奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

ブログを毎日更新できなくても集客できる?最低記事数は?

– コンサルA 「ブログ毎日更新しないと集客なんてムリです」。
– コンサルB 「続ければ、そのうちアクセスアップできます。」
– コンサルC 「集客は、Facebookとアメブロで十分。高額なホームページは必要ありません」

こんな自称ブログコンサルさん、結構見かけますね。

「でも本業に差し支えるし、気合いだけじゃ疲れる〜」

毎日更新から解放されたいあなたに贈る、おすすめのブログ運営方法をご紹介。

SNS集客のデメリット

投稿を続ける必要はありますが、それだけで売上に結びつきません。存在を忘れられてしまうリスクはありますから。特にFacebookやインスタは、とにかく拡散性が低いのが難点。シェア、リポスト機能はありつつも、あまり活発に利用されません。「いいね」で届く範囲も、知り合い・フォロワーが限界です。
ミュートしてたり。また近年、Facebookのタイムライン上で全ての投稿が、必ずしも表示されなくなっているケースも。。

ただ、他のSNSもSNS「だけ」では、結果が出るまでSEOなどより長期間かかることも。

Facebook集客の限界

Facebookの利用者数は、SNSの中で3位の使用率。メインはミドル年齢層以上になりがちで、若年層には不向きです。SNSでなんとなく人が来る、と考えるのではなく、あなたのお客様候補がそこによくいるかどうかでも、力を入れるべきSNSも変わってきます。


出典:https://blog.comnico.jp/we-love-social/sns-users

出典:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

FacebookはクローズドなSNS

Facebookは、基本は知人向けメディア。
届く範囲は、公開設定でも大抵は、知人の知人か、フォロワーまでですし、これからもっとプライバシー重視にしていく、という公式発表も出ているくらいです。
Twitterやインスタに比べ、自ら検索してきてくれる可能性は、グッと低いです。むやみな友達申請では、本当に優良な見込み客を集められるとは思えません。人脈作りを頑張らないと難しいでしょう。つまり、コミュニケーションコストがかかります。

Facebookに固執するよりは、他メディアも使う方が楽です。

「Facebookだけで集客できる。」は、かなり疑問ですね。

そこまで悪質じゃなくても、Webに詳しくない者が、適切なコンサルタントを探すのも大変です。
「無料で・簡単に集客したい」または、「とにかく努力 or 高額な費用をかければ、なんとかなるのでは・・・」そういった考えに捉われなければ、少しは予防できるかもしれません。


LINEは「連絡手段(友人)」(70.3%)が最も多く、次いで「連絡手段(家族)」(41.1%)、「雑談」(21.3%)。Twitterは「情報収集」(28.0%)、「連絡手段(友人)」(17.0%)、「雑談」(15.5%)の順、Facebookは「連絡手段(友人)」(32.5%)、「近況報告」(28.4%)、「情報収集」(25.6%)の順。

出典:https://news.mynavi.jp/article/20140724-a565/

SNSは休憩できない

「え・・・昨日の投稿?そんなにスクロールして読まないよ!」
SNSはどんどん過去の投稿が流れ、効果が短命です。
つまり、毎日がんばって投稿し続けなければなりません。

Facebookと無料ブログだけだと、ブログ毎日書かなきゃ、見られないやん!!!

基本情報さえ、見つからない

メニューや料金、時間など定番の情報が見つけにくいので、ユーザーは好んでFacebookページでチェックしたくないのが本音。それでも他にホームページがなかったら、仕方なく投稿を見に行く・・・

SNSに過度に期待しない

SNSがいい、ブログがいい、という単純な比較はできません。
ですが「なんとなく無料集客したくて」という程度の意識なら、「SNSだけで、なんとかできる」は危険です。

無料ブログが続かないワケ

いいね数やアクセス数に囚われている人も、「気にしないようにしよう!」と誓いを新たに(?)している人も、いづれ「・・・これ本当に意味あるの?」という失速する危険性が。

アメブロはアクセス解析がザル(カサ増し)で、あまり見る意味がないうえ、機能もアクセス数がみられるだけなどで、改善点も分かりません。

無料ブログで「どこがどう悪い」が見えず、「私のブログ、見られていない??」「いいね、少ない(இ௰இ`。)」など、いらぬ心配をするはめに。

人が努力し続けるには、動機付けが必要。参考になるデータもあって、それを見る力がある方が続けやすいです。

なので、Google Analyiticsというアクセス解析ならその点は安心。
ただ、お手軽系ブログツールには、あまり普及していません。設置も自力で、ウェブ解析そのものも難しいですが、その壁を越えれば自サイトの課題が探せます。

アメブロ集客は超大変

アメブロはブログじゃなくてSNS?

日々のFacebook、そしてアメブロ、お茶会にイベント、知人の紹介記事、いいね、コメント、アメブロ巡回して顧客候補探し・・・と繋がりが重視されるようです。検索で出てこなかったら、やっぱそうなりますよね・汗

SNS集客やリアル活動が生命線で、ブログというよりSNSと考えた方が近いです。

アメブロでSEOは無理?

アメブロのSEOはほぼほぼ、「アメブロのランキング上位に上がること」になります。
人気キーワードでアメブロサイトってあまり出てきませんよね?

つ コーヒー 通販/エステ 奈良/ダンス 大阪/カフェ 奈良…

アメブロってあくまで「総合マンションを間借りした住所」です。

あなたのジャンルはもちろん、あなたと無関係なジャンルのブログもたくさん入居。
検索的に「雑多なサイト」と見られ、不利になりがちでしょう。

アメブロ集客は超人気ブログ向け?

ただ、アメブロランキングページは例外。試しに「料理 ブログ」などと検索してみてください。
ランキングページは、比較的「特定の話題を集めている」とされやすいです。
つまり、ここに掲載されれば、アクセスアップが望めそうですね。

・・・つまり、アメブロ内の超人気ブロガーになるか、アメブロ内の強豪にSEOで勝てる記事じゃなければアクセスアップは厳しいです。
発信や集客・交流が苦手な人ほど、独自サイトにしてしまった方が良いかもしれません。

ドメイン・サーバも手頃なものもあり、異様に「無料」にこだわらなくても大丈夫でしょう。

アメブロランキングに一度出てきても、古い投稿は埋もれがちで、日々の発信が気を抜けません。

「ブログは更新するほど、検索上位に」なんて時代は終わりました。
今、内容や品質がめちゃ大切です。

「アメブロ指導を依頼したけど、書けるようにならなかった」
「書けている気はするけど、それほど成果が・・・??」

アメブロのコンサルは、あくまでアメブロ向きの書き方。検索エンジン対策などは、心もとない方も多いはずです。

ブログデザインの制約

アメブロユーザー様は、予算も押さえたくなりがちです。

アメブロカスタマイズ費の相場は、確かに独自サイト作るより断然安いです。でも激安だと、さまざまな品質もそれなりに…。

メニュー機能も、クリックした先は普通の「投稿」で、見辛いです。スマホ対応の面でも、いくらPCデザインをカスタマイズしてもスマホには反映されないとのこと。
http://esquared.jp/blog/customize-ameblo/

読者の半数以上がスマホで閲覧してもおかしくない時代。アメブロカスタマイズを依頼するメリット半減ですね。。

・・・と、なかなか「アメブロに直接アクセスを集める」はハードル高く、アメブロでそこまでしなくても・・・、ということになりやすいんです(o_o)

毎日更新したり、「いいね」チェックやお付き合い的なコメントする?
・・・・そこまで無理!って人は、(独自ドメインの)自サイトを用意し、SEO(やブランディング)向きの書き方を学び、競合ブログを研究したり、役立つ記事を書いていきましょう。

ブログ集客には、何記事かけば?

できれば、記事数縛りより、記事の品質とそもそものサービス内容、目標の程度、実際の投稿の成果状況をトータルで判断して、足りなければ伸ばしていきましょう、というのが近しい答えにはなります。

ただ、濃い記事で魅力的な内容、SEOでも上位を取れることも多い、・・・など、いくつかの条件が揃えば、50記事そこそこでも、結果は出始めると言えば出始めます。ただ50記事だと、まだまだ万全な体制じゃないので、その後も、満足せず新規投稿や改善を進めるのが吉です。

ちなみに誰がどんな記事を50〜100投稿しても、同じ結果になるとは言えません。ご自身の記事クオリティやサービスやサイトの魅力など、客観的判断が必要ですので、あくまで「もし、うまくいったら」とお考えください。

高アクセス目指すなら毎日になるかも

早く効果を出したい、アクセス数を大きく伸ばしたい方はブログの更新頻度は多いほどいいです。
でもやはり、「高品質な記事」でなければなりませんv

理由は単純で、たとえ1日1PVでも毎日書けば、1ヶ月で30記事×30日=900PV〜、およそ1,000PVに。薄い記事の量産で「●●PV達成します!!」とか言う人には、ご注意を。
印象や中身が薄いと成約しにくくなってしまいます。

上辺のアクセス数で評価せず、本当に読まれるブログを目指しましょう!

集客にはWordpress+SNS

   

TwitterでもWordpress推奨の声がたくさん。

私が見かけたものでも、「アメブロ集客専門家」というサイトが、実はWordpressで作られていたりもします(^_^;)

それに、独自ドメインの「一戸建てサイト」に記事をストックしていけ、検索からでもSNSからでも自在にアクセスできます!

SNS併用がオススメ

Facebookだけでなく、拡散や情報収集されやすいTwitterやInstagramを特性に応じて複数運用することで、あなたのブログはもっと多くの人に届きます。
速攻で結果が出るものではないですが、活用できたら、各SNSフォロワーからのアクセスも見込めるでしょう。

■ ブログを毎日更新できなくても、集客できます。

まずは価値ある記事を増やしていきましょう。慣れたら、更新ペースをあげてもいいでしょう。
といっても、最初から有名サイトみたいな記事はムリ!自分の記事を外に出してみることも初期には有効です。

発信内容や期待する結果の規模感、発信スキルやスタイル、集客やデザインで諦められるポイント・・・辺りがバッチリはまるなら、アメブロも一つかもしれません。
ただ、アメブロっぽい発信や交流が不安・面倒な方はやめたほうが良いでしょう。

  • SNSのデメリットを理解しよう
  • SNSは休めない
  • 無料ブログは続かない
  • アメブロ集客は超大変
  • 高アクセスには、更新頻度は必要
  • 手堅い集客ならWordpressとSNS併用

Web制作奈良 April Design/エイプリルデザイン


「ビジネス春メク🌸Webカウンセラー👩‍⚕️」
ブログ/SEO対策/ライティング・分析/HP改善ぽいのが一応の強みで、公開後も安心のサポート対応可。
マーケティング/ブランディングのバランス派(?)。

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。元ダンス部👠
  • ココロ・カラダが喜ぶサービスを応援。
  • 全国OK(応相談)。

名刺だけ、まずはHP診断などからでもお気軽に。

現状ご相談

オススメ記事

^