が必要になります。

6. ターゲットが曖昧

以前お話したように、ターゲットは全員!ではなく、来てほしい「あなたのお客様」に合わせたホームページであることが重要になってきています。

文章表現からデザインまで、誰にでも好かれる・何でもできる……ではなく、お客さんにぴったりな情報やサービスであることを伝えられていますか?

そうではなかったり、判断できない/自信がないがホームページ運営はうまくいってないと感じられるなら、ホームページ制作 相談&診断などで診断頂くなど、まずは見過ごさない対応をしていただく状態かと思われます。

「予算だけで依頼してしまった」「何となくで発注先を選んでしまった…」「デザインだけで選んでしまった/制作のときに見た目の話しかしていない」
このような方は、ターゲット・方向性などが曖昧なwebサイトになっている恐れが高いです。
「裕福なシニアにも、勉強好きな小学生にも、パートで働く兼業主婦にも、経営者にも刺さる製品やホームページ」は基本的には実現できません。

7. 現状のHP制作ソフトやシステムが使いにくい

イライラ…複数の画像が一度にアップできない。ちょっとした更新にも時間がかかりすぎているような…
もし本当に時間が無駄にかかっているなら勿体ないです。

こんなことが続いていませんか?

  • htmlで手作業。ヘッダーなどの共通部分に変更があれば1ページづつ作業するしかない…
  • 自社で作成しているうち、cssやhtmlなどが複雑化してしまった。
  • 無料ブログなので、思うようなナビゲーションや自由なページが作れない。
    ブログ投稿で済ませている。(美容室、飲食店、企業サイト等)
  • web制作会社に依頼したが、その制作ソフトやツールが使いにくい、問題がある、単純作業に時間がかかる

このような方は、Wordpressなど信頼できるツールと適切な作りでリニューアルすれば、業務効率化になるんです!
中小企業のweb担当業務は、デザイン以外にも色々と兼任されていると思いますので、ぜひ負担を減らす検討をして頂ければ、と思います。


リニューアル頻度の平均

これでも

リニューアル周期は「平均6.4年」 BtoB 企業のコーポレートサイト事情

■ まとめ

1.レイアウトがおかしい

自力で解決は難しいかもしれませんが、適切なものに作り直しましょう。

2.title・descriptionが同じ

サイト全体をすべてチェックしていただき、それぞれのページ内容に沿ったタイトル・descriptionづけを行ってください。

3.ブログが薄い

SEOを考慮した、ユーザー目線で読み応えある記事に書き直しましょう。

4.更新されていない

SEOのためにも、ユーザーのためにもある程度は更新できる体制にしていきましょう。

5.サイトのボリューム不足

最初は難しくても、やり方を学ぶなりサポートを受けながら、恐れすぎず、お客様のための記事づくりをしましょう。その場所がなければ、サイトを再設計してブログ(コンテンツ)が書ける準備を。

6.ターゲット像が曖昧

文章からデザインまで、誰にでも好かれる・何でもできる……ではなく、あなたのお客さんにぴったりな情報やサービスであることを伝えられていなかったら、そのままにせず、相談を。

7. 現状のHP制作ソフトやシステムが使いにくい

ちょっとした更新にも時間がかかりすぎているようなソフトや仕組みになってる方へ。心当たりございましたら、リニューアルで効率化、考えてみませんか?

以上、最低限まずい事例のまとめとご提案でした。「自サイトに当てはまるな」と思ったものの難しい・不安な方は、ご相談ください。

販促ホームページ制作 奈良 April Design

  • 【ビジネスに春を呼ぶWebデザイナー】
    スモールビジネス向け伴走型のWeb支援。
  • ネットショップHP担当▶︎ホームページ制作会社▶︎独立。Web解析資格📈・心理学科。
  • 奈良,大阪,関西,全国(遠方はオンラインメイン)
  • 🛒ECサイト(通販)/スポーツ🎪/飲食☕️など、ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。
  • 丁寧なヒアリングでターゲット・目的を考慮し、中小・スタートアップ段階に寄り添うご提案で、サービス展開をサポート。
  • オリジナルな魅力伝わるHP・ブランド作りで、商品が陽に当たりますよう。
  • 安心の分析改善、ブログ/web活用指導/SEO/など、運用サポートプランも。

集客/販促、SEO/マーケティング/ブランディングの悩み、まずはお気軽に【April Design】までご相談ください👩‍⚕️

HP/集客ご相談

シェアする。
^