奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

自社ブログをやる意味ない企業や業種は?無目的はもう時代遅れのオワコン🤔

「うちなんか自社ブログをやる意味ないし、もう時代遅れ…?」
「スタートアップ企業、個人店舗でもやったほうがいい…?」
「効果なかったけど?」

運営戦略や目的意識により明暗が分かれ、抵抗感も多いブログ運営。

ブログオワコン説を聞き、不安になっていませんか

少しでも自社ブログがやる意味あるメディアになる、導入の考え方をご案内いたします。

なお、ブログの目標設計は、SNSなど他メディア運営にも通じる汎用性の高いノウハウです。
目的を見失った企業・個人事業主様は、将来的にはネットの競争力が心配されます。

ブログは意味ある!中小企業も個人も、まだオワコンじゃない理由

ブログはオワコン。SEO対策も、スゴイ記事を量産できないと厳しそう。
 今さら中小企業がブログをやる意味ないんじゃ…」

ブログを始めるネガティヴな噂や周辺企業の口コミ、聞いた企業様も多いですよね。

無意味なのは量産型の低品質ブログを書く人

ただキーワードを意識しただけの誰も読まない記事や、独自性が弱すぎる量産型の自社ブログは検索でも引っかからず、人を惹きつける点でも、もうオワコンです。
古くはWelq問題、最近では下記サイトが炎上?事例が。

WELQ問題「医師監修」だから安全とは限らない より

医療系まとめサイト「WELQ」。記事内容の信憑性に問題があったこと、ほかのブログをコピーして加筆するなど、著作権上も問題があったことなどが明らかにされ、ブログの無期限休止に。

https://toyokeizai.net/articles/-/149965

ホームページを見て呆然としました。
…同じWordPressテーマ使用、そして内容がすべて一時期流行った低品質キュレーションサイト。

…キュレーションサイトのレベルも極めて低い。

九大起業部がスタートアップ11社創業したので見に行ったら、ポート株式会社監修の低品質キュレーションサイトが11個並んでいた

オワコンで意味ない量産ブログの共通点

悲惨な記事が並んでいると、お分りいただけたでしょうか…?? 要は、

  1. ビジュアルの極度な手抜き工事
  2. ずさんな記事だらけ

こんな自社ブログなら、作らないほうがマシです。

社内で目標の更新頻度を実現するためだけや、販売都合の記事ばかりになったり、会社のUSPが活きないブログ運営になっていたら、軌道修正が必要そうです。

逆に、集客コンサルに「コンテンツSEOで集客できます。」ということで依頼すると、こんなダメ記事に…という例もあるようですね。
(*オウンドメディア、コンテンツマーケティングとも言います)

大手系列だとか、企業だから安心、とかもないと思われた方が良さそうです。
できれば楽したい方、電話・メール営業や、SNSの有益・インフルエンサー風アカウントを盲信される方はご注意を。

「当社がSEOかけるんで、あなたは何もする必要がありません」
「この情報商材さえ買えば、変われます!」
「無料ブログでも、簡単に成功!」etc…

企業の自社ブログがあまり意味ない例

またこんな運営の場合、ブログをやってもほぼ意味ないでしょう。要警戒レベル。

  • 即効性を重視
  • ビジネスや商品の課題が大きい
  • ブログコンセプトや目的が作れない
  • ただの日記

*日記ブログは拡散性・発見性・成約安定度が低い、という弱点が。

やり方次第?安易にブログをおすすめできない業種

他にも、「ムダと言い切れないものの、意味あるか?と言われると要注意なケースや業種」もあります。

  1. 難しい商品特性のもの
  2. 目標不在または、不適切
  3. ブログ「だけ」で集客しようとする

1:見込客・顧客と常につながっている状態をつくる(サイトやSNS、メルマガなどで)
2:最終的に何らかの企業利益につなげる

当たり前に見える基準だが、オウンドメディアでつまずくケースをみると、いずれかが原因の場合がとても多い。

https://contentmarketinglab.jp/application-method/frame-work-for-content-marketing/

商品力が弱いと、ブログは無意味。やめたほうがいい…

こんな課題感、ないですか?

  1. すぐ読み終わるものなら書けるけど
  2. 常に、何を書いていいかが見えない
  3. 大量発信しているのにブランドが誤解される、理想のお客様に出会えない

自社ブログが思うように書けないのは、「現サービス・活動ではコンテンツが出しにくい」可能性もなくはないです。

コモディティ化しすぎてオリジナルなブログがやりにくかったり、支援なども弱い「資格ビジネスのための資格」などは、内容が限定され、苦しい発信となるかもません。

価格や利便性以外のメリットが出せず、セール頼みが大きいとか、安すぎて業務過多になり、なかなか発信できない、とか、仕事の幅が限られ、今のジャンルやメニュー体系では稼働数が上げづらく根本的な課題感がある、といった理由です。

もちろん、個別事情や業界情報などを伺わないとなんとも言えないですが、

  • 「プチプラトレンド服さえ売っておけば、いろんな顧客に売れやすいだろう」
  • 「今まで大丈夫だったから、多分大丈夫だろう」

と、「なんとなく」で見なかったことにしている、気になる「何か」があれば、再考が必要かもしれません。

日用品でも意外な需要など、商品自体の魅力が明確なほど、ブログを始める理由も効果も出ます

「いい感じの発信」さえ身につければ良いか…
絶対的解答はないものの、やはり「どのサービス設計も従来通りでいい」「ブランディングなんて不要」とまでは言えません。

なぜブログを書くのか?目的もない企業ブログをやる意味ない

「ブログを何のためにやるか」コアな目的がないのは、中途半端に自社ブログ運営してしまっている状況かと思います。
やってみないと成功するかわからない面もありますが、ブログの意味を作るには、コンセプトをもうちょっと掘り下げてみては。

誰に何を伝える?ブログの目的と世界観を定める

10年前ですら、適当な記事を書き続けても無駄で効果0でした。
今は、ブログ集客がもっと大変です。

「女性向けだからピンクで可愛くて、コーデ記事からレシピ記事まで、雑記を書こうか…」
「**教室だから、とにかく**について書いていきます!」

…などは、目的ではないです。

同業種のブログでも、サービスの魅力や企業特性、顧客層はまるで違います。
ブログの目的を整理すると、ブランドイメージも通じやすいはずです。

  • ペルソナ
  • コンセプト
  • 目的

をさらっと説明できる状態は不可欠です。

おすすめブログ目的一覧

  • 資産作り
  • 困った人を救いたい
  • ブログが楽しいから
  • 社会課題の問題提起
  • 「狙いすぎない」ナチュラル集客
  • 協力企業に発見される、人脈形成に

BtoB企業でも、意外な経路でブログを見つけ高評価してくださる可能性もございます。
企業ブログも個人向けブログも、どちらも重要な意味を持っているということです。

デザインできないケース

ブログのテンプレート(WordPressテーマなど)を賢く使い、早く記事に集中するのも、悪くはないです。

ただ、テンプレすぎだったり、サイト構成やブログ画像が適当すぎると、節約感は出ます。
設計次第では、お問合せが減ってしまう可能性も。

高い信頼性・世界観が重要なブランドや企業は、特に不利かもしれませんね。
他の評価が高く、ブログデザインの作り込みは許容いただける場合もございますが、ある程度はブランドが伝わりやすく、しっかり設計されたクオリティだと安心です。

難しい業種や個人のブログやる理由

コモディティ化した商品はブログに不向き

【コモディティ】とは、ごく普通のミネラルウォーターやハサミなど、割とどこでも手に入り、明確な強みもない、市場価値が薄い商品です。このため価格・スペックで比較されやすい欠点が。
さらに、必需品・日用品ジャンルな上、そこそこ安価、大量購入しないようなアイテムほど、ブログは苦しいです。

「あーハサミ切れなくなってた。よし、じゃぁ…検索して、通販サイトかブログ見よう!」

・・・いや、すぐ欲しいですよねw コンビニもスーパーも文具店もない環境なら、いざ知らず。

「普通のハサミのことだけ書かれたブログ」なんて、誰が好んで繰り返し見るの?
そう、コモディティ商品ほど、「単なる商品ブログ」を書くだけでは難しくなります。

「自社サイトのおまけブログ」感覚でよければそれでも十分ですが、そうではない場合、
「そのブログ計画で、みてくれるお客様候補がいるか、いなければどんなサイト方向性なら需要があるか、どうやってたどり着きうるのか?」
「売り方、ブログの位置付けは?」など、よく検討されるのが無難かと。

(コモディティじゃなくても計画は必要ですが。)

競合度が高い商品は「正攻法ブログ」が難しい

ファッションやコーヒーなど、多少の嗜好性はあっても競合が多い業種なら、「(割とビッグワード狙いの)SEOによる大規模な集客」は確かに難しい商品もあると思います。

…仮に「ワイン 通販」「レディス 通販」などの上位表示ができたところで、著名なサイトと比較して、選ばれやすいでしょうか?

「あまりコモディティ化していない、独自のターゲットに刺さる」ブログであれば別です。

なので、ブランドの明確化は非常にオススメです。
ただ、どうしても他社と同じような(特色のない)商品を販売するなら、(ブログのデメリットを軽減すべく)他メディアもうまく併用しつつ、主にブランディングやPRでのご活用となるでしょう。

グレーですが、「嗜好品かつ独自性も高いサービスと同じ感覚」では難しいかも、という結論です。

隠蔽体質の企業ブログはやめるべき

有料級ノウハウをブログで提供すると、競合他社に流出する上、無料コンテンツで満足するのでは?とのイメージが払拭できない企業も根強いです。

「無料で高度なノウハウ豊富」に見せかけて薄っぺらい個人ブログも減らないですしね……。

ですが、何でも簡単に検索できる現代では、もはや隠すのも誤魔化すのも無駄な抵抗なのです。
一定数居る情報弱者が彼らの地位を守っているだけで、近いうちにひっくり返るかも知れません。

よって、「ちょっと調べて出る解像度のコンテンツは少なくとも必要とみるべきです。

目標が不適切なブログは意味ない

先述の「SEO関連の明らかな目標設定ミス」以外にも、無茶な期待を込めると、当然いつまでも達成されず、「失敗」と捉えてしまうでしょう。

短期の成果を求めすぎる

ブログを書けるようになり、ビジネス上有意義な運営等ができるまでにも、時間がかかります。
独学かつ習得が不得手なら、なおの事。

PV(アクセス数)至上主義

見かけのアクセス数を稼いだって意味ないです。投稿頻度や(正しくない)小手先のアクセスアップに振り回され、「見られていても、成約が悪く」なってしまう可能性も高いです。

基本は、「記事が適切に見られ、そこから自社商品を知り、情報に触れていく中で、一部の人が成約に至る」もの。あえてそんな、代謝の悪い(?)運用にする必要はありません。

成果偏重は意味なし

そもそも、売上など評価しやすい目標で、本当に良いでしょうか?

もし行き過ぎた時、成約狙いの強すぎる記事だらけになったり、全体のサイトイメージも陳腐化してしまうでしょう。

自社ブログは、確かに慈善事業ではありません。
それでも、ブログを訪問者に信頼いただき、関係を築く面も軽視せず、貴社ブランドを守る事ができます。

参考にしたいブログの目標設定事例

「常連訪問者を増やす+新規割合のバランス(北欧暮らしの道具店さま)」、「数値目標を持たず、行動目標のみ(メルカリさま)」などなど、バランス感や、その他の考えるべきヒントが発信されており、私もとても参考になります。

参考

  • https://web-kanji.com/posts/owned-media-kpi

*「北欧暮らしの道具店さま」のような大規模メディアと、新興ブランドや小規模な自社ブログの目標の作り方では変わるかと思いますので、あくまで1事例として。

ブログやSEO対策「だけ」で集客するのは、もう時代遅れ

ブログだけでビジネス成功するのは、もう時代遅れ

現代は、「ブログ前後のマーケティングフローと中身の総合格闘技時代」になっています。

シングルメディア集客の問題点

ブログだけでは、こんなリスクが。

  • 検索順位にばかりとらわれると、流入が不安定になる(前記事など参照)
  • 公式サイトの内容や導線などが不十分なら、見込み客を逃す恐れがある

(例えば、SNSなど)ブランド自体の認知と人気をあげる取り組みで、指名されるブランドづくりも重要です。

自社ブログが意味ないケースはオワコンな発想からだった

  1. ブログはやる意味ある!
  2. 「ブログやる前の課題」解消で脱・時代遅れ
  3. 商品特性と相談した戦略を
  4. 企業と顧客が幸せになる目標を
  5. 使えるコンテンツは循環させる

以上の理由から自社ブログ(やオウンドメディア)をすすめたい立場なので、ブログが最強で完璧…とすると楽ですが💦
「ブログ頑張ったのにうまくいかない、騙された?」という誤解を招かないためにも、事例や雑感をお伝えしました。

ただ、最初からチャレンジしないのも問題です。
いくら頭をひねっても、「絶対にうまくいく完璧な計画」はできません。
学びをヒントに、自社ブログで素晴らしいサービスの発信を楽しく挑戦いただければ幸いです。

時代遅れを乗り越え、「なぜ書くのか?」意味あるブログに育てませんか?

何書けばいい?と社内啓蒙。

ブログ, ブログ おすすめ

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^