奈良 Web制作/集客 エイプリルデザイン April Design

企業の情報発信力を上げるには?ブログ度診断/強化方法NGチェックリスト&注意点

情報発信力上げるには…?

  • 「集客や差別化できる、有益な情報を発信するには?」
  • 「○○業界ってすごい役立つのに」
  • 「私のインスタ、面白いと思うけどな〜〜」

→→ 客観視できない理由は、自己発信力ないせいかも・・・・。

自社や地域の良さを表現する秘訣を、5段階の発信能力で分解。
「なんか伝わらない」「伝えて満足」から「つまづきレベル」を自己診断できるように。

ブログ添削セルフチェックリストにもなります!

SNS、Web、ブランディング全般でも「自己発信力を格上げ」いただけるはずです。
引き寄せ的ノウハウではできない「本物のコンテンツ力」強化する情報発信戦略を解説。

*人気記事はまずまず人気を保っています。。ご参考まで💦

情報発信力は「戦略格上げ」で効果が変わる理由

情報発信戦略が、自社の発信力を高めてくれます。

そもそも、発信力とはどんな意味?

社会人基礎力では、発信力を「自分の意見を分かりやすく伝える力」を意味します。

ただの文章力じゃなく、読者・見込み客に伝わるか?を重視する考え方です。

発信力が低いとスルーされる

現代人は超せっかち。

  • 読むべきっぽい発信か判断し、
  • 読み飛ばしや離脱も多い

です。

「あれ、うちのサイトにめちゃくちゃ書いてるのに…なぜよく聞かれるの?」
伝わらない理由は、情報発信者が期待するほど見られないからだったり、伝え方が問題だったりも。

加えて「粗悪なブログ」や「不審な発信」も増え、良い商品が埋もれやすくなっています。

良質なコンテンツなしにマーケティングで成功を収めることはできない。
…役にも立たない記事を量産してとにかくアクセスを稼ぎ、コンバージョン率は低くてもコンバージョン数を上げて行こうという取り組みを指して、マーケティングと言っている人間も。

実例から「良質なコンテンツ」を突き詰める記事も面白いです。

https://bazubu.com/what-is-a-content-24305.html

誰でもすぐできる発信力だと、競合他社だって簡単にパクれる。
気づいた人から鍛えています。

「もう限界。認知が進んできてたはずなのに。」
と、店主はため息をついた。

いいね数など眉唾データだけで自己採点すると、取り返しつかない事態になるかもしれません。

情報発信力は、マインドのみじゃなくスキルでも上げる

「物量で高める」作戦は、情報発信力の高い猛者むきアドバイス(´;ω;`)。
適当なSNS投稿で自己発信力は上がりません。

数ヶ月前と比べ、ブログなどにどんな変化が起きましたか?

良いコンテンツには、精神論や読みやすさも大事。
でも、

「そっか、自分らしくすればいいのか!・・・??」

「マインドだけでSNS等の発信力が上がる」なーんて、ムリムリ (ヾノ・∀・`)

SNSでも「ファンにさせる発信」や表面的ブランディング戦略では再現性も少なく、限られた層にしか届かない時代。

…なんとなーくでも不安なら、工夫不足・要勉強のサインです。

企業が情報発信力を上げるべき意味/メリットとは?

ではそもそも、なぜ企業の情報発信力を上げるべきなのかーその意味とメリットとは何でしょうか?

まず最大のメリットは、お問い合わせ数・確率を増やせる点。
待ちの姿勢では叶わない成果を、わりとコントロールできるようになります。

第二に、アプリで分析すれば再現性も上がる点。
訪問客の表情を覗いてもわからないデータが取れ、感覚とズレていた時に強力な気づきが得られます。

さらに、

  • 他のコンテンツクオリティもアップ可能。
  • 人脈形成、アイデア発見にも有効。

と利点だらけなんです。

自己発信やったほうがいい人の特徴

とりわけ、発信するメリット大なパターンは、個人的には

  • 内向・熟考型
  • やたら同業他社が気になる
  • 差別化ポイントが伝わっていない
  • 自信がなく、キャラアピールに走りがち
  • 忙しくて、つい情報発信しない人に
  • インスタすら文章が数行以下に…😥
  • 行動量のわりに、肝心の事が伝わらない

企業こそ情報発信力を上げ、【長く残る】濃いコンテンツを伸ばすのはおすすめです。

「いつでもすぐ自分をPRできる、適切な言葉が出てこない」だから、なるべく代弁するモノがある方がいい、と😇

キラキラ補正やりすぎには、ご注意を。

情報発信苦手の意外な理由は、ブランドが弱いから?

「情報発信苦手で…。」

なんでもPR力を理由にするのは危険。
実は、少なからず言葉にするほどの商品力も弱い可能性が高いからです。

「言葉にするのが苦手」の欺瞞。

どこでも手に入る流行品を、右から左へ流すようなビジネスのやり方では、何も言いたいことすらなくて当然ですもの。
であれば、市場に対し、どんな路線や値打ちでビジネスをされたいか?
いまの商品・サービスをどう需要に合わせるか?

情報発信戦略から見直された方が早いかと存じます。

情報発信が苦手だからこそ、「自分を守りすぎない」

苦手意識を捨て切れない……。

情報発信力を向上したいワケが「集客したい・褒められたい」止まりでは…?
それではテクニックに走ってしまいます。

例えば「東大行きたい」のに遊びまくりだと、変ですよね🙂
手軽にステータスが欲しい心理がバレバレな。

情報発信うまくなる理由が、ただの手段の目的化になってはいけません。

正々堂々とブランドの軸を言語化するのが、信頼される情報発信力なんです。
また、理屈じゃなく「発信力は、本気で叶えたい世界への架け橋だ。」
と考えるほど、スキルアップの意義も一層自分ごと化するはず。

腹落ちいただいたらぜひ、発信力の上げ方を間違えないでくださいね。

情報発信力を上げると、成果の強化にも【ブログ診断チェックリスト概要】

情報発信力は成長段階別に分けると、ちょっとは自己添削できます。
当然、質の良いコンテンツほど影響力も成果もグッと上がるもの。

あなたの情報発信力はどの段階でしょうか?
*引用外の解説は独自注釈です、ご了承を💦

LvE.量産型・LvD.情報十分だが個性は薄い。SEOも不安定・LvC.Dよりやや高品質・LvB.高品質・LvA.解決力・独自性などが極めて高い発信

良質なコンテンツを作るノウハウ満載。実践コンテンツマーケ術

情報発信力LvE.量産型 情報発信しない人よりマシだけど…

日々の投稿、「ありそう感」漂っていませんか?

「ふう、今日も情報発信できた!」満足感こそあっても、ちょっと論外ですよね。
情報発信しない人よりはマシですが、差別化ポイントは少なそう

量産型発信

  • 意見がない
  • 抽象的な自己啓発
  • 稼げる感・上部だけ飾る
  • 他の投稿を、自己流で真似た発信
  • 同業とは盛り上がるけど…
  • 価格やスペックなど「ほぼ情報」のみの発信

「ジャンル推し」「だから何?」な発信力じゃダメ。

貧弱な情報発信力では、どのお店も一緒に見えます😓

「ピアノ、楽しいよ!情操教育にも」
「おいしい」「こだわり」など、大きすぎる目線になっていませんか?

毒ではないが、結局、自己説明にはならず、よほどの熱狂ファンか友だち以外には伝わりません。
また「誰が言っても違和感ない」発信は、マネされやすいもの。

冷静に考えると「空は青かった!」的な「アタリマエ」発信だったり…

【情報発信のための発信】を目指すと陥りがちかも。

ゆるふわブログコンサル( )の影響で勘違いされた方もいそうな。
コピーロボ発信なんて、「まっとうな」ビジネスにはメリット0。

…つい、憧れるんですかね??

情報発信力LvD.平凡で無難なコンテンツ

「他社でなく自社の」サービス特色がPRできず、どこか不本意な状況はございませんか?

少しは悩みを解決できる有益さが出せています。でもまだ既視感も残り、評価は不安定。
「なんか影響力弱そう」なら、発信力向上をがんばっている段階です…。

言語化能力に欠ける、ありがちコンテンツ

  • 意見が薄め
  • 何か足りない
  • 反響が弱い
  • 抽象的、事例や根拠が微妙
  • 欲しい情報はまずまず満たされる

「ときどき集客できるけど…」と自信を持ちきれない時は、もう一歩ステージアップしたいところ💦

情報発信力LvB.資産ブログ 良いビジネス発信例。

おめでとうございます!
コンテンツ読者の課題を細かく想像し、ビジネスを届けたい顧客に通じる、良質な情報発信ができています。

画像は16ヶ月ぶんの某ブログの1記事を、サーチコンソールで出した「検索への登場回数」推移グラフ。
記事公開からぐんぐん右肩上がりで、アクセスされ続けている、まさに資産ブログの例。

そう。
つまり「SEO対策は、資産ブログが作りやすい」ってよく分かりますね。

SEOを取り入れない場合も、長く愛されるコンテンツの特徴はほぼ同じ。

資産ブログの特徴

  • 論拠や根拠がある
  • 経験・考えが見える
  • ブランディングが強い
  • 信頼度が高く、おすすめできる
  • 人を動かす、問いや気づきを与えている
  • その悩みが1記事で多く網羅されている
  • ペルソナが「自分のための記事!」と感じられる
  • 顧客の購買や心理行動への影響力が高まる

自己発信力は、誰が言うかで変わる

大きな経験・実績があったら、多少は文章に自信なくとも、重い発信がしやすいですよね。

「何もできない私も、発信だけでさらっと集客♡」な裏ワザはありません。
ですが、専門知識などによほど問題がなければ、立場や未来を的確に伝える努力は大切です。

「実は推せる内容」、本当に何もないですか?
また「価値」の考え方は整理されていますか?

情報発信力LvA.濃い内容でブログもSNSもバズる。

企画から作り込みまで、相当に手をかけられたコンテンツ。
拡散されるにはペルソナや1記事の狙いを定め、「ここまでやるか」みたいな企画力も試されそうです。。
(バズったことないですが)

簡単には作れない内容なので、プロ依頼するか、マーケティング感覚・会社や地域、ブランドへの強い想いが高い成果のコツかな、と。

シェアされるコンテンツ

  • 議論が起きる
  • 存在意義が高い
  • 拡散力が高い、またはターゲットに選ばれやすい
  • 悩みが1記事で網羅され、あらゆるクオリティが桁違い
  • 考え方や商品を通じ、社会を変える(かも)

バズで本物の発信力は測れない

バズるのは「万人ウケ」になりやすく、「シェアが少ない」事実をもって、質まではわかりづらいです。

質も良く、大きく注目もされれば確かにすごいですが、目指したいのは「届けたい相手に届く」。

それに、バズらせるのってきっと難しいです。地道に自分の発信力を上げられれば十分…だと思います。

バズる発信内容の例

SEOというよりはSNSでバズった事例。
陳腐感から抜け出すには、時にはこんな企画ができたら素敵です💦

でもよく見ると…「2018年」公開。
つまり、【普遍的なブログは繰り返し読まれる】と言えそうですね。

情報を発信する力とは提案力と、お客様を笑顔にするスキル。

ブログやSNS発信力だけを向上すると、、人間性やブランド力のステージアップもせず言語化力だけ上がったとて、コンテンツ効果が弱いままなデメリットが。

  • 「あの情報言うと、自分の仕事なくなる」
  • 「商品をよく見せる演出だけ知りたい…」

残念ながら、「守り」のみでは「ブランド力ないのにブラックボックスか…」と思われそうです。
無名・起業フェーズほど、「ギブ」発信増やさないと、検討候補にすら乗りません。

本当に「アウトプットすると売るものない!」なら、本業をスキルアップすべきかも。

ただ、【一般的には】情報量を上げるほど、「もっと知りたい、上手くなりたい」という行動的なお客様に、一目置かれるんじゃないでしょうか。

早く情報発信力を上げるには?発信したいことがない…

「でも、簡単に情報発信力を上げるやり方とは…?」

「お客様数や売上だけあればいい」「すぐ上達したい、効果を実感したい」なら辛いですが、「画面ごしにお客様を笑顔にしたい」と考えるとワクワクしてきませんか?

  1. 見聞きした情報に疑問を持つ
  2. 疑問を詳しく説明できるようにする
  3. 「こうすればいいかも」と仮説が出せる力をつける
  4. 本業やマーケティング、ビジネスの知識/経験を重ねる
  5. より楽しませたい、解決していただきたいなどの「お客様目線」
  6. 発信に慣れたら、アウトプットする(自分に負荷をかける)

(1〜3)発信能力を上げるには、多彩な語彙や感性に触れましょう。
(SNSでもブログでも)質の高いメディア、人気コンテンツを読みまくり、「どこがスゴイ?どの工夫でどんな成果が出ている?」など分析しまくるんです。

(4)「専門分野の知見」だけ頑張っても、異業種のお客様に常識のズレを感じさせちゃうかも。
お客様に【応援され続ける】ビジネス感を学ぶのは、意外と発信力向上に欠かせません。

「発信したいことがない・やりたいことがない」段階なら、発信ネタやとっかかりのキーワード選定が出てこない可能性も。

不完全さの発信で、期待値コントロール力を鍛える

「完璧な商品を求めない」心理と関係して、「強みがない・文章に自信がない」企業も自己発信は可能。
むしろぜひやるべきです。

キレイすぎるセルフブランディングは、かえって不自然なので。

情報競争の中、顧客候補の頭の中に早めの【一番乗り】できるよう、何度も分析と発信の積み重ねがとても重要ですね。

「ふつうな発信内容」も意外と重要

自分は「平凡だ」と思っていても案外、重宝される、実は素敵な会社様や商品、多い気がします。
勝手な自己評価をせず仕事の知見を発信し、他人の反響から調整していくほうが、求められる発信がわかりやすくなるはずです。

うまく発信できないスランプの対処法

完璧な発信を休まず続ける……なんて無理です!!

休むか、ゆるい発信も取り入れてみては。

主にTwitter発信では無目的な呟き、日常の発信、雑談などは問題ありません。
企業公式アカウントで中の人っぽさを出すかは、ベストな形でされるといいかと。

セールスライティングと言ってもメディアが違えば基準も変わる

SNS系だと特に、ゴリゴリのセールスライティングは控えめが良い時もあります。
媒体に合わせつつ、ビジネスゴールを見失わないコンテンツを届けられれば好印象。

自分の投稿内容に、自己嫌悪したら。

自己発信を始めると「ほんとにこれで良いの?」と強烈な自己嫌悪に陥る時が。
スランプは、下記ポイントを振り返りましょう。

  1. 繋がりたい相手と繋がれていそう
  2. 不安すぎない
  3. 一喜一憂しない
  4. 発信目的や結果を設計できている

当方のSNS発信は……最近振り切ってきたかもしれず(汗)。マーケティング意図がある投稿は慎重ですし届くべきところに(僅かながら)届く時もあります。

でも現状を鑑み、あまりアウトプットも連発せず、無理に増やそうと思わないですね。半端なこと言うリスクも増えています。
「素敵アカウントになるより、ステキ商品にならねば解決しない課題」がないかは、正確に認識したいものです。

仕事上、繋がりたい相手と繋がれていそう

フォロワーや購入者に、やりたかった感じの仕事、買ってほしいお客様像、仲良くしたい…などのマッチング特徴が強いなら、やってきた発信は正解だったと言えそう。

どう思われるか不安すぎない・他社の投稿に鬱にならない

自分らしく発信できる生き方ができ、目標達成も期待できる状態。
お問い合わせ数や売上だけじゃなく、自信や自己効力感もバロメーターになります。

数だけのSNSフォロワー増減に、一喜一憂しない

短期的な数や成果っぽいものに惑わされず、目的にあった発信ができ始めている状態。「窮屈な文章」はもう卒業です。

自分の発信目的や結果にコントロール感

一応のビジネス発信ができていれば、人に「投稿意図」を説明できるはず。
発信の大部分に「何となく」と濁したくなるなら、コピーライティング目的の再確認を。

教科書感は強すぎても問題ですし、「無目的な発信禁止」という意味でもないです。

やってはいけないSNS/LINE/ブログの情報発信 注意点チェックリスト

発信の成果がなかなか上がらないなど、焦っておられませんか?
効果を急ぐ前に、ちょっと一呼吸を。

  1. 全員を満足させようとする
  2. あまり良くないものを良く見せる
  3. 発信が、自分や商品らしくない
  4. ターゲットに伝わらない専門用語が多い
  5. 自社だけに都合のいい発信をする
  6. リサーチ不足なまま、さも正しいように吹聴する

(2)(5)自社商品を売るため、「Aを使えば大儲け!」な結論に無理やり持っていく・・・なイメージですね。
(6)成功事例があっても全てにおいて正解とは限りません。私も完全じゃないので、難しいですが…。
でも、一旦考えてみましょう。
または「あくまで一例」とするなど、伝え方をマイルドに。

リアルな発信を。

「魅せかた」ばかり磨きすぎるのも危険。
中身のないキレイなだけの発信に憧れず、正攻法な伝え方を学びましょう。

生活者が広告メッセージを信じなくなり、ステルスマーケティング等の問題がいまだに存在する令和時代。
87%が「自分自身の体験や信じられる人の体験だけがリアル」と回答。
ユーザーはインフルエンサー並みの発信力、影響力を持ってきています。

マーケティングに騙されたくない。嘘や誇大表現に気づく。

https://www.fnn.jp/posts/000000014_000046801/202002171000_PRT_PRT

情報発信力を伸ばすには、情報収集力が重要。

情報を発信する前に、競合調査や真偽、論拠のリサーチスキルをどれだけ鍛えていますか?

主観・先入観だけで伝えるのはオススメしません。
なぜなら、膨大な「情報」の中で、ブランドの発信はいつも「比較」されているからです。

トレンドや調査データ、伝えたいことを深める参考サイトには、以下が。

おすすめの情報収集サイト一覧+自力で調査する方法

  • 書籍
  • グーグル
  • はてなブックマーク
  • Twitter/インスタ
  • マーケティング調査データ
  • 「お客様の感想や客層の傾向」など自社データ
  • 過去の経験をより丁寧に言語化してみる

「発信したい話題」で検索いただくと、情報もコンテンツ参考例もたくさん収集できます。

疑問が地域/企業発信力を高める

過去の深堀りと情報収集力次第で、コンテンツは大きく変わります。

「なぜ、〜はダメなんだろ?」
「もっと深い原因は?」
などと「探偵気取り」で、発信したい内容の魅力・信頼性を高めましょう。

*情報収集は、くれぐれも信頼性にご注意を。

情報発信力を上げる方法とは、ブログの自己添削できる「客観視」

【伝えているつもり】と【伝わっている】には天地ほどの違いが。

「情報発信力がない、SNSもお客様は見てないっぽい…」なら、少し点検・改善いただければ・・・。

「まぁまぁやな」と思っても、気になるポイントは一緒に情報発信力を上げませんか🤓

決してつよつよじゃないですが「発信させられている」「どうも演じている」感じなら、魅力アップの楽しさを【おすそ分け】できると幸いです🙂

初めてご訪問いただいた企業・個人事業主様へ。
当方は「ブログ添削」「格上げブログ」「引き寄せ」などのキラキラ起業系と異なる【SEOやブランディングによる資産ブログ】をサポートしています。

まずは他記事もご覧ください。
ホームページ制作可。個人・企業様いずれのご相談も大歓迎です。

情報発信のはじめ方

分かりやすい文章を書き、分かりやすくデザインする。

これは誰でも出来ることではなく、専門的な経験と技術が必要なんです。
それが無い人が情報発信すれば、大切なことほど分かりづらくなるんです。

日本はもう少し、社会全体として情報発信に割くリソースを増やした方がいい。

橋口幸生

ブログ, ブログ おすすめ

Web運営サポート(ブログ/SEO対策/マーケティング)対応のホームページ制作とブランディング。
名刺、集客診断だけでも、お気軽にご相談ください。
サービス/費用

  • ネットショップ担当と制作会社を経験。
  • 元ダンス部 (ง ˙ω˙)ว

SNSをフォロー ▼

診断/ご相談

^